fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

人為操作!舛添は各市区でピタリ猪瀬の0.48

  「敗戦前夜の陰鬱」舛添得票は猪瀬得票の48%  3/13 「逝きし世の面影」氏から抜粋。

不正選挙

『わざとらしい(視覚的に明らかな)不正選挙の痕跡』

2月9日の都知事選では、今回何とも奇妙なことが起きていた。
孫崎 享がツイッターで何度も指摘しているのですが、総選挙と一緒だった1年前の猪瀬票(史上最大の434万)の0・48かけ(48%)が今回の枡添票で、ぴったり市区別の得票が同じ按分になっている
これは人為的操作以外に有り得ない。日本の民主主義は幻であると喝破しています。

しかし逆に、どこの地区も猪瀬票×48%=舛添票になるように『不正選挙の足跡』を誰にも分かるように『わざと、くっきり残した』とも解釈出来る摩訶不思議な成り行きなのである。
今回のような全選挙区の操作よりも一部の大選挙区の操作の方が容易であり、費用対効果の面で、通常では有り得ない(後進国でも起きないような)『不正選挙』なのである。(手間がかかりすぎるし、図表から一目で不正選挙がイメージされる危険性が高い馬鹿馬鹿しい愚行)

『孫崎享チャンネル』

『東京都知事選、桝添獲得票=猪瀬獲得票×0・48%をもう一度考えてみよう』

1:すでに配信したように、
  桝添獲得数はほぼ全ての選挙区で猪瀬獲得数のほぼ48%である。
  石原氏の獲得数(最後の知事選挙)はほぼ0.60である
  日の出村、檜原村、奥多摩町 、大島 、利島、新島村等投票数の少ないところ、監視できる所はばらつきがある。

2:何故こう出来たかは横において、人為的操作がなければこの様な現象は起きない。桝添氏票に0.48かけたものが得票数とされたことは多分間違いない。
桝添氏の票は自民公明の組織票だからこういう現象が起こるという論はもっともそうである、
しかし、自民党票は桝添200万、田母神に割れた、この中、全ての選挙区で同じように割れるという事はありえない。

3:この現象は投票と言う民主主義の根幹に触れる問題である。

(孫崎 享の3~4日前のツイッターから、)
『国連事務総長に嘆願する。俺たちにゃもう、自分の国を治めたり、自由で公正な選挙をやる能力はない。俺たちにゃ、国連監視員、国連軍、国連決議が必要なんだ! 俺たちゃアもはや、発展途上のバナナ共和国に成り果てた!!」』

『東京都知事選挙:「各区の枡添氏得票率=猪瀬氏得票×0.48で+-0.02内」の意味合いを理解すれば仰天する。しかし事態があまりにも深刻すぎて既成概念とかけ離れ、「まさか、ありえない」ですます。確率的に自然には発生しない現象だ。』

『各区の枡添氏得票率=猪瀬氏得票×0.48で+-0.02内。宇都宮氏は前回の1,01.これとの乖離が0.1(つまり10倍)以上になる所は8区になる。』

『東京都知事選、桝添獲得票=猪瀬獲得票×0・48%をもう一度考えてみよう,
自民・公明は舛添200万、石原60万に分離。その中全ての区でほぼ桝添=猪瀬獲×0・48%あり得ない。民主主義存在してない。』
 ーーーーーーーーーーーーーーー
(※ もうすぐ北風) 

 明らかに投票結果の人為操作である。
 1年前の猪瀬獲得票自体も十二分に人為操作の可能性が高いが、各市区それぞれその票のピタリ0.48とは、正当な選挙結果ではないこと、不正選挙であることを露骨に示している。

 ただ、あまりにも露骨である。
 集計システムで不正操作を行ったことを、わざわざ知らせているとも取れる。
 ムサシの資本には国際金融資本の優等生たるゴールドマン・サックスが入っている。
 不正選挙が行われていることを意図的に知らせるための、一律0.48だったとしたらどうだろう。

 ネオナチばりのゴロツキ右翼も頓珍漢な舛添も軍産複合体にとっては使いでがあるだろうが、本流である国際金融資本にとっては厄介な「危険人物」でしかないだろう。
 非公然な抗争の結果露出が創りだされたように思われる。   
関連記事

ただいま被曝中(31)報道ステーション

    報道ステーション  3/12  「ただいま被曝中」氏から

昨日の報道ステーションはすばらしかった。
http://video.fc2.com/content/20140312JZvVD1ya/&otag=1&tk=&start=24.732

報道とはこのようにあるべきで、どちらも隠蔽も誤魔化しも無いというのならなんら問題のない非常にフラットな報道である。

アベノテレビであるNHKはなぜこのように報道出来ないのか?
視聴率が1%を切るような25時とかにひっそりと偏った取材映像を流したりして・・・

先日仕事でお客さんのところへお邪魔した時、近所の仮設住宅に住んでいるという浪江町の町民のかたが遊びに来られていた。
少しだけお話を伺っていると、

『この前テレビで仮設に取材に来て、みんなインタビューされてから私らも言ってやったのよ。帰れる訳ないでしょ!って。
地震が起きて家の中がぐちゃぐちゃのままでさ、屋根や壁が壊れてるのに浪江に入るなって言われて帰されなくて。
今度は線量が下がったら帰宅準備区域にしますだなんてありえないでしょって。
3年も痛んだままの家が放置されてままで、はいそうですかって住めると思ってるのかって!
言ってやったのよ。
みんなもそれぞれ帰れないっていってるのに、○○の爺ちゃんとかが、帰れるんなら今すぐにでも帰りてぇ~。。。なんて言ったら放送の時、そこんとこだけ流して私ら全部カットだよ。
半日もいたくせに!』

と怒られていた。

3/11から23日まで無料で見れます。
「フタバから遠く離れて」
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JWjW_5lszQw

今日も国会中継をラジオで聞きながらいろいろ考えていた。
何故にこのように相手を牽制しつつ屁理屈を言いあわなければならないのか?
野党も市民団体レベルのあげ足取りという下らない事を何故しなければならないのか?

普通に考えておかしくないですか?の連発で十分だとさえ思うのだが。
つまり基より信頼関係が崩壊しているのだと感じた。
議論をする中でもある程度の信頼関係は必要である。

なぜなら平気で嘘をつき、平気で約束を破るような相手とは議論の意味がないからである。
国会中継を見ていると、野党から政府に投げられる疑念はすでに信頼はゼロであるということが基本であるようにさえ感じる。

文脈の腰を折って話を捻じ曲げ、一向に議論が進まない。
子ども相手でももう少し進むものだ。
要するに千日手狙いの誤魔化し。

つまり根負けすれば次の罠に掛かる事が目に見えているためである。
しかしその罠も、所詮は罠でしかない。
つまり国の為ではなく、政党や己の功績の為に過ぎない。

こんなものに税金を払って、足りないと言われている。
そしてもっと笑えることに、有識者ぶったジジイが『福祉には金がかかるから仕方がない』という。
簡単な机の上の仕事を毎日定時まで頑張って来られた方々はお年を召すと、話の主旨さえ飲み込めなくなるらしい。
なるほど、吸引機を用意すべきだろう。

キチンと保障が約束された国家で信頼できる政府の下なら足りないものは出すべきであろうが、国会中継自体がアホくさくて不愉快で聞いていられないような内容なのだがどうなのか?といっているのである。

AKB大島優子が公共の電波を使って卒業を表明した事についてグダグダ暇人が屁理屈を言っているようだが、その暇人たちは国会中継は見ていないのだろうか?

こんな下らない議会を開いている事も問題だし、それを放映し続けているNHKも問題だし、横やり大好きな連中がこう言う当たり前のことに疑問を抱く能力が無いのは全く持って情けない限りである。

報道ステーションでの古館さんは随分前から勇気ある報道をしてこられている。
全てに関して彼と同意見ではないが、彼の真摯な仕事ぶりは賛否の問題を遙かに超えてリスペクトするに値する。

当たり前の事を普通にするだけで素晴らしい世の中!

なんと低い世の中なんだろう♡
関連記事

ただいま被曝中(30)満3年を迎えて

    満3年を迎えて  3/11  「ただいま被曝中」氏から

あれから3年が経過した。

メディアが2011.3.11を特集していた。
改めて感じることは、あの時、せめてこのくらいに報道していてくれたなら… とか感じた。

どうしてお上の言うことは絶対なのだろう?
北朝鮮も民主主義だが、こういう社会の事をそう呼ぶのだろうか?
都合が悪い時は国民主権で、強引に都合よく進めるときは責任は総理にあるのだから首相が決めるのだ、、、とか…

呆れる。

とてもレベルの低い国家で生活していることに、とてつもない不安を感じる。
人命より経済。

間違った人を選ぶから悪いのではあるが、しかし、それにしても正義感のあるごく普通の常識がある方はこんなに稀なのだろうか?
こんな国で働いてこんな国を繁栄させるために、、、いや繁栄させるためならまだ良いが、、、税金を納める価値を感じない。

決して税を納めたくないというような、低いレベルのことではない。

日本も必ず暴動が起きるだろう。
現在の日本は、数十年前には考えられないほど義理も恩も恥も外聞もない国民の集まりになっている。

災害時において、礼節を守る優れた国民であるかのように言われているが、それは必ず元に戻る事を想定しているからである。
ここでズルをしてみんなに後ろ指さされたら、復興後まともに付き合って貰えないことを知っているからである。

しかしどうであろう。
復興出来ない政府である、出来ない国であることがバレたなら・・・ こんな国、いつでも捨ててやると思われたなら。
今の日本人であれば多くの身勝手なニンゲンが、二度と会うこともない人々に気遣いはなくなるのではないだろうか?

そしてそういう輩が暴動を起こし、退屈していて、自らの愚かさを全て他人のせいにして生きている連中がこれを良いことに、思想もなくただただ暴れまわるであろう。

政治家は職業意識を捨てるべきだ。
政治家こそボランティア精神で挑まなくてはならないし、高い理想と思想、そして強い意志を持たなくてはならない。

この村がなくなったら自分は失職してしまうから、なんとか帰村させないと・・・
などと情けないことを考えてはならない。

有権者の代表なのだから、皆を守る事を第一に考えなくてはならない。
そして有権者は、あの政治家が駄目だからだと言ってはいけない。
子を育てる親のように政治家を正しく育てなければならない。
子を育てる親は金次第で育て方を変えてはならない。

311とは関係ない内容であるかのように思われるであろうが、結局この3年間さまざまな活動の中で様々な人々と出会い、何度もお話を伺ったり、あちこちでのトラブル等を見聞した結果、人は弱い生き物なのだと言う事が良くわかった。

それはジャンルにとらわれず、政治家であろうが市民団体であろうが企業の一部である方々であろうが・・・である。
だれのせいでもなく、全ては自分の責任として考えなくてはならない。

依存は最悪である。
責任転嫁も最悪。

問題から逃げようとする人々が体感で約90%いる。
そして最前線に立って問題に立ち向かう人に対して、ただただ横やりを入れて邪魔をする。
邪魔をするのなら、自らの理想を立てて突き進めばよい。

人の邪魔をしたり上げ足を取る暇はないはずなのだ。
我々はすでにそんな悠長な時間を与えられていないことに早く気付くべきである。
そういう、無能なだけでなく有害なニンゲンの為に、立ち向かう人々はさらに減少する。

もっと真剣に考えるべきである。
こんなことで何がどう改善されるのか。

ひとりひとりが考えなければならない時期が訪れている。

全ての日本人と誇り高い同志でありたいと心から願う。
 ーーーーーーーーーーーーー
福島信夫山
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん