fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

現在のエジプト、2月下旬の状況

 ラバア広場
 2013/8/13 ラバア広場

   朝日中東マガジン2月27日の記事より。   「エジプト在住者」から

お久しぶりです。
突然更新をストップしていたので、いくつかの生存確認メッセージまで頂いてしまいましたが
元気に暮らしていま~す。
いやもう、暫定政府の茶番が進むにつれて呆れるやらあほらしいやらで書く気が失せてしまっておりました。
お休みしていた二ヶ月の間の一番のニュースといえば、シナイ半島での観光バス爆破テロ。
その前にも治安本部前が爆破されたり、警察官が銃撃されたり。シリア人がますます迫害されてたり。
アルカイーダ系(という呼び方が正しいのかどうか。実体がはっきりしていないのがテロ組織なので・・・)
がついに動き出してきましたね。
声明によると、暫定政府への抗議として、経済の主軸である観光関係施設と、天然ガス関係を狙うそうで、「テロだらけの国」へと一歩一歩・・・。
夫は7月の時点から、過去のアルジェリア並みにテロだらけになる、と予想していましたが。

で、今日は久しぶりに更新をしようと思ったきっかけが、朝日中東マガジンの2月27日付けの記事。
朝日新聞中東局長の川上氏が編集されている、月額300円という有料サイト。
前半部分は一般公開されているので、貼り付けます。続きが気になる方は、購読して下さいね。

私が激しく共感した部分や今後のキーワードになる、と思った部分を勝手に赤字にしておこうっと。

   軍出身の政治アナリストが指摘するエジプトの民衆の新たな動き 川上 泰徳

エジプトで1月の国民投票で改正憲法が承認され、次は大統領選挙が4月にも実施される見通しになっている。
昨年7月に、選挙で選ばれたイスラム系のムルシ前大統領をクーデターで排除したシーシ国防相(軍総司令官)が最有力候補として上がっている。
街頭には早くもシーシ氏のポスターが出ている。
しかし、一方で「クーデター反対」のデモも続いている
クーデター後に任命されたベブラウィ暫定首相は突然、辞任したが、その背景には、公共バスの運転手や道路清掃公社の労働者が大規模な「賃上げ要求」ストが広がり、政府への批判が強まったためという見方が一般的だ。

 いまのエジプトの状況について、エジプト人の退役軍人(少将)で、退役後、民間の「国防・軍民間関係戦略対話フォーラム」の所長をつとめる政治アナリストのアーデル・スライマン氏(70)にインタビューをした。
スライマン氏は「私は軍の出身であり、シーシ氏に反対するものではない」と断った上で、軍の政治に関わることが「国を危うくする」との見方を示した。
スライマン氏は「エジプトで起こっている全く新しい民衆の変化」について語ったことは、現在のエジプト情報を考える上で参考になる指摘である。
 以下に一問一答を掲載する。

問い:いまのエジプトの情勢をどう見ているか?

アーデル・スライマン氏 2011年1月25日に民衆のデモが始まり、2月11日にムバラク大統領が辞任した。
ムバラクが辞任した後、全権を掌握したのは軍最高評議会だった。
ムバラクは辞めても権力は国民にわたされることはなく、軍が保持したわけで、体制は何も代わらなかった。
体制の長は辞任したが、体制そのものは残った

ムバラク辞任の後、民主的な選挙があり、議会が生まれたが、軍最高評議会の指令で議会は解散させられた。
その後、大統領選挙があり、イスラム組織のムスリム同胞団から出たムルシが大統領に選ばれた。
しかし、その大統領も、昨年7月に軍の介入で排除された。
また軍の支配が新たに始まり、結局、何も変わっていない
変ったのは、民衆だ
2011年は革命にはならなかったが、体制を変えようとする民意の噴出があった。
最初は民主主義や権利や自由を訴えてデモに出たのは中流の人々や文化人だったが、その動きが、その後、国民の多数を占める貧しい人々の政治への目覚めを起こした

問い:昨年夏の軍によるムルシ排除をどう考えるか?

スライマン氏 私は、それは「クーデター」とは呼ばない。
クーデターというのは、権力を転覆することだが、ムルシは選挙で選ばれて大統領になったが、ムルシは大統領のイスについただけで、もともと権力は何も有していなかった。
軍も、警察も、官僚組織も、司法も、国家の権力を担っている機構は何も、大統領であるムルシの意のままにならなかった。
ムルシは権力を行使する統治の手段を何も持っていなかったので、大統領と言っても名前だけだった。
軍の介入は大統領だったムルシ個人を排除しただけだ。
つまり、ムルシ大統領の下で、権力を陰から支配していたものが、ムルシを排除して、表にでてきただけだ
軍の動きを支持したのは、国民の中にいた体制が変わることを望まない者たちだ。ムバラク時代に体制から利益を得ていた企業家であり、さらに腐敗した政府の幹部職員たちだった。
そのような旧政権系の人々は決してわずかではなく、人口の1割よりも少し多い割合を占めていると私はみているが、ムルシは行政のありかたや、投資のありかたなどを変えていき、少しずつ体制の変革を進めようとした。
それは旧政権勢力にとっては許されないことだった。
だから、軍を支持して、ムルシを排除した。
そのような人々は、もう一度、昔の時代に戻ろうと望んだ。
軍は政治への介入に合法的な体裁を与えるために、まず、憲法を改正して、国民投票で実施した。
その後は大統領選挙で、軍の最高司令官であるシーシが立候補して、選挙で大統領に選ばれる。これがいまのシナリオだ。


問い:軍による政治介入の影響は?

スライマン氏:選挙で選ばれた大統領を排除するのは、民主主義を求める国民の意思を裏切ることになった。
2011年後にエジプトで出てきた新しい民衆の変化がある。
国民の多数を占める貧しい民衆が、都市でも地方の田舎でも、権利や自由を主張し、民主主義を求める声を上げ始めたことだ
これは、それ以前にはなかった、全く新しいことだ。
このような人々は、2011年1月25日に、エジプトで反ムバラクデモが始まった時にも、デモには参加していなかった。
この時に参加していたのは中流の人々であり、文化人などエリートが多かった。
しかし、この時の民意の噴出が、それ以外の、より貧しい人々に「政治的な覚醒」をもたらした。
2012年の大統領選挙でムルシに投票したのは5000万人の有権者のうちの1300万票である。
同胞団の支持層は国民の10%を超えることはないと私は見ている。
ムルシが獲得した票は、同胞団の支持者をはるかに超えている
ムルシに投票した人々には、それまで政治に関わったことにないような貧しい人々も多く、ムルシに政治をやらせて政治を変えようとした。
なのに、軍は力でムルシを排除した。
貧しい民衆は自分たちの投票が反古にされたと反発し、その後、反政府のデモに参加するようになっている。
そのような政治参加の広がりによって、いま、エジプトの社会は変わり始めている。
国民の多数である貧しい民衆が政治にかかわる形で、革命が続いているということだ。

問い:政府や新聞は、デモをしているのはムスリム同胞団の支持者で、彼らは国民への影響力を失っていると報じているが?

スライマン氏:新聞はすべて政府の統制の下にあり、自由な報道はない。
反体制デモの参加者が減っているというのは、政府の宣伝であって、自分で通りに出て見れば、数は増えていることが分かる。

地方の村々でもデモが始まっている。もし、街頭でのデモ隊がみな、同胞団の支持者であれば、全国の町や村などいたるとこでデモが広がることはあり得ない。
私は同胞団の支持者は人口の10%を超えることはないと見ている。
同胞団はどんな村にも彼らのメンバーがいて、慈善運動などを通じて、貧困層の生活につながっている
彼らは国民の多数がどこにいるかを知っているということだ。
同胞団は、政党や政治組織という前に、社会の一部になっている
国民の多くは、同胞団が権力を支配することにも反発するが、だからといって、全国に広がり、社会の一部となっている同胞団を排除することも出来るものではない

ただし、いまの反政府デモは、同胞団の支持者の範囲をはるかに超えている。
全国でストをしている公共バスの運転手は、みんな同胞団か? そんなはずはない。
昨夏の軍の介入でムルシが排除された後は、同胞団の支持者が多かったが、いまは同胞団の支持者だけではない。
同胞団の支持者だけなら、8カ月も延々とデモがつづくことはないし、数を増やすことはない。
同胞団の支持者ではない新しい人々が参加しているのだ。


問い:軍の介入後、政府の言論統制や警察によるデモ規制など国民への圧力が強まっているが。

スライマン氏:政府や警察の圧力は確かに強まっているが、国民はそれに服従せず、反発は逆に強まっている
民衆はもう警察の圧力を恐れなくなっている。
2011年1月前には、民衆は権力や警察を恐れていたが、いまはちがう。
強権体制は民衆を恐れさせることで支配していたが、その恐れが崩れてしまった
もう、強権支配の時代は終わった。
貧しい民衆が、民主主義を求めて街頭に出ている。警察の車に火をつけたりしている。
今日、父親がデモに出て、警察に殴られれば、翌日はその息子がデモに参加し、兄が警察に捕まれば、翌日は弟がデモに参加する。
民衆が権力を恐れないということは、新たな困った問題を生んでいるのだが、もう、強権で抑えることはできないということなのだ。


問い:どうして民衆が変わったと分かるのか?

スライマン氏:民衆と話せば分かる。
家にきている家政婦と話すだけで分かる。
通りにでて、デモをしている人々を見れば分かる。
それまで政治を語らなかった人々がいまは政治を語るようになっている。ところが、いまの政府や軍には、…「続きはログイン・ご購入後に読めます」
・・・・・・・・・・・・・・
とまあ、ここまでしか公開されていないので、ここでカット。
いまだに「同胞団のデモ」だの「同胞団支持者のデモ」と決め込んで、思い込んでいる方々に
これを見て、少し認識新たにしていただけたらな~と期待をこめて。
まあ、人はそうそう変わらないので難しいけどね。

ただいまエジプトの学校(インターナショナルを除く)は絶賛冬休み中。
通常より一ヶ月遅れの3月9日からスタート予定だけど、どうなることやら。
もともと夏休みが3ヶ月近くあるのに、冬も2ヵ月って、いつ勉強するねん!

延長の理由は、「豚インフルエンザ(こちらではこの呼称)の流行によるもの」との事だけど、実際は
大学がスタートすると、また学生のデモが活発になるのを恐れているんだろうな、と予想がつく。
明日は大統領選挙の要項についての発表があると言われているけど、さてどうなるか?

というわけで、何~にも落ち着いていないエジプトより、久しぶりの更新でした。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
※ 筆者の安全を確保するため、リンク及びブログタイトルなどは省略しています。
 ーーーーーーーーーーーーーー 
 ※ エジプト関係のページ。

・ 中東への分裂謀略が続く
・ 狂信的シオニストと闘うパレスチナ
・ エジプト反政府デモは勝利するか
・ 反政府闘争はムバラク追放では終わらない
・ 復興するイスラムの力
・ 復興するイスラムの力(2)
・ R・フィスク批判:民衆か宗派かではない、闘う思想の重要性
・ エジプト革命、大統領が軍政幹部を解任
・ アラブの春と欧米帝国主義
・ ムスリム同胞団と欧米帝国主義、エジプトクーデター
・ 無差別虐殺が続いているエジプト:フィフィ
・ デモ隊排除ではない、行われているのは大虐殺:植草
・ 無差別虐殺が続いている8/16エジプト:フィフィ
・ 大虐殺の日、8月14日
・ シーシーが殺されるか逃亡して終わる:インタビュー(カイロ)
・ 大虐殺前、ラバア広場の人々

 ※ このブログ内でのアラブ、イスラム、パレスチナ関係ページのリンク。

・ 国際金融資本の成立
・ 中東への分裂謀略が続く
・ 狂信的シオニストと闘うパレスチナ
・ エジプト反政府デモは勝利するか
・ 反政府闘争はムバラク追放では終わらない
・ 復興するイスラムの力
・ 復興するイスラムの力(2)
・ R・フィスク批判:民衆か宗派かではない、闘う思想の重要性
・ バーレーンからサウジへの道
・ シオニスト国家を揺さぶる大デモとギロチン
・ 傲慢に偽装する欧米の大マスコミ
・ 孤立を深めるシオニストと復興するイスラム
・ 自ら自分の首を絞めるシオニスト国家
・ イラクの次はリビアを帝国主義軍事侵略
・ 米軍のイラク撤退とイスラム復興勢力
・ シリアへの帝国主義軍事侵略が始まっている
・ 帝国主義によるシリアの内戦
・ イラン経済封鎖で政府転覆を狙う米国
・ 石油価格と通貨防衛のため内戦を仕掛ける欧米
・ WikiLeaks:米主導のNATO軍がシリアに入っている
・ 暴かれるシリア偽造報道とフランスの豹変
・ 帝国主義がシリア空爆を準備している
・ シリア軍事侵略は挫折か
・ イラン核問題は妥結に向かうか
・ 米国、イスラエルがイランにサイバー・テロ
・ ガザの解放とアラブの統合
・ シリア空爆に向けて捏造をアップするマスコミ
・ シリアのソマリア化を狙うシオニスト
・ シリアに殺人傭兵会社が入っている
・ エジプト革命、大統領が軍政幹部を解任
・ トルコに砲撃挑発はトルコとシリア反政府派の謀略
・ 狂信的シオニスト国家と戦うパレスチナ
・ ガザの住民虐殺を続けるシオニスト
・ アルジェリア人質事件は欧米の政府転覆謀略か
・ マリ侵攻とアルジェリア事件
・ シオニストが謝って済むなら神はいらない!
・ アラブの春と欧米帝国主義
・ ムスリム同胞団と欧米帝国主義、エジプトクーデター
・ 無差別虐殺が続いているエジプト:フィフィ
・ デモ隊排除ではない、行われているのは大虐殺:植草
・ 無差別虐殺が続いている8/16エジプト:フィフィ
・ 大虐殺の日、8月14日
・ シーシーが殺されるか逃亡して終わる:インタビュー(カイロ)
・ 大虐殺前、ラバア広場の人々
・ 戦争屋の理屈、シリアで化学兵器
・ こんどは無実のシリアを攻撃する欧米帝国主義
・ シリア攻撃、軍産複合体の禁断症状か
・ サウジが給料も化学兵器も供給
・ 欧米の大量破壊兵器「民主主義」、オバマの後退
・ 戦争犯罪に進む米国、対シリア限定戦争の嘘
・ シリア攻撃阻止でG20を牽引するプーチン
・ シリア危機のまとめ、中東の安定へ:田中
関連記事

ウクライナ情勢:ロシアの声

 日本の報道はウクライナ政変を引き起こした当事者である、西側の報道にのみ依拠しているため、ヤヌコビッチ大統領側の発言はほとんどが報道されない。
 ロシアの声が伝えるウクライナ情勢、ヤヌコビッチ氏の発言。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
  ヤヌコーヴィチ「私は今もウクライナ大統領だ」  2/27  ロシアの声

ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ氏は27日、国民へのメッセージを発表し、今も自分は大統領であると語った。
ヤヌコーヴィチ氏は21日に野党勢力のリーダーらと結んだ合意が履行されていないことを強調した。

野党が合意を履行しなかったことにより、過激主義者の跋扈を許すことになり、悲劇が一層深刻になった。21日以降ウクライナ議会が調印した決定は非合法である。このようにヤヌコーヴィチ氏は強調した。
 ーーーーーーーーーーーーーー
  クリミア議会、住民投票の実施を決める  2/27

クリミア

ウクライナのクリミア自治共和国議会は、同自治共和国の今後を決める全クリミア住民投票を実施することを決めた。
クリミア議会議長団の住民向けメッセージには次のように記されている。

「ウクライナは完全なるカオス、専制、経済的崩壊に落ち込もうとしている。こうした状況を受け、クリミア最高議会は、クリミアの命運について全責任を引き受ける」

「全クリミア国民投票の実施によって自治共和国のステータスを向上させ、その権力を増大させることによってのみ、自治共和国は外部からの圧力や指導なしに、自らの力によって、自治共和国の命運を定めることが出来ると確信している」
 ーーーーーーーーーーーーーー
  EU:ウクライナ大統領はアレクサンドル・トゥルチノフ  2/28

EU は、ウクライナ大統領はアレクサンドル・トゥルチノフであると考えている。ヤヌコーヴィチ氏が「自分は依然ウクライナ大統領である」との声明を出したことに対し、欧州委員会公式代表オリヴィエ・バイイ氏が述べた。
「民主的合法性の砦たるウクライナ議会がヴィクトル・ヤヌコーヴィチの解任を決めた。同じく議会の決定により、大統領代行にアレクサンドル・トゥルチノフ氏が任命された。よって、我々にとっては、彼がウクライナ大統領だ」とバイイ氏。

ウクライナ議会は22 日、「憲法に基づき全権を遂行する立場からウクライナ大統領を解任する」決定を下した。追って26 日、ウクライナ検事総長代行が、ヤヌコーヴィチ氏を国際指名手配すると発表した。
 ーーーーーーーーーーーーー
  ロシア:クリミアは自決権を持っている  2/28

ロシア議会下院(国家会議)のアレクセイ・プシコフ国際問題委員会委員長は、クリミアが投票による自決権を持っているとの考えを明らかにした。
プシコフ委員長は、国民投票は合法的であり、もし多数が賛成票を投じた場合、クリミアの立場を変更する法的根拠を持つものだとの考えを示している。

本日、ウクライナ政府は国連安全保障理事会に対し、緊急会合を開催した上で、クリミア情勢のモニタリングおよび主権侵害の場合には必要な措置をとるよう求めた。プシコフ委員長はこれについて、クリミア住民に圧力を加えるのを正当化しようとするものだと指摘した。

国家会議のレオニード・スルツキーCIS担当委員会委員長は、近いうちにもクリミアへの大規模人道支援が行われると発表した。これはプーチン大統領が昨日指示していたもの。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
  ヤヌコーヴィチ氏 ウクライナのために戦い続ける覚悟を表明  2/28

 ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ氏は「ウクライナの未来のために戦い続ける」覚悟を明らかにした。
ヤヌコーヴィチ氏は、28日、記者会見で次のように述べた―

「私がウクライナの将来のために、恐怖とテロルをもってウクライナを従わせようとする輩に反対し戦い続けるつもりだと、話す時がやってきた。私はこのことを、公にする決意を決めた。」
 ーーーーーーーーーーーーーー
   ヤヌコヴィチ氏「野党と合意調印後テロルと無法がウクライナを支配」 2/28

 ウクライナのヴィクトル・ヤヌコヴィチ大統領は、ロシア南部のロストフ-ナ-ドヌーで記者会見に応じ「野党勢力は、2月21日に結んだ合意を履行しなかった。その代わりに国内を無法とテロルが支配した」と述べ,次のように続けた―
「キエフは、武装した人々の洪水だった。彼らは、家や文化施設、寺院の破壊や略奪を始め、全く罪のない人々を傷つけ始めた。

当局と野党そして欧州会議による共同モニタリングのもと、ウクライナでの暴力行為について調査する必要がある。
 不法な武器を直ちに内務機関に引渡し、行政・社会機関の建物を解放し、あらゆる通りや辻公園、広場の封鎖を解かなければならない。

現在の状況から脱出する道は、ウクライナ大統領と野党勢力の間の合意で決められた事すべてを履行することにある。特に、直ちに憲法改革を始めるべきだ。そうしてから、今年12月に大統領選挙を実施し、新憲法を採択すべきである。」
 ーーーーーーーーーーーーーー
  ヤヌコーヴィチ氏「脅迫されウクライナを出ざるを得なかった」  2/28

ウクライナのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領は、自分がウクライナを出国したことについて「自分や家族宛に脅迫が届いたからだ」と説明した。
大統領は、「自分はどこにも逃げなかった」と述べ、同志達と会うためハリコフに行ったことを認めた。

また大統領は「自分と家族達の安全が保障されれば、ウクライナに戻る」と伝えた。
 ーーーーーーーーーーーーーー
  ヤヌコーヴィチ氏「ロシアはウクライナの混乱阻止に手を貸すべきだが、侵攻には断固反対」 2/28

ヤヌコーヴィチ氏は、ロストフ-ナ-ドヌーでの記者会見で「ロシアは、ウクライナでのカオスやテロルを阻止するために、持っているあらゆる可能性を用いるべきだ」と述べる一方で「しかし、ウクライナへの侵攻には断固反対だ」と強調した。
またヤヌコーヴィチ氏は「ロシアは、無関心でいることはできない。ウクライナのような巨大なパートナーの運命に対し、部外者であることなどできない」と述べた。
関連記事

ウクライナ、実体の無い民族主義

ウクライナ

 ウクライナの政権崩壊によって超国家主義を民族思想とする暫定政権が一応生まれた。
 先に「ウクライナの政変」の後半に書いたとおり、ロシアとウクライナの民族的な差異は非常に少なく、帝政時代もソ連時代にもウクライナ、白ロシア(ベラルーシ)といった民族性は極度に希薄なものだった。
 ソ連は15の共和国を設置したがウクライナ、ベラルーシは住民がその民族、共和国国民というよりはウクライナ人と言う意識は端的にいって無く、共和国というより実態は行政区域であった。

 民族国家は言語もしくは宗教によって区別される「民族」を基盤として構成されるが、ウクライナはそれを欠いているのである。
 ウクライナ民族主義なるものは、ソ連崩壊後に西側が獲物を収奪しやすく分断するために持ち込ん作られた思想である。
 現在、ネオナチのスヴォボダを加えて西側寄りの超国家主義が権力を握ろうとしているが、彼らが依拠するのは伝統的にナチスの侵攻時に協力した極西部住民の子孫のまた一部であろう。
 「ウクライナの政変はネオナチが支配した

 民族の根拠が欠けている「民族主義」は実体基盤がない。
 一時的な風潮に終わるだろう。
 ほとんどの「ウクライナ人」はロシアと欧米の経済支援を天秤にかけていると考える。
 ロシアにとってのウクライナは生命線だが、ウクライナにとってのロシアはさらにはるかに重要な生命線である。
 巨大な西側欧米に支配されることは決して利益にならないだろう。
 
 ウクライナとロシアの民族差異は、ウクライナ住民自身にとっても不明なほどに希薄なものであることについて、Global Research(カナダ)に掲載されたものを「マスコミに載らない海外記事」氏が翻訳してくれたので紹介します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「モスクワへの道はキエフ経由: ロシアを脅かすクーデター」の抜粋
Global Research

   ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界  2/28  翻訳「マスコミに載らない海外記事」氏から

東ヨーロッパ諸国の政策は、ウクライナ東部と南部ではロシア語が普及しているという事実によって、更に複雑になる。
正確な人口に関しては論争が続いている。
ロシア語とウクライナ語の近さゆえ、ウクライナの一部の地域では、現地人が、実際に、ウクライナ語方言で話しているのか、ロシア語で話しているのか判断するのは困難だ
非常に混乱するのは、自分がウクライナ人なのか、ロシア人なのか、あるいは、どちらの言葉なのかの境界線が決して明確でないことだ。

曖昧な言語の境界と、ウクライナ語もロシア語も、かつて一つの言語であったという事実は別として、民族的にウクライナ人である国民と、民族的にロシア人である国民の区別もあいまいだ。
ウクライナ政府によれば、約30パーセントのウクライナ人は、ロシア語を第一言語か母語と考えており、ロシア語話者だが、こうしたロシア語話者ウクライナ国民の、およそわずか半数が、実際は、民族的ルスキエ(ロシア系)だ。2004年に行われた社会学的研究で、ロシア語話者の人数は、実際にはずっと多く、ロシア語とウクライナ語は実際にはほぼ同等に使われていることが明らかになった。

第一言語としてウクライナ語を話す少数派ロシア系さえおり、第一言語としてロシア語を話す、それよりずっと多くのウクライナ系がいる。
多くのウクライナ国民は二言語を自由に話せ、ウクライナの多くの部分で、日常の言語や仕事用の言語として、ロシア語を好んで使う傾向もある。
歴史的・社会学的過程で、ウクライナ系の人が、ロシア系であることを選んだり、また逆に、ロシア系の人が、ウクライナ系であることを選んできた。
質問されても、多くのウクライナ国民は、自分がルスキエなのか、ウクライナ系なのかよく分からなかったりする

第一次世界大戦と第二次世界大戦の原因について何か記憶すべきことがあるとすれば、それは、一般市民の心を捉え、戦争支持へと操るべく、民族主義と例外論の感情が、アヘン剤のように利用されたことと、日和見主義者の台頭だ。
ウクライナの反政府派指導部は、支持者達の判断力を奪い、操る為、意図的に超国家主義感情をあおり醸成した
ウクライナ民族主義、具体的には、西欧指向の親欧州連合のものが、不健全な反ロシア感情基盤と、欧州連合の文化的優位性と、東スラブ人(とりわけロシア人だが、ウクライナ人とベラルーシ人も含む)の文化的劣等性というゆがんだ意識を基に形成されたのだ。

ウクライナ人とロシア人との間の様々な相似と、ウクライナ人かロシア人かという自己認識の複雑な関係が、反政府主流派を明確な反ロシア姿勢にさせているが、なかにはアドルフ・ヒトラーや、第三帝国や、そのソ連侵略を、あからさまに賛美する人々もおり、ウクライナ社会の結束や、ロシアやウクライナと国境を接する他の国々との、キエフの将来の関係にとって、極めて危険だ

記事原文のurl:www.globalresearch.ca/the-road-to-moscow-goes-through-kiev-how-the-protests-in-ukraine-transformed-into-a-coup-that-could-target-russia/5370479
-------
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん