fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

「観測史上初」「経験したことのない」など、「想定外」の異常気象にして責任逃れのためか

広島土砂

広島の土砂崩れに寄せて    8/22 「グレーは淡青hell blau」氏から
広島から発信されてるブログより転載 ↓

  異常気象ではない 「タウンNEWS広島 平和大通り」から

一昨日(2014年8月20日)の局地的な豪雨は広島市に大きな被害をもたらしました。

今回の豪雨に対し、広島市の金山健三・危機管理部長は「経験したことのないような雨量があり、その情報を得るとほぼ同時に119番が殺到し始めた」と述べ、想定外の大雨で対応が後手に回ったとの認識を示したということです。

しかし「経験したことのない」というのは想定すらできないのでしょうか

また、気象台は、三入観測所で測定された時間降雨量101ミリ、3時間降雨量217ミリ、6時間降雨量のいずれも「観測史上最大」としています。

そもそもアメダスのデータはここ数十年のものしかありませんし、三入観測所の測定開始は12年前に過ぎません。

アメダス以前は、広島県の観測所は、広島の江波と、呉と福山の三箇所でしたが、いずれも沿岸部の雨の少ない地域です。

当然ですが、広島は沿岸部より山間部の方がずっと雨も多く、同じ広島市内でも私の住んでいる南区と、今回大きな被害を出した安佐北区ですら、天候も気温も違います。

また、土砂災害というのは、広島県は全国一ですが、それでも25年間くらいのデータでみても、年間4件のこともあれば、600件を超える年もあり、本当にバラバラです。

ですから、期間も短く、範囲も狭いデータで「想定」することは不可能です。

全国的に見ると、今回の「観測史上最大」の雨量は、僅かなアメダスの観測データでも100回以上あり、6時間雨量では700回以上です。

一部報道では、温暖で雨の降らない地域に起きた「青天の霹靂」のように報じられていますが、そんなこともありません。

広島は、もともと土砂崩れの多い地域であり、全国一危険な場所が多く、今回の土砂災害に遭った地域も土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域に指定されるような場所でした。

そして「経験したことのない」どころか、わずか15年前の大雨でも、広島では300箇所以上で土砂崩れが起こり、30人以上が亡くなっています

データを見る限り決して「記録的」とは思えない雨量で、これほど大きな災害が起きるのは、行政の責任です。

それも単なる怠慢であればまだしも、金儲けのために危険な場所を危険だと認定させず「安全」だと騙してきたようなところもあります。(※ 危険区域とすると地価が下がる。)

まるで原発事故のようなものです。

さらに「記録的」「観測史上初の」「かつて経験したことのない」など、大袈裟な表現を使い、国の責任で起きている災害を自然のせいに責任転嫁しているところも非常に似ていると思うわけです。

以上

確かに原発と同じで日本全国至るところにこのような危険性は多くあります。

それにしても行政の不甲斐なさ、国民は権利である有給休暇もとれない社会なのに、
ゴルフ休暇を中断されてご機嫌悪そうな最悪指導者、

税金を払う価値がありません!
すぐに解雇せよ!
 ーーーーーーーーーーー
※ 前々からうすうす感じていたことをはっきりと指摘してくれました。
普通の社会常識では「かつて経験したことのない」のは少なくとも60年に一度もないくらいの異常な事態。
「観測史上初の」と言われれば、明治維新以来の異常事態かと思うでしょう。
実態はアメダス設置から12年間の「観測史上初」。

こういう極めて不自然な用語用法がなぜ決められたのかが疑問でした。
同意、同感です。
「想定外を広げる」そして責任を誤魔化す、という姑息な発想だったようです。
関連記事

GDP6.8%減は前期調整操作の可能性、実際は7.5%減か

   政府発表はウソ GDPマイナス6.8%どころじゃない!  8/23  日刊ゲンダイ

 急激な景気悪化に安倍官邸は真っ青だ。来年度予算で景気対策用に1兆円程度の予備費を計上するとか、14年度予算の使い残しを活用した大規模補正予算を組むなんて話も出てきた。

 安倍首相や甘利経済再生相は「想定の範囲内」と平静を装っていたが、内心はビビりまくっている。
 4─6月期のGDPがマイナス6・8%という数字は衝撃的で、しかも、実態はもっと悪い可能性があるのだ。

「年率換算の成長率は、季節調整値を用いて『{(当期の実数÷前期の実数)の4乗マイナス1}×100』という計算式で算出されます。
 つまり、『前期の実数』によって結果は変わる
 問題は、4─6月期の1次速報発表と同時に、何の説明もなく『前期の実数』である1─3月期GDPが下方修正されたことです」(RFSマネジメント・チーフエコノミストの田代秀敏氏)

 今年5月に発表された1―3月期の実質GDP(1次速報)は535兆5245億円。6月発表の2次速報では536兆1223億円に増えた。それが、今月13日に4-6期の1次速報が発表された時には、535兆1066億円と、いつの間にか、2次速報から1兆円以上も減っていたのだ。

 「それで、前期比成長率はマイナス6・8%という数字が出たわけですが、仮に1─3月期のGDPが1次速報の値なら4─6月期はマイナス7・1%、2次速報値ならマイナス7・5%になる。
 通常は、改定ごとに精度が上がり、数値は次第に増えていくか減っていくかのどちらかです。
 今回のように、1─3月期の数字が2次速報で上がったのに、その後で大きく下がることは珍しい
 東日本大震災直後のマイナス6・9%より落ち込み幅が大きくなるのはマズイと考えて、1─3月期の数字をこっそり下方修正したと思われても仕方がありません」(田代氏)

 なぜ、1─3月期の数字が下振れしたのか。統計を発表している内閣府に理由を問い合わせてみたが、テクニカルな話に終始し、釈然としない。

「GDPの季節調整済み数値は『X‐12‐ARIMA』というソフトを使って算出しています。
 時間の経過とともに追加の数字が上がってきますし、発注段階だったものが決算されたり、基礎統計の数字が確定する都度、新たに入力して、季節調整をかけ直している。それで発表数字が変わってくるのです」(内閣府経済社会総合研究所)

 要するに、入力する数値次第でどうにでもなるということだ
 政府に都合のいいように数字をいじるのは、中国の経済統計などでよくある手口だが、同じことをしているとしたら、日本の統計は世界中から信用されなくなる。
 ーーーーーーーーーーーー
※ いつもの挑戦的な日刊ゲンダイ記事であるが、事実である。
 やや煽動的でもあるが、権力への挑戦的な批判を書くだけでも立派と考える。

 下は闇株新聞氏から。
 ・・・・・・・
 ここのところ確報値が速報値から大きく下方修正されています。
 安倍内閣がすでに発足していた2012年度の確報値も、ほとんど報道されることもなく「こそっと」名目成長率がプラスからマイナス成長に修正されていました。
 2013年度の確報値は12月中旬に発表されますが、かなり下方修正される可能性があります。
 ・・・・・・ 
 知る人ぞ知る。
 経済統計が別に中国でなくとも、特に日本では、季節調整やら速報値、確報値などで政府に都合よくいじられている代物であることは周知の事実である。
 ただ、名のあるエコノミストがそれを公然と指摘するなら、マスコミによって地位と収入を絶たれることになるのも、周知の事実。
 従って、御用エコノミストではない真っ当な人でも、慎重かつ婉曲な言い回しがされる。

 内外価格差の原因たる国内価格談合、担保なき紙幣発行の調整原理から、信用創造の基本、通貨流通の基本などに至るまでタブーは多い。
 例えば米国御用の日経新聞などは徹底しているので「死ぬまで読んでも」意味が理解把握できないはずである。
 まあ、それで良い人が購読しているのでしょうがね。
  
スタグフレーションに突入しつつある日本:野口
需要は年率10.5%の撃滅、在庫増を除くと16%のマイナス:植草
内需年率11%の減、寒気がするほど悪くなった経済
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん