fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

放射能オリンピック

 安倍「汚染水は、福島湾の0・3キロ圏内に完全にブロックされている。全く問題はない」。
 これほどの大噓を公然と世界に発言するとは。
 腐ったロビー活動と、とんでもない大噓でオリンピック開催を乗り切った政府と東京都。
 腐敗したIOCもさることだが、途方も無い大噓を平然とつけるこの連中の人格

 そして、この大噓発言を一切まともに論評しない日本マスコミの異常さ
 
 今も毎日2億6千万Bq/日の放射性物質が放出されている現実。
 東京区部でさえ、東部はウクライナの移住権利区域と同等に汚染されている現実。
 都心部でさえ、植え込み、緑地帯、街路樹マスなどは数千から数百Bq/kgであり、放射性廃棄物として環境から隔離保管しなければならないレベルの汚染。 

関東汚染汚染図説明
 関東の放射能汚染図とその説明(群大早川教授による)

 何よりも、何が何でも緊急なのは、放出を続ける放射能の封じ込めでなければならないはず。
 アベノミクスやら消費増税やら、TPPやらなどは、まずこの放射能放出を解決し、すべての原発を廃止する方針を決定してから議論すべきなのだ。
 「日本の政権は先ず原発事故を収束させよ

 誰がどう考えてもオリンピックなどと言う話ではないでしょう。
 健康と放射能に少し知識のある選手なら、参加しないだろう。世界のトップクラスの参加は大幅に減るだろう。

 昔、東京オリンピックがありました。
 私は当時中学生でしたが、その5年ほど前から国中オリンピック・ムード。4年前からはカウントダウンで「あと何日」だらけ。
 東京五輪音頭に五輪まんじゅう。嘘じゃありませんよ。
 首都高速建設、ゴミ箱廃止(それまでは各戸が自由のゴミ箱を設置し、養豚業者や堆肥業者が調達していた。青いポリバケツに統一され、業者は餌や堆肥を調達できなくなった。)。
 「世界中からお客様が来るんだ」ということで、挙国一致の異論封殺、マナー統制。
 この間の北京オリンピックの中国が、当時の日本とよく似ています。

 開会したら大会運営も選手たちも「テンション民族」丸出しで恥ずかしかったものです。
 その後に札幌冬季オリンピックは「音頭」や「まんじゅう」はなかったようですが、男子70mジャンプでは日本選手が飛んだ後に踏切台を大きく下げるという大インチキをやりすぎて金、銀、銅を日本が独占すると言う暴挙、愚挙。
 マスコミは「日の丸飛行隊」などと狂乱の賛辞。
 もちろん北欧勢などは許してくれずに、日本のジャンプはその後十年以上にわたってルール改正で虐められることになりました。
 
 そして、この放射能まみれとなった日本、原発事故の放射能封じ込めをサボり、放置している日本でオリンピックをやろうというその狂気。
 過去の東京オリンピックの経験から、すべてを動員してオリンピック教で押しまくるのは目に見えています。
 原発事故も今の汚染も、被曝被害者も、子どもたちの安全もすべて放棄することでしょう。

 まさしく、暗澹たる気分です。
関連記事

僕の遺書があっても自殺ではない:泉田知事

 泉田知事

「泉田知事、インタビューのあと、「ここまで言ったら危ないかも」と呟いた。:岩上安身氏」 9/7 書き起こし「晴耕雨読」氏から

岩上「インタビューを申し込んだのは知事の発言に注目が集まっている。順を追って論点を整理し、一通りお話をうかがいたいと思います。福島第一原発の問題、2007年の中越地震の時からお話をいただきたいと思います」

泉田知事
2007年の火災事故について、震度6強の地震が起きた。道が通るか、という問題。また、地盤沈下を起こした。これによって変圧器がショートして火災。東電の消防隊は水をかけることができず避難した。
地震が起きて火事が起きる。トラブルが起きるということ

岩上「消火栓はあったが、消防車がなかったと」

泉田知事
建屋とフィルターベントの施設を一体化させてほしいということ。これについて説明がされてない。
安全協定を破って安全審査申請をしたいと東電は言ってきた。
2007年の時は一体化するから大丈夫と言っていたのに、現在は離れていても大丈夫と言ってきている。
配管がはずれれば生の放射能が拡散する

福島事故の本質は、津波でも電源喪失でもない。これはきっかけでしかない。
冷却機能の喪失ということ。
常時冷やしておかないと2時間でメルトダウンを起こす。
原因が津波だろうと地震だろうとテロだろうと同じ


止める、冷やす、閉じ込めるが本質。
放射能を大量にばら撒いたのは2号機。その理由は格納容器が壊れたから
中の圧力が高まったため、水が入らなかった
だからベント、排気をするということ

アメリカではフィルターベントが義務付けられていない。
ベントの前に圧力を下げられるよう、事故が起きたらアメリカ軍が2時間で到着し、冷却を行う仕組みになっている。なので、ベント設備を作らなくてもいいという考え。

規制委員会が作った規制基準。これは原発の性能基準になっている。
いざ、事故が起きた時に対応する仕組みがない。規制委員会の田中委員長は『最低限の基準』と言っている。東電に聞くと『経営問題』だと」

廣瀬社長は汚染水問題で『3.11の教訓を学べなかった』と言った。そのような会社を信用できますかということ。
アメリカのスペースシャトル墜落事故は、組織面もルールも変えて対策をとって了解を得たと。

2時間でメルトダウンすることを運転員は知っていたのだから、冷やすことを確認すべきだった。
なぜうやむやになったのか。気が付かなかったのか、対応できなかったのか、なんら説明がない
これを立地地域がどう思うか。

事故調もいろいろあるが、一番客観的だった国会事故調の報告も、その後国会で引き継いでいない。
原子力規制委員会設置法4条2項に関係行政機関の長に対し、原子力利用における安全の確保に関する事項について勧告し、とある。
規制委員会には勧告する権限がある。
メルトダウンについて、誰が嘘を言ったのかを東電は説明する必要がある。
誰かが指示した。それを確定するべき


岩上「刑事告発されても誰も罰せられない状況があるますが」

泉田知事
誰も責任を取らない、真実を言わない、罪にならない
日本の制度自体を見直し、刑事罰を課すことも必要ではないか。
福島では何があったのか、検証し、総括して改善しなければ、私たち人類の危機

中越地震を経験して、歴史に恥じない決定をしたいという経緯がある。

岩上「原子力行政、経営のありかたについて、提言する方法はお持ちですか」

泉田知事
新潟県だけ唯一、技術委員会を持っていて検証作業を行っている。

岩上「経営では東電は赤字転落必死なので柏崎刈羽を動かすと言ってますが」

泉田知事
でもこれは破綻処理の原因にもなりうる。あとは免震重要棟。2007年の時はホットラインがつながらなかった。
『知事、もういいんじゃないですか』と言われたが、ここで黙ったら人類に対する裏切りだと思った。
免震重要棟を作ってもらって、結果的に新潟だけにあるのはおかしいということで、福島にも3.11の半年前にできた」

安全対策をする重要な根拠は、日本のプラントを海外に輸出したときに、日本が責任を取らなければならないことになる
使用済み核燃料もどうするのか、後世にツケが残る。目の前のことが心配なら破綻処理すればいい。

岩上「原子力行政のあり方は戦争と似ている

泉田知事
その通り
アメリカは被弾することを考えて、それを考慮した戦略をたてたが、日本は全く考えていなかった。
日本の意思決定の問題。

岩上「54基の原発が標的になるかもしれないと委員会でとりあげられたこともあったが、『そんなことも考えなきゃいけないの』となって、そのまま消えてしまった」

泉田知事
思考停止してるんですね。

岩上「ヤマザクラ作戦でも、統合エアシーバトルでも、原発が標的となって被弾することを全く想定されていない」

泉田知事
もともと原発は原子力潜水艦を大きくしたようなもの。3.11で米軍は初期段階が大事だと分かっていた。
なぜその手を借りなかったのか。民間事業者による対応も日本はしていなかった。
原発の意思決定をする人が原発のことを知らないのは困ると。武藤さんが(※技術の)トップだったけど副社長だった。

社長と連絡が取れない中で5000億飛ばすけど海水を入れる指示があなたにできましたか?と武藤さんに聞いたら、『できません』という回答だった」

岩上「日本が戦場になるかもしれない。敵地攻撃を防衛相も言っている。軍事的なエスカレーションの高まりもありますが」

泉田知事
秘密だから原因説明しなくていいということにはならない。スペースシャトル計画で爆発事故は原因究明された。軍事機密だから言えませんということにはならない。
なぜ事故が起きたのか、これを追求するのは規制委員会のはず。
委員の中に地方行政を分かっている人が一人もいない。
アメリカのNRCでは海軍が入っていて原子力対策について非常に強固なものになっている。

原発はアメリカの世界戦略。
結果として原子力の平和利用が始まったが、核兵器転用の副産物だった。処理も日本が負わされている。
日本が主権国家として意思決定をできているか、疑わしい。
事故の責任を現場に押し付けている。

ソ連崩壊の原因はチェルノブイリ事故だったと。
核戦争をやればその後の放射能の処理をどうするのかということを想起させた。被害は全て住民にきてしまうことを考えた上で議論すべき
 …………….
岩上:
泉田知事、インタビューのあと、「ここまで言ったら危ないかも」と呟いた。

「消されたり、自殺したり。でも、僕は自殺しませんから。遺書が残っていても、自殺ではない。
もし僕が自殺なんてことになったら、絶対に違うので調べてください」と言われた。

そんな物騒なことにならないことを心から祈る。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん