fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

高江ヘリパッド、村議会が全会一致で禁止決議

 オスプレイ

   <社説>着陸帯禁止決議 全会一致の重み受け止めよ  2/25  琉球新報

 東村議会が米軍北部訓練場の一部返還に伴って東村高江に新設されたヘリコプター着陸帯N4地区の使用禁止を求める意見書と抗議決議を全会一致で可決した。

 村議会が着陸帯の使用禁止を決議したのは初めてだ。
 着陸帯建設が進む中、地元住民の中に建設中止を求める声が高まっていることの表れである。
 決議は村民の民意だ。日米両政府は重く受け止めるべきだ。

 着陸帯建設は北部訓練場内にある22カ所の着陸帯のうち7カ所を返還し、新たに高江を取り囲むように6カ所を新設するものだ。
 完成したN4地区の2カ所を米側に先行提供することが17日に閣議決定した。
 北部訓練場はまだ返還されていない。
 既存の着陸帯も使用が可能で、基地機能強化だけが進んでいる。住民が反発するのは当然だ。

 提供前から高江上空では既に垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが飛行している。
 しかもブロック片をつり下げて飛行する訓練も繰り返されている。
 新設の6カ所でのオスプレイの年間使用回数は合計2520回だ。
 既存着陸帯は1288回で、2倍近くに増加する。騒音など基地被害の拡大は明白だ。

 しかもN4は最も近い民家から直線で400メートルしか離れていない。住民生活への影響は避けられない。
 しかも提供前の1月21日と昨年3月、米軍はN4地区でヘリの着陸訓練を実施している。
 約束事を守れない米軍に基地を提供する行為は、治外法権の場所を差し出す極めて危険なことと認識すべきだ。

 今月4日にはN4地区近くの県道70号でライフル銃を抱えた米兵25人が米軍トラックから降りてきた。
 その後基地内に入ったが、基地の外で武装兵がわが物顔で闊歩(かっぽ)する事態は極めて異常だ。
 海兵隊は沖縄全域を自分たちの基地だと思っているのだろう。

 これまで着陸帯の建設に反対しているのは一部住民だけと見る向きもあった。
 しかし村議会は今回の意見書と決議で「地元高江区をはじめ、村内はもとより県民の反対を押し切って建設が強行され」と断言した。
 翁長雄志知事もオスプレイ配備に反対し、同機が使用する着陸帯建設にも反対を表明している。

 着陸帯建設反対は沖縄の大多数の民意だ。沖縄防衛局はさらに4カ所の新設を進める予定だが、言語道断だ。
 新設を撤回し、北部訓練場を無条件返還すべき
だ。
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 高江ヘリパッド関連。

標的の村、高江住民を告訴した国
政府の暴圧と沖縄差別、高江ヘリパッド7歳女児まで告訴、加担するマスコミ
関連記事

日教組ヤジは氷山の一角…無知と嘘、下衆のボンクラ男

 米国犬

   日教組ヤジは氷山の一角…安倍首相こそ「息吐く様に嘘つく」  2/24  日刊ゲンダイ

民主党は息を吐く様に嘘をつく>――。かつて自身のフェイスブックにそう書き込んだ安倍首相。この過激な言葉がそっくり我が身にハネ返っている。先週の衆院予算委員会で飛ばした「ヤジ」の説明について、「正確性に欠く発言だった」と事実誤認を認め、訂正に追い込まれた。

 安倍首相は19日の予算委で民主党議員が西川前農相の脱法献金を追及中、突然「日教組はどうするの」とヤジった。
 翌20日も「日教組は補助金をもらっていて、教育会館から献金をもらっている議員が民主党にいる」と答弁したが、日教組は国から補助金を受け取っていなければ、教育会館から献金をもらっていた民主党議員もゼロ。
 安倍首相は国会でデマをまき散らしたようなものである。
 (※北風 労働組合に国が補助金を出すなど、有るわけもない常識だ、安倍某の頭は在特会以下であることを証明してみせた。)

 安倍首相にとって今回の騒動は氷山の一角。
 論理の飛躍や根拠の乏しい情報に基づく誹謗中傷で「政敵」を陥れるのが常套手段だから、タチが悪い

   ■デマに基づく悪口雑言の数々

 昨年秋の国会質疑中には民主党の枝野幹事長を面罵した。何の脈絡もなく「JR総連」や「JR東労組」から枝野氏が献金をもらっていると指摘。
 両労組に革マル派の活動家が浸透していることを背景に、両労組と過激派を一緒くたにして論理を飛躍させ、枝野氏が「殺人を行っている団体」から「献金を受け取った」と一方的に断罪した。

 朝日新聞についても、常に根拠を示さず「安倍政権打倒が社是」と繰り返し答弁
 拉致交渉にあたった元外務省審議官の田中均氏が13年に毎日新聞紙上で「外国での国際会議などで、日本が極端な右傾化をしているという声が聞こえる」と指摘すると、
 安倍首相は<田中均局長を通し伝えられた北朝鮮の主張の多くがデタラメ><彼に外交を語る資格はない>とフェイスブックで切り捨てた。

 野党時代の11年5月には自身のメルマガで、福島原発事故の対応をめぐり<海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです>と断言
 後にデマだと判明しても、今なお問題のメルマガを削除せず、菅元首相から名誉毀損で訴えられている。

「安倍首相は『総理の言葉の重み』を理解していないのでしょう。
 政敵にはどんな誹謗中傷も許されるという姿勢なら、ネット右翼の書き込みと変わらない。ヘイトスピーチすら想起させ、不愉快になります」(政治評論家の山口朝雄氏)

 安倍首相は昨年2月に国会で「ある夕刊紙は私を毎日“人間のくず”と報道している」と答弁。
 恐らく日刊ゲンダイ本紙を指したのだろうが、これもデマだ。
 本紙は安倍首相を「ボンクラ」「嘘つき」と評したことはあっても、創刊以来「人間のくず」と報じたことはない
 ーーーーーーーーーー
※ マスコミは、こんなボンクラ男が自分の頭で何か考えて、何かを「判断」とか「決断」とかしてるかのように報道している。
 本当にそう思うのはよほどのメデタイ人だ。
 彼は在特会やネットウヨよりも、う〜んと低能な人物。
 米国軍産複合体のエージェントに、箸の上げ下ろしまで指示されている「操り人形」にすぎない。

 ネットウヨも在特会も安倍に遠慮などいらん、あんたらもどんどん罵倒してやりなさい。 
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん