fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

パレスチナ住民虐殺を続けている狂気のシオニスト国家

 ガザ

 イスラム教徒もユダヤ教徒も平和に暮らしていたパレスチナを、1948年一方的に侵略し、住民虐殺でイスラム教徒を追い出し、土地も資産も人命も奪って建国された「イスラエル」。
 強盗も殺人も選ばれし民の任務とする、まさに狂信のシオニズムが、欧米と国際資本の支援によって思うがままの野蛮な行為のけっかである。

 その後も今日にいたる66年間、違法不当な弾圧と虐殺を繰り返すなかで、パレスチナ住民は屈すること無く抵抗し、戦ってきた。
 国際社会というものが、本当にあるのなら、このシオニスト国家の蛮行を直ちに止めさせなければならない。
 シオニストは地獄に落ちなければならない。
 闘うパレスチナに希望を。
 ーーーーーーーーーーーーーー
    イスラエル軍、ガザ地区攻撃で使用禁止兵器を利用  7/10  イラン国営放送

医療筋が、「イスラエル軍はガザ地区に住むパレスチナ人を攻撃する中で、使用禁止兵器を利用している」と語っています。
(※ 白りん弾と思われる。)
イルナー通信によりますと、ガザ地区のある医療関係の責任者は10日木曜、シオニスト政権イスラエルによる全面戦争のなかで殉教した、パレスチナ人の遺体の調査結果からの新たな情報に基づき、「イスラエル軍はこの攻撃で使用禁止兵器を利用している」と表明しました。
パレスチナ人の医師たちは、「殉教者の遺体や負傷者につけられた傷や、やけどによる損傷部分は非常に深く、骨にまで達している。イスラエル軍がガザとの戦争の中で使用した兵器が、危険な使用禁止兵器であることに疑いの余地はない」と認めています。
目撃証言も、パレスチナ人殉教者の遺体が炭化したため、あるいは瞬時に切断状態となったため、移送が困難であるとしています。
(※ 北風:白りん弾と思われる。)

また、複数の新たな報告によると、イスラエル軍のガザ地区攻撃は8日火曜から始まり、これまでにパレスチナ人82名が殉教、ほか500名以上が負傷しています。
 ーーーーーーーーーーーーー
   イスラエルのガザ攻撃で殉教者と負傷者の数が増加  7/10

シオニスト政権イスラエル軍の、連続的なガザ地区の住民に対する攻撃により、殉教者と負傷者の数が増加しています。

IRIBによりますと、最新の報告から、8日火曜から始まったイスラエル軍のガザ地区攻撃で、これまでに82名が殉教、500名以上が負傷していることが明らかになっています。

イスラエル軍の戦闘機や戦艦、戦車は主に、パレスチナ人の住宅地や農地を標的としています。
これらの殉教者のうち、20人近くが女性、子どもとなっています。

医療筋は、「殉教者や負傷者を調査した結果、イスラエル軍がガザ地区攻撃の中で使用禁止兵器を利用したことが明らかになった」と述べています。

イスラエル軍はまた、複数の病院にも攻撃を加えており、ガザ地区にあるヨーロッパ系の病院の敷地では、イスラエル軍の攻撃で17名の負傷者が出ています。

パレスチナ人戦士たちはイスラエルに対する反撃の中で、被占領地パレスチナにあるイスラエル軍の軍事拠点を攻撃し、これによりイスラエル軍兵士を含む数十名が死傷しました。

目撃証言によりますと、イスラエルは兵士たちの士気を維持するため、パレスチナ人戦士のミサイル攻撃による死亡者の数を公表していないということです。
 ーーーーーーーーーーーーー
  パレスチナ:イスラエルのガザ攻撃による死者が増大、パレスチナ側はミサイルで応戦  7/9 al-Quds al-Arabi紙 東京外語大「日本語で読む中東メディア」から

■イスラエルのガザ攻撃による死者が51人に増大、パレスチナ抵抗組織はミサイル230発を発射して応戦

【ガザ、エルサレム:ムスタファ・ハブーシュ、アラー・アタッラー、アブドゥ・ラウーフ・アルナウート、アラーウ・リマーウィー】

ガザ地区保険省のアシュラフ・カドラ報道官は、イスラエル軍のガザ地区攻撃開始以来パレスチナ人の死者数は増大し、一昨日月曜日(7日)までに死者は51人を数え、その他の負傷者も451人に達したと発表した。

一方パレスチナ治安筋が語ったところによると、パレスチナ抵抗諸組織は本日水曜日(9日)の16時33分(GMT)までにイスラエルの主要都市や諸地域に向けて約230発のミサイルを発射した。

同情報筋がアンカラ通信に明らかにしたところでは、イスラエルのガザ空爆は軍事作戦開始以来620回以上行われている。

カドラ報道官は「イスラエルの空爆はガザ地区のいたるところに加えられており、イスラエル軍事作戦開始以来の市民の死者は51人を数え、その他負傷者も451人に達しており、人々の怪我の状態はさまざまだが一部の者たちは重傷で危篤状態にある」と述べた。

同報道官はまた「イスラエル軍は本日午後、ガザ北部のベイト・ハヌーンの町の住民たちの集団めがけて空爆を加え、二人の死者と多くの重傷者を出した。犠牲者は、サーリフ・ハマド(57歳)とナジュラ・イブラヒーム・ハマド(20歳)である」と述べた。

報道官はさらに「本日のイスラエル空爆では女性1人と二人の幼児も犠牲となっており、母親のスムード・ヌワースィラ(25歳)と息子のムハンマド・ヌワースィラ(4歳)とニダール・ヌワースィラ(6歳)が死亡し、夫のハラフ・ヌワースィラ(29歳)は負傷した」と付け加えた。
ガザ1

関連記事

ウクライナ軍は意図的に住民を攻撃している:現地欧米記者

 ミグ

   ”民間人が死につつあり、止める為には何かがおきなければならない”  7/10 「マスコミに載らない海外記事」から

クラマトルスクにいるアメリカ人写真家に、爆撃下の生活についてインタビューした
  Vera Graziadei  2014年7月7日

今朝早く、私は、アメリカ人写真家パトリック・ランカスターとクラマトルスクにいるイタリア人作家のクリスチャン・マラパルテに電話した。
過去五日間、彼等は、ウクライナ軍による烈しい爆撃と砲撃の中で暮らしてきた。
軍が意図的に民間人や民間人の住宅を標的にして、紛れもない戦争犯罪をおかしている多数の証拠を、パトリックは持っている。

Vera: あなたとクリスチャンはどうやってそこにたどり着いたのですか?

パトリック: ええ、今はちょっと混乱していまして。30程前に、ホテルで働いているホテル・スタッフに起こされ、公式には、ホテルは閉鎖しているが、好きなだけ滞在してかまわないと言われました。
市内では、今日遅く、ウクライナ軍が市内に進軍し、重機を持ち込みそうな気配があるとも言われました。

V: あなたがたは留まるつもりですが、離れるつもりですか?

P: しばらく留まろうと思っています。
爆撃は5日程前に始まりました。我々はほぼ一週間ここにいることになります。
5日前の夕方爆撃は始まりました。過去五日間、毎日毎晩、ほとんどの時間、町は砲撃されています。
昨晩午後11時から午前3時まで、実際大変な量の砲撃がありましたが、数日前とは音が全く違っていました。
私は実際、砲弾、爆弾の専門家ではありませんが- 弾薬の種類が違う可能性があるように聞こえます。
ずっと大きな音がしますから。

V: おやまあ!

P: でも、留まるつもりです。現地の警備会社に防弾チョッキを用意してくれるよう依頼しようとしています。
チョッキが用意できたら、外出して、損傷を見に行き、何が起きているのか実際に見に行けるかもしれません。

V: 自衛軍も町にいるのでしょうか?

P: はい、はい、確かにいます。
彼等は市内にいて、今朝は非常に活動的でした。彼等がホテルの前を行き来しているのが見えます。
基本的に、我々は市の中心部、**** ホテルにいます(安全の為、ホテル名を削除した)、中心部近くには、少なくとも二つの民兵宿舎があります。
彼等の司令部のようです。
市内には他にもいくつかあるようですが、大きなものは二つだと思います。

過去五日間、爆撃と砲撃があったのに、攻撃された民兵宿舎を一つも目にしていないのは奇妙です。
ウクライナ迫撃砲で攻撃されたビルは、全て民間ビルです
学校、孤児院も含め、少なくとも40以上の民間ビルが爆撃されているのを見ました、
-一昨日、爆撃された孤児院に行きました -非常に多くの大型アパートが攻撃されています。
アパートの一部では - ウクライナ軍が狙い損なったか何かした可能性はありません -
同じビルを爆撃する際に、非常に烈しく攻撃します。
数日前の夜、10発の迫撃砲でアパートが攻撃されたというある女性と話しました

V: 彼等は意図的に民間ビルを標的にしていると思いますか?

P: ええ、もし連中が民間のビルを狙っているのでなければ、軍隊なり、大隊なりとして、とんでもなく無能だということになります。
もし実際に、民間人を狙っていないのであれば…連中は民間人だけ狙っているのです!
もしそうなら、子供が迫撃砲で遊んでいるのです。子供だって、これより上手く狙えるでしょう
軍のビルなど全く攻撃しておらず、民間ビルだけ攻撃しているのですから。

V: 死傷者は多いのですか、パトリックさん?

P: 死傷者がいることは知っていますが、死傷者の正確な数は把握できてはいません。
それに関する情報を得るのは困難です。しかし死傷者はいます。
我々が見に行ったアパートでは、血の跡がありました。今週初めには、市バスが攻撃され、5人亡くなったと思います。
確かに、他にも死者はいるでしょうが、総計は知りません。

昨晩の砲撃がこれまでで一番烈しい砲撃で、今日は恐らくもっと多くの死傷者がいると思います。
今… 街路 - ホテルの窓の外を見ているのですが - 街路は人でいっぱいです。
今、外には、4人民兵がいます、ドネツク人民共和国兵士が。

V: 彼等は何をしているのですか?

P: 行ったり来たりしています。今日起こりそうなことに備えているのだと思います。

V: 町には、今でも多数の民間人がいるのですか?

P: はい、多数の民間人がいます。

V: ほぼ一週間続いているこの砲撃の中、一体どのようにして、彼等やあなた方は、切り抜けているのでしょう?

P: 砲撃が始まると、全員が - 市内で一つか、複数かのサイレンが鳴り- 人々は爆撃が終わるまで、地下室に入り、そこに留まっているのです。

V: それは大変ですね。食料と水はどうでしょう? 糧食については、町ではどうしているのでしょうか?

P: 市場には食料も水もありませんが、大きな問題は、日中大半は砲撃が行われていて、全てが閉店することだと思います。
夕方、市場にゆくのはとても大変です。
でも、ここの人々にとって主な問題はお金です。多くの会社は閉まっていて、皆収入がありません
それで皆食料品を買うことができないのです。たとえマーケットに食料品があっても。

V: 人々を救援している人道主義団体は何かあるのでしょうか?

P: この状況で唯一見たものは、中心部の大きな公園で、何かの人道主義的支援が行われていました。
彼等は、赤ん坊がいる証明になる、誕生証明書を持った母親達に、粉ミルクをあげていました。我々がここで見た支援は、それだけです。

それから、更に…少なくとも市の半分は停電していると思います、我々がいるホテルは *********(安全の為、削除)にあり、我々が最初やってきた時には、夜は町中で灯が見えたのですが、今は半分は完全に真っ暗ですから。

V: もし、逃げようと思えば、自由に逃げられるのですか?

P: 昨日の時点では、バスはまだ走っていましたし、今朝も走っていたと思いますが、100%確実ではありません。

しかし、民間人住宅爆撃に加え、連中は街のインフラも標的にしています。
一部の浄水施設を爆撃したと思うので、場合によっては水道も機能しません。
昨日の午後、爆撃されたガソリンスタンドを見に行きました… 実際は、前の日に二度爆撃されました - 午後に一度、夕方に一度。

大部分の砲撃は民間住宅に命中している。

V: 一体なぜ民間人を標的にしていると思われますか? 戦争犯罪ではありませんか?

P: はい、実に不可解です。
私は過去四ヶ月、ウクライナにいました。クリミアが最初で、ドネツクに移動し、ドネツクにいた間中、こうしたことが起きていると聞かされていました。
ウクライナ軍が民間人を標的にし、民間人住宅を何度も何度も攻撃していると
本当に信じていませんでした。
東のプロパガンダにすぎないと思っていましたが、現地に来てみると…実際こうした都心の巨大なアパートが、繰り返して爆撃されているのです。
本当に意味がわかりせん… 連中は、現地住民に、ドネツク人民共和国軍を支持させないようにしているのかも知れません。
さもないと大混乱になるぞと… 私には本当に理解できません。全く意味がわかりません。

V: スラビャンスクで、民間人や民間住宅が爆撃されているのは偶然だとは思えません。人々の雰囲気はどうでしょう? 彼等は、ドネツク人民共和国支持派なのですか、それとも、キエフ支持派ですか?

P: ドネツク人民共和国の人々でなく、一般の民間人に関する限り、皆が懸念しています。
爆撃開始以来、そういう感情は消えました
ポロシェンコは一体何をやっているのだ? 一体なぜ彼は我々を殺しているのだ?
一体なぜ自国の大統領が国民を殺戮しているのだ?


”民兵兵士に関する限り、彼等と話した限りでは…今週、こちらに来て、彼等の何人かと話しましたが…
いの一番、私がアメリカ合州国からやってきたと言うと - 彼等がいの一番に私に説明したがるのは、
自分達はテロリストではないこと、自分達は現地住民で、彼等がファシストと呼んでいる政府から、自宅を守りたい一心であること、キエフにある国民を殺害したいだけの連中は本当の政府ではないことなのです。
そして、彼等は降伏するつもりはないと思います。
彼等全員にとって、もし降伏すれば、一家は死ぬのです

彼等はそんなことを考えているように思います。

V: ロシア兵士は目撃しましたか?

P: 違いを理解するのは実際不可能でしょう。私はロシア軍兵士は目にしていません。
憶測することはできませんが、プーチンが、クリミアでの、彼の行動を正当化した言葉、攻撃からロシア国民を護るのだ、といったのは覚えておいででしょう。
ですから、こういうことが起きているのですから、彼は軍隊を送り込むだろうと考えても当然でしょう。
クリミアのロシア国民を保護したいと彼は言ったのです。
ここでは、はるかに多くのロシア国民が窮地にあるのです。
ここの人々はこんなことを考えています。“彼は一体何を待っているのだ? 一体なぜロシア政府は我々を助けてくれないのだ?

V: つまり、人々はプーチンの援助を待っているということですか?

P: そう、そうです。実際に人々は、いささかいらだちはじめています。
人々はクリミアの状況から、こういう考えを思いついたのですから。
しかし人々はここで住民投票をして、(ロシア編入)を要求したのです… ウラジーミル・プーチンに捨てられたと感じている人々もいますし、中には、現時点で彼は偽善者だと考えている人々もいます。

V: お気の毒に。そうした人々のことが本当に心配です。何かほかにおっしりゃたいことはありますか、我々が知るべき重要なことだと思われるような?

P: 申しあげたいのは、民間人がここで亡くなりつつあるので、それを止める為に何かがおきる必要があるということだけです。

V: あなたはご自分の命が心配ではありせんか? 私はお二人がとても心配です。

P: この時点では、そう思いません。
何度かありましたが。何日か… 爆撃が始まった初日、我々は町にいました… わかりませんが、ビデオをご覧になりましたか?
歩いていて、爆弾が落ちてきた時には、本当に走るしかありませんでした。
我々の周囲至る所に落ちてくるのです。爆発は実に強烈だったので、ホテルに帰り着いた時には、耳が鳴っていました。
あの時、我々から3-4メートル離れたところに落ちた迫撃砲が何発もあったと思います。
でもこれは毎日、毎晩のことなので、当たり前(笑い)のようなものになってきていて、どう対応すれば良いかもわかりはじめています。

V: 爆撃の間、一体どうすれば良いのか誰か教えてくれたのですか?

P: 誰も。自分で考え出すのです。
損傷したビルを見て “そこに砲弾が当たって、こういう風に爆発するのだから、爆撃時には、窓からこれだけ離れていれば、多分安全だろうという風に考えるわけです。

V: あなた方が、欧米いたるところでこれをニュースにしておられないのはショッキングです。一体なぜマスコミは、こうした情報をほぼ完璧に報道管制しているとお思いですか?

P: うーん。私は…(ためらい)ロシアが残虐行為をしているのではないからだと、ウクライナ政府がやっているせいだと思います。
もしロシアがこれをやっていたら、話は全く違っていたでしょう。

V: あなたが撮影された画像を、どこかの放送局に送りましたか?

P: クリスチャンはブログを書いています。cbmalaparte.wordpress.com で。
私はパトリック・ランカスターという名前の自分のyoutubeニュースを持っています。
RTとは連絡をとりあっていますし、他の局にも我々の映像を載せようとしていますが難しくて。何時間分ものビデオがあり、もしどこかの会社が私に連絡をしてくれれば、必ず可能です。

V: あなたと連絡する一番良い方法はなんでしょう?

P: フェースブックと、ツィッターです。私のフェースブックは、Patrick John Lancasterです。ツィッターはPLnewstoday。クリスチャンのTwitter名は@CBMalaparteです。

クラマトルスクで、爆撃にあった際のパトリックとクリスチャンの解説と画像はここにある: (WATCH IT)

最新ニュース
クラマトルスクの都市の中心部は迫撃砲で攻撃されている。
爆発は現地時間2225に始まった。
私はブロガーで、作家のクリスチャン・B・マラパルテと、他の10人の人々と一緒だ、中心部のクラマトルスク・ホテルの地下で。
迫撃砲が、ホテルから50-200メートル以内に落下しているように思える。
確信はありませんが、ホテルも爆撃された可能性があります。

これまでのところ、二波の迫撃砲攻撃があり、攻撃の間には休みがあり、各波がどれだけの時間続いたか、さだかではないが、永遠のように感じられた。
第一波が済んだと思い、何か記録しようとして、外出した。
我々は外に出て、数ブロック歩くと、大混乱となり、迫撃砲が頭上でヒューと音を立て、爆発し、ホテルの地下へと駆け戻る最中、榴散弾片が飛び散り、金属の大きな破片が我々の周辺至る所の地面に当たった。

第三波は、他のものより短く、5回の爆発のみで 非常に近かった。
我々の周囲で、約35-45回の爆発ということになろう。
多くの無辜の民間人の命を失ったのは残念だ。
今晩は眠らず、明るくなり次第、損傷を確認に出て、霊安室にゆくつもりだ。
今晩の迫撃砲攻撃が終わったことを願いたい。

ヴェラ・グラジアデイは、イギリス人、ウクライナ人、ロシア人女優・作家。http://veragraziadei.wordpress.com でブログを書いている。

記事原文のurl:http://veragraziadei.wordpress.com/2014/07/05/i-interview-an-american-photographer-in-kramatorsk-about-life-under-bombs-the-civilians-are-dying-here-and-something-needs-to-happen-to-stop-it/
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん