fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

辺野古、深夜を狙ってミキサー車など15台搬入、一人不当に逮捕

辺野古抗議

   辺野古抗議で初の逮捕者 シュワブにミキサー車入る  1/11  琉球新報

 米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設の作業再開を前に、10日夜から11日未明にかけて、辺野古の米軍キャンプ・シュワブにミキサー車など15台以上が入った。
 シュワブのゲート前では抗議する市民が約30人集まり、そのうちの男性1人が警備員への暴行容疑で名護署に逮捕された。
 昨年7月に始まったシュワブゲート前での反対運動で逮捕者が出たのは初めて。

 11日午前8時現在、辺野古沿岸部では海上作業に向けた動きは確認されていない。ゲート前でも新たな資材や工事車両の搬入は確認されていない。
 関係者によると、逮捕された男性はシュワブの旧ゲート前の山形鉄板に座り込もうとして警備員に制止された際、持っていたペットボトルが警備員の顔に当たったという。男性は「当たっていないと思うが、当たっていたなら謝罪する」と話しているという。

 シュワブのゲート前では11日午前3時前まで市民が抗議活動を展開。同7時前から再び活動を再開しており市民約10人が抗議の声を上げている。
 10日夜から11日未明に掛けてのミキサー車や工事用重機などの搬入は10日午後7時すぎまでゲート前で座り込みをしていた市民らが解散した後、午後9時前から始まった。
 午後10時すぎ、状況を聞いてゲート前に再度集結した市民らの抗議行動を警官が排除する中、午前3時までに次々とにミキサー車などがシュワブ内に入った。

 ーーーーーーーーーーーー
   辺野古新基地:初の逮捕者 警備員への暴行容疑  1/11  沖縄タイムス

 米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設に向けた作業再開を前に、米軍キャンプ・シュワブに10日夜から11日未明にかけ、ミキサー車など15台以上が入った。
 反対する市民ら十数人が午後10時すぎから駆けつけたが、名護署や機動隊に強制排除された。
 11日午前1時すぎ、反対する男性1人が警備員への暴行容疑で名護署に現行犯逮捕された。昨年7月に始まった辺野古での反対運動で、逮捕者が出るのは初めて。

 市民らは沖縄防衛局名護防衛事務所の西幸一次長に「深夜作業の必要があるのか」「非常識だ」などと激しく詰め寄り約30分間、車の前で抗議した。
 西次長は「ミキサー車は駐車場整備のため。工事が遅れており、作業している」と説明した。
 ーーーーーーーーーーーー
   また夜間制限超え オスプレイ2機が飛行  1/11  琉球新報

 【宜野湾】米軍普天間飛行場に10日午後11時34分と同53分ごろ、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ2機が相次いで着陸した。
 日米間の航空機騒音規制措置で運用が制限される午後10時を大幅に超え飛行した。着陸前には那覇市上空を通過した。
 今月7、8日も午後10時以降の米軍機の飛行があり、夜間の飛行訓練が激化している。
 普天間飛行場で午後11時を超える飛行が確認されたのは約4カ月ぶり。
関連記事

フランスでテロ攻撃か?

   [ジム・ストーン氏]フランスでテロ攻撃か? 1/9  shanti-phula.net
 shanti-phula翻訳チーム

   前編

筋書は以下の通り: 漫画雑誌シャルリー・エブドは反イスラムの風刺画を作成した。
3人の完全武装した通称“テロリスト”とやらが、「アッラーは偉大なり」と叫びながら自動銃を連射し、現場を襲撃した。
テロリストはパリ中で警察に発砲しまくり、10人死亡させ、完璧に逃亡。

更新:奴らが空包を発砲していたと暴かれる! 
カギとなる動画を見たところだ。警官がAK-47で至近距離から頭を撃たれる瞬間をはっきり捉えている

hoaxfrance.jpg

問題点:
脳みそも血もひとっつも飛び散ってないこと、
銃身から白煙が広がってくこと(空包の特徴)、
発射時の衝撃で身体が全くよろめいていない
こと。 

問題点: 
カメラマンは、テロリストの車が停まってる様子も警官が倒れた様子も、どちらも見事に撮影可能という、完璧な位置から完璧によく見えるアングルで撮影している。現実の世界じゃ、んなもん無理だ。

それでもって、追い打ちとなるさらなる決定打:
カメラマンはどの方向にカメラを向ければいいか、どうして知っていたのだ?
その場所こそ、まさにテロリストが停車し、降りてくる地点だとどうやって知っていたのだ?
というか、どれがテロリストの車かなんて、何故分かっていたのだ?
彼らが出て来るところから完璧に捉えてるってことは、そこで何が起こるか分からない筈なのに、カメラを持って録画状態でスタンバってたことになるよな?これで一刀両断、完全にでっちあげなのを証明できるぜ。 

決定打:空包だったという最終の確実な証拠 
銃から何かが飛び出し、撃たれた警官の後頭部あたりにひらひら舞ってる。
サクラの連中はこれこそが頭蓋骨の破片だと言ってのけた
しかし、そんなことは出血ゼロじゃあ起こらないし、他の全てをもってしても空包を撃ってることは疑いようがないと分かれば、遥かにマシな説明が可能だ。

空包だと、火薬が抜けないよう、弾丸の代わりにワッズ【=紙の塊】を詰める【※火薬は発砲音と煙を出すため】。
トリガーを引くと、この紙栓が銃口から飛び出し、どこへなりと舞うわけだ。
銃身の近くで失速し、しばらくの間ひらひらしてる。【つまり視聴者の】大勢が着目した謎の物体は、単に空包の紙栓だったということだ。

これが今回のシナリオだ: 
カメラマンは完璧な場所から完璧に撮影すべく、携帯を持って完全にスタンバっていた(【携帯っぽい】粗めの画像でいいのだから、別に特殊な機材は必要あるまい)。
警官は耳あてを支給され、砲口音が大きく響かないようになっていた
プロの狙撃手は、【銃口に込めた】紙栓が警官の頭部に決してあたらないようにしていた

このシナリオだと:
テロリスト”は(追われてもいないのに)何の理由もなしに【現場から】引き揚げ、【再度】車から降り、警官に向って無作為に発砲している。
注目を集めるためでなければ、全く辻褄が合わない

第1幕で警官が倒れてみせ、テロリストがどれだけあくどい連中かを証明するために、負傷して地面に横たわったまま“殺害”されるわけだ。
既に負傷した人間を殺すなんて、そりゃもうチョー極悪な人間しかやらないからな。心理学的効果としてはいけてる。

  後編

矛盾点の最終集計表:

1.10人もの人間が死亡したとされ、他にもケガ人が出ていた。通常、救急車が優に10台は必要とされる事件なのに、現場には最大で2台しか現れなかった。

80114729_025309114-1-480x270.jpg

【但し、 BBCの写真を見ると、手前左にパリSAMUの救急車、手前右にフランス赤十字のVPSP、中央奥にパリ消防旅団のVSAVが各1台ずつ、計3台。フランスの救急制度はややこしいのと、多少時間が経過してからの写真だからか?どっちにせよ少ない。】

2.警察車両の1つを見ると、どうやら犯人はこの訓練のために本物の銃を使用したようだ。が、弾痕はギャングが貼るようなシールに過ぎないのかどうかは、写真が鮮明ではないため不明。
現場写真の中には、襲撃された車の横、誰かが死亡したとされる場所で、警官同士冗談を言い合って笑っている様子のもある。
加えて、グーグルで画像検索してみると、通常の襲撃事件ではフロントガラス全体にひびが入る。【しかし】フランスのこの事件では、全ての損傷が穴【=弾痕】の周囲に限定されている。こんなことは可能なのか?

B6viYn6IYAAul73-480x360.jpg
【パトカーの弾痕は、ギャングが使いたがるシール?写真の出典: France 24】


3.現場に駆け付けた人間全員が、フランス外人部隊の髪型【=丸刈り】。
救急車の運転手や救命士にしては奇妙。

80112483_025307039-1-480x316.jpg
【写真の出典:BBC】

(重要な点).加害者が捕まらずに逃げ果せたのだとしたら、何故フランスの警察は容疑者を既に特定出来ているのか?
別の場所で出頭して来たわけでもないのに?
9.11の時のパスポートやMH17便のピカピカのパスポートと同じことだろう。あんなものがまかり通るのだ。
単にモサドが海外遠征して来たんじゃなく、“イスラム教徒”だと“証明”するには確実に身元が割れてないとマズイのだ。
ショック係数が最大値の時に発表しないとマズイのだ。
で今回は、誰もパスポートなんぞ落っことさなかったのに、どうやって警察は特定できたんだ?×3人分だ
ぞ、オイ? 

疑問点:
そもそもイスラム教徒ってのは、各地を襲撃する度に毎回「アッラーは偉大なり」って叫ぶのか?
身元がバレないようにすれば、そして、このセリフ1つで罪をなすりつけられるのだとすれば、誰にだって出来るじゃないか!
万が一これが実際に起こったことだとしても。というか、いつもの心理作戦でなかったと仮定して、だが。

彼らはロケット砲も所有していたらしい。んなもん、どーやって税関くぐり抜けんだよっつーの!

5.血の飛び散った写真を一枚もまだ見てない。特殊メイクの血糊ですら出回ってない。カラシニコフで撃たれた警官が歩道に横たわっても、その10秒後にもう一度撃ち抜かれても、まだ血が出ない。こんなのが本当に起こったのだとしたら、非常に奇妙だ。

6.標的はユダヤ系グループだった。偽のテロ攻撃をしょっちゅう演じてみせる連中に繋がってる。これは臭うな。

7.どうやったら道路が奇跡的にガラガラになるんだ?現場はヤラセかってくらい、整えられてる。
まるで“【テロ】攻撃”という名の訓練に備えて、その区域を封鎖していたかのようだ。現場がガラ空きなのを織り込み済みで、“テロリスト”が道のど真ん中にあっさり車を停められるようにしたってことか。

8.通称“テロリスト”どもは、この雑誌の主要スタッフ全員が重要な会議に出席すべく、ここにこぞって集まることを何故だか知ってて、【わざわざこの日の】この時間帯を選んで襲撃したと。

質問:内部の人間でなければ知りえない情報な筈だ。プロの殺し屋集団としか見えない連中が、どっから情報を入手したんだ?NSAに手伝ってもらったのでなければ、どうやったんだ?

9.以前からこの雑誌は深刻な経営難だった。どっちにせよ廃刊するのだとしたら、偽旗の心理作戦を利用しない手はないってことか?これで終わった理由は“説明がつく”わけだ、よな? 

編注)追記:
道路に駐車位置用のマーカーを引いてある? 

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e21.jpg

車が到着したときにはなかった横線が、引き上げる段階ではなぜか横線が入っている。
こちらの動画で確認できる。ジム・ストーン氏のフォーラム のNT1という人物からの指摘。
関連記事

パリ・オタワ・シドニーの三大テロ事件

   パリ・オタワ・シドニーの三大テロ事件はすべてドリル(訓練)だったのではないか:フランス、カナダ、オーストラリア各国政府は、シリア侵攻を計画している米国某勢力に協力させられているに過ぎないと疑われる  1/10  「新ベンチャー革命」から

1.パリの銃乱射テロ事件はおかしいことだらけのようだ

 本ブログ前号でパリの銃乱射テロ事件を取り上げ、偽旗テロの疑いを指摘しました(注1)。

 元NSAのジム・ストーンはこのテロがおかしいといくつかの証拠を挙げて、すでに疑問点を指摘しています(注2)。

 誰かが撮影した現場画像に甲高い声が入っていますが、ジム・ストーンによれば、これはアメリカ人訛りのようです。一方、容疑者はアルジェリア系フランス人であり、アメリカ人訛りでしゃべることは不可能です。

 この点からも、この事件は根本的におかしいことがわかります。

 ジム・ストーンのみならず、ネット住人はいずれ、決定的な偽旗テロの証拠を発見しそうな気がします。

 本ブログではこのテロ(ドリル)の背後に、米国戦争屋CIAネオコンが控えているとみていますが、その疑いは非常に濃厚です。

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

2.被害を受けたシャルリー・エブドは事件後も週刊新聞を発行する?

 今回、8人もの被害者を出したことになっているシャルリー・エブドは事件後も休刊するどころか、通常の17倍もの週刊新聞を発行するそうです(注3)。

 この新聞社は事件当時、幹部が会議をしていて、そこを襲撃されて8人も殺されたことになっています、小さい新聞社ですから、幹部が8人も殺されたら、事件後すぐに新聞を発行するのは不可能なはずです。

 この人たちはほんとうに殺されたのでしょうか。そういえば、上記、ジム・ストーンは、犯人に頭を撃たれた警官から出血がないし、使用された銃から白煙と紙が出ているので、空砲が撃たれたと推定しています(注2)。

3.週刊新聞社とフランス警察とCIAがつるんで行ったヤラセではないか

 今回のパリの銃乱射テロ事件はドリル(テロ対策訓練)だったと考えると辻褄が合います。

 テロ実行の容疑者はCIAの諜報員による扮装、週刊新聞社は世界から注目され、売り上げを伸ばせるので、CIAに協力したのでしょう。フランス警察はテロ対策のドリルを行ったということです。

 犯人にされた兄弟は単に犯人役にでっち上げられたにすぎず、CIAから勝手に犯人にでっち上げられて、ほんとうに殺害された可能性があります。
 もっともおかしいのは逃走車に身分証を置き忘れたという報道です。いずれにしても、何から何まで、9.11事件やボストン・テロのときと状況がよく似ています。

4.パリ・テロ事件の前に起きた、カナダとオーストラリアのテロ事件もドリルだったのではないか

 世界の人々は、カナダ・オタワの事件もオーストラリア・シドニーの事件もテレビ報道と新聞を通じて間接的に観ているにすぎません。事件現場が公開されたわけでもありません。

 世界の人々はマスコミがドリルをホンモノの事件と偽って報道するとは思っていませんが、フランス警察、カナダ警察、オーストラリア警察がCIAと事前に合意できていれば、マスコミを騙して、ドリルをホンモノの事件に見せかけることは十分、可能です。

 そうみると、今回のパリの事件も、フランス警察とCIAが週刊新聞社の協力を得て、ドリルを行い、マスコミにはホンモノの事件として発表しているにすぎないかもしれません。
 その目的は、イスラム過激派がいかに悪者かを世界に示すことによって、米戦争屋CIAネオコンが今年、イスラム過激派を掃討すると称して、シリアに米軍・NATOを侵攻させ、実は反米アサド政権を倒すことを正当化するためではないでしょうか。

 このとき、日本の自衛隊が米軍傭兵としてシリアに侵攻させられるでしょう、安倍政権はそのための準備に余念がないのです。

注1:本ブログNo.1038『今度はパリで銃乱射テロ事件発生:偽旗テロの可能性を大胆に推理する!』2015年1月8日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34534761.html

注2:Jim Stone
http://www.jimstonefreelance.com/

注3:産経ビズ“仏紙銃撃テロ シャルリー・エブド、17倍の100万部発行を計画”2015年1月10日
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/150110/cpd1501100500005-n1.htm
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん