fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

中心と周辺(国際金融資本と米国>日本>日本国民)

 米国貧困
 米国の貧困

 日本のエコノミストは婉曲話法が多すぎる。ある程度の基礎用語と現状を解っていないと、何を主張しているのかが不明な論説が多すぎるのである。
 要は中身よりも見出しで結果を宣伝する、縦横硬軟の様々なプロバガンダが多すぎる。
 「日経新聞を死ぬまで読んでも、経済原理さえわからないまま」という言い方の所以である。
 私は考え方の些細な違いはあっても、素直な論説として評価するのは吉田繁治、野口悠紀雄、中原圭介、藻谷浩介、リチャード・クー氏などです。
 
 闇株新聞氏も素直な文章が好ましい一人です。
 なお、文中の水野和夫氏については、このブログにおいては
 「水野和夫インタビュー:資本主義の死
 「今年は日銀が自ら資本主義に幕を引く:水野
 にて紹介しています。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   本年のキーワードは「中心と周辺」  1/6  闇株新聞

 あけましておめでとうございます。本年最初の記事なのでいろいろと考えましたが、この話題にしました。

 表題の「中心と周辺」とは、本誌も大変に信頼している証券エコノミスト・水野和夫氏の著作「資本主義の終焉と歴史の危機」からの引用で、「中心」が「周辺」から富を吸い上げて資本主義を発展させていくシステムのことです。

 一般的に「中心」とは西欧諸国のことで、「周辺」とは古くは植民地、最近までは中国などの新興国のことです。

 そして最近は中国などの新興国が自らも「中心」と考えて行動するようになった結果、「中心」が富を吸い上げる「周辺」が世界中から消えてしまい、世界経済全体の成長にブレーキがかかってきました。

 1990年代から「中心」である西欧諸国や日本が豊富な労働力と拡大する消費を求めて中国に進出したのですが、やがて中国自身が生産設備を拡大して「中心」のシェアを奪い、果ては世界の需要をはるかにこえる過剰生産設備をつくってしまったことなどが、その典型です。

 そうなると今度は「中心」が、自国の中に「周辺」を作り、富を吸い上げるシステムを作り出そうとします。

 日本政府が推進する「非正規労働者」「消費増税」「法人減税」の組み合わせは、見事に「周辺」を作り出して富を吸い上げるシステムとなります。

 そう考えるとサブプライムローンとは、「中心」の大手金融機関が富を吸い上げる(収益を上げる)ために作り上げた「周辺」だったことになります。
 儲かる市場(借り手)がなくなってきたので、貸出基準を大幅に緩和して市場(借り手)を作り出して収益源にしようとしたものでした。

 さらにユーロ圏とは、域内の「中心」であるドイツ・フランスなどが安い労働力を供給する「周辺」を域内に作り、さらに共通通貨・ユーロを導入することにより「中心」の投資リスクを軽減してしまう仕組みと考えられます。

 大変に重要なことは、この時代に新たに「周辺」を作り上げて収益を吸い上げても、それは一時的なもので必ず短期間のうちに行き詰まってしまうことです。

 サブプライムの結果はいうまでもなく、ユーロの仕組みも当初の目論見通りにならず「周辺」各国に深刻な財政危機を引きおこしてしまい、域内の「中心」にとって大きな負担となってしまいました。

 日本における「非正規労働者」「消費増税」「法人減税」の組み合わせは、間違いなく深刻な消費不振を招き、日本経済を大不況としてしまうはずです。

 本年の世界経済や株式市場を考えるときに、世界各国や各国の中に作られた「周辺」がどのような弊害を各国に及ぼすかと、どこが新たな「周辺」に組み込まれてしまうのかを見極めることが重要となります。

 ところで日本は本当に「中心」なのでしょうか? 少なくとも「周辺」ではないものの、本当の「中心」が日本を新たに「周辺」にしてしまおうと考えている(※ もちろん米国のこと)はずです。

 繰り返しですが、「周辺」とは「中心」から富を吸い上げられる存在です。

 そう考えると日本(日銀)が「もっと異次元になった」量的緩和で円安を加速し、日本にある国民資産をどんどん米国などの海外に流出させているのは、(今に始まったことではありませんが)日本が改めて米国の「周辺」となるための政策と考えられます。

 国民資産が米国などの海外に流出しても、別に米国などに奪われるわけではないので「何が悪いのだ?」と考えられますが、歴史的には日本から米国などの海外への資金流出が加速したあとはロクなことになっていません。

 1997~8年にはアジア危機、ロシア危機、ヘッジファンド危機となり、2007~8年はもちろんサブプライム問題から世界金融危機となってしまいました。

 ほんの一例を取り上げただけですが、本年はこの「中心と周辺」を頭に入れて、いろいろと考えていきたいと思います。
関連記事

「黙つて働き笑つて納税しませう」妄想狂気の戦時動員スローガン

黙って働き笑って納税

 戦争狂国家。国民を戦争奴隷にしていた社会。
 乱発された妄想のスローガンは国民の心を縛り、体を縛っていった。

 今も「ニッポンを取り戻す!」など叫ぶ、狂った妄想性の男がいる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
    黙つて働き 笑つて納税しませう (泣)  2013/8/20  現代書館 「編集部便り」から 
  
この度、『黙つて働き 笑つて納税――戦時国策スローガン 傑作100選』(定価1700円+税)という書籍を出版致しました。
本書は、昭和戦時下につくられた国策標語を収録し、解説・コメントとイラストを加えた内容です。

戦争中、日本では戦意高揚のための数多くのスローガンがつくられました。
欲しがりません 勝までは」「撃ちてし止まむ」などです。
当時の日本では、職場・学校・街頭・商店街・はては家庭内まで生活のいたる所にこんな標語が貼り出され、日々、日本人を叱り続けていました。
贅沢は敵だ」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」など有名なものもありますが、実はさらにとんでもない標語も流布したのです。

任務は重く 命は軽く
金は政府へ 身は大君へ
国のためなら 愛児も金も
日の丸持つ手に 金持つな」など、思わず絶句してしまうものや、
りつぱな戦死とゑがほ(笑顔)の老母
空へ この子も捧げよう
子も馬も 捧げて次は 鉄と銅」など聞いただけで凍りついてしまうようなスローガンもありました。

酒を飲むことを止めさせる「酒呑みは 瑞穂の国の寄生虫」とか、ぎりぎりまで国民の食事量を減らさせようとする
「節米は 毎日出来る 御奉公
」などの標語もあり、今でいうところの「ムチャぶり」のオンパレードです。
おしゃれや化粧を糾弾する標語(「飾る体に 汚れる心」)もあれば、プライバシーや家族団らんなど一切無視する標語(「家庭は小さな翼賛会」)、
さらには、団結一致を求める一方で相互監視や相互不信を煽る標語
(「護る軍機は 妻子も他人」「買溜に 行くな行かすな 隣組」)もありました。

禁酒禁煙節食を強要され空腹と勤労動員でフラフラの国民に、何と米英本土を占領せよと気宇壮大な無理難題まで吹っかけます
(「米英を 消して明るい 世界地図」「日の丸で 埋めよ倫敦(ロンドン) 紐育(ニューヨーク)」)。
野望というより妄想に近い標語です。
当時の日本はもしかしたら「中二病」に罹っていたのかも知れません。

揚げ句のはてには
人並と 思ふ心が 奢りの心
権利は捨てても 義務は捨てるな」と叱られる始末です。
当時の国民の苦労がしみじみと偲ばれます。
こんなトホホ感山盛りの、壮絶コピー集が本書です。
本書のタイトル『黙つて働き 笑つて納税』もそんな標語の一つです。

それにしてもコピーとか、ワンフレーズ政治というのは恐ろしいものです。
今も「ニッポンを取り戻す!」と連呼しているオジサンがおられますが、国民は取り上げられる一方です。
ダイジョウブでしょうか?
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん