fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

証拠もなしに攻撃したら国際法違反行為:プーチン

 プーチン

 米国のシリア攻撃について、以下は「ロシアの声」によるプーチン大統領の発言と解説。
 ーーーーーーーーーーーーー
   プーチン大統領「シリア政府が化学兵器使用との主張は挑発行為」 8/31 

プーチン大統領は、ウラジオストクで記者団に対し「化学兵器を使用したとしてシリア政府を非難する人々の主張は馬鹿げている」と述べ次のように続けた―
シリア政府軍が攻勢である条件下で、彼らが化学兵器を使用したと述べる事など、全くナンセンスと言う他ない。

 特にノーベル平和賞受賞者であるオバマ大統領に申し上げたい。シリアで武力を行使する以前に、今後生まれるであろう犠牲者の事を考える必要があるのではないか。ロシアは、シリアでの作戦を決定する前に、十分に考えるべきだと訴えたい。


   プーチン大統領、化学兵器使用としてシリア軍非難は愚行  8/31

プーチン大統領は、シリア軍が反体制派との戦いで優勢であるときに、化学兵器を使用したと断定し、シリア政府を非難する人の主張は馬鹿げていると語った。31日、大統領は記者団に対し声明を表し、シリア政府は化学兵器を使用しておらず、これは扇動であり、使用の事実を裏付ける証拠は極秘であるという言及は批判に耐えうるものではないとし、次のように述べている。

健全な思考をすれば明白だろう。シリア政府軍は優勢にたっており、いくつかの地域では反体制派を囲んでもいる。
 この条件下で、しきりに軍事介入を呼びかけている者らに切り札を与えることは途方もなく馬鹿げた話だ。しかも国連の査察団が到着するというその日に。


このため私は、これは紛争に他国を引き込もうとし、国際活動の強力な参加者、何よりもまず米国側からの支持を取り付けたいとする者らが仕掛けた扇動以外の何物でもないと確信している。」

 「われわれの友人である米国の態度に関していえば、米国はシリア政府軍が大量破壊兵器、この場合化学兵器を使用したと確信し、その証拠をつかんでいると語っているが、ならばその証拠を国連の監査官や安保理に提出させればよい。

米国はこの証拠をつかんでいるが、それは極秘であり、誰にも提出することはできないという言い分は批判に耐えるものではない。これは単に自国のパートナーら、国際活動のほかの参加者に対する尊敬の念を欠いている。

仮に証拠があるならば、それは提出されねばならない。
 提出されぬのであれば、そういったものはないのだ。
 何の証拠もない、なんらかの交渉の情報をとらえたなどという話は、主権国家に対し武力を行使するというこれだけ重大な決定をとる土台にはなりえない。


 プーチン大統領は、ロシアは首尾一貫し、いかなる大量破壊兵器もその使用には断固として異議を唱える立場をとっていると強調した。これには化学兵器も含まれる。
 大統領は、仮に国連によってシリアで化学兵器が使用された事実が証拠付けられれば、ロシアは「同様の事態が繰り返されぬための措置の策定に」加わると語っている。
 プーチン大統領はオバマ大統領をはじめとする国際的なパートナーらに対し、シリア問題を9月初めにサンクト・ペテルブルグで実施されるG20サミットの場で討議するよう提案した

「私は何よりもまずオバマ大統領に対し、同僚としてではなく、米国大統領としてではなく、一国の首脳としてではなく、ノーベル平和賞受賞者として申し上げたい。」

 プーチン大統領は、米国が過去数十年の歴史の中で世界の様々な地域において、いったい幾度軍事紛争の引き金を引いてきたか、思い起こす必要があると語っている。
 そしてこれがただの1度でもいい。問題解決につながったことがあっただろうか? 
 プーチン大統領は特にアフガニスタン、イラクを挙げ、こうした国々は安定に欠き、民主主義もないが、われわれのパートナーはどうやらこれを達成しようとしたらしいと語り、ごく普通の民間の平和も均衡もないままだと強調した。


   狙いをつけられたシリア(解説員)  8/31

  シリアをめぐる情勢は 今週1週間、米国はシリア攻撃を振りかざし続けた。
 NATO加盟国のなかで攻撃に加わる国を集めることは不成功に終わったが、これも米国の戦闘プランに影響することはなく、ホワイトハウス報道官らは、オバマ米大統領のシリア攻撃開始の決定はどの瞬間も採択されうることを明らかにしている。

軍事介入を行う公式的な根拠は、8月21日にダマスカス近郊で行われた化学兵器の使用。
 だがいまだに実際に化学兵器が使用されたのか、使用されたとしても、それは武装戦闘員か、それとも政府軍なのかは明らかになっていない。
 米国は、化学兵器使用はアサド氏の仕業だと決め付けており、シリア指導部を罰すると脅迫している。

こうしたアプローチに英国政府は当初から同意してきた。
 ところが英国議会は軍事作戦を国連安保理の制裁なしに開始することを許さなかった。
 この英国に続き、NATO加盟国の多くが化学兵器使用の事実を調べる国連査察団の調査結果が公表されるまでは、シリアへの武力介入を支持しない姿勢を明らかにした。
 31日、査察団はデーター収集作業を終えた。この先は実験室での調査が行われ、被害者、目撃者の証拠が調べられる。
 専門家らは作業結果が出るまでには2週間が要されるとの見方を示している。

 仮に米国がシリア攻撃を行うとすれば、それはおそらく空からのものとなるだろう。そのためにこの地域には空母が集められている。
 現在、ロシア政府はシリア紛争をこれ以上エスカレートさせぬよう、全精力を傾けている。

ロシア外務省アレクサンドル・ルカチェヴィチ報道官は米国政府がシリアへの武力行使の声明を行ったことは受け入れがたいとして次のように語っている。

ロックアーンでのG8サミットの決定および安保理へ総合レポートを提出する合意を遂行もせず、調査された証拠もないままに米国はシリアへの攻撃を振りかざしている。
 しかも米国のこうした声明は、連合国らがそろって『一時停止』し、事件の客観的な構図を明らかにし、シリア危機における今後の方策を決めるため、国連査察団の作業完了を待つよう呼びかけているなかで表されている。
 まさにこうしたアプローチこそ、国連のパン事務総長の声明で表されたものだ。


 国連安保理を迂回してとられる米国のいかなる一方的な軍事行動も、それがどんなに「限定的」なものであっても、国際法に直接的に違反することになり、シリア紛争の政治的外交的解決の将来性を損ない、対立の新たなエスカレートと新たな犠牲を招いてしまうことになる。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
 以下は同じく米国のシリア攻撃について、イラン国営放送の報道
 ーーーーーーーーーーーーーー
   シリア攻撃への反対が拡大  8/31 イラン国営放送

アメリカの利己的なシリア攻撃に対する世界的な反対が拡大しています。

アメリカの同盟国の間では、シリア攻撃を支持するかどうかについて意見が分かれています。
アメリカが加盟するNATO北大西洋条約機構は、「アメリカとともに、シリアへの攻撃に参加しない」と発表しました。

NATOのラスムセン事務局長は、30日金曜、「NATOはシリア攻撃に参戦しない」と語りました。
NATOに加盟する12カ国も、「安保理の許可なく、利己的な形で行われるシリア攻撃にあらゆる形で参加することに反対する」と発表しました。

アメリカの国会議員140名は、オバマ大統領にあてた書簡に署名し、「アメリカの軍事介入は同国の憲法制定会議の許可を得ていない」と述べました。

イギリス議会は、29日木曜夜、シリア攻撃に関するイギリスのキャメロン首相の提案を否決しました。

ロシア外務省もシリア攻撃は、世界の秩序を乱すものだとしました。

ドイツ外務省は、シリア攻撃への賛成を否定しました。

ハフィントンポストの世論調査によれば、アメリカ人4人に1人がシリア攻撃に賛同しているということです。
中国外務省は、「事実の確定は、シリアでとられているあらゆる措置に基づくべきだ」と強調しました。
スペイン、イラク、チュニジア、トルコなどの各都市の反戦活動家は、シリア攻撃に反対するデモを行いました。
反戦デモはさらに、ロンドン、ニューヨーク、ワシントン、ローマ、アテネなど世界各国の都市で行われています。

シリア攻撃に対する反対の拡大により、アメリカとイギリスは、この攻撃を延期しました。
国連のフェルトマン事務次長は、1日日曜がアメリカのシリア攻撃の日だと述べました。
一部のメディアは、この攻撃は2週間後に延期されたと報じました。またトルコの一部外交筋は、この攻撃は2週間以内には実行されないだろう、としています。

国連のパン事務総長は、国連の調査報告が提出されるまで、シリア攻撃を控えるよう求めました。
シリアの近隣諸国であるトルコとサウジアラビアは戦闘待機状態にあり、独自の軍事行動をとっています。

    アメリカ大統領、「国民は戦争に疲弊」 8/31

アメリカのオバマ大統領が、シリアへの軍事行動を強調しながら、アメリカの人々が戦争に疲れていることを認めました。

フランス通信によりますと、オバマ大統領は、30日金曜、「戦争の疲弊は、世界の大国にとって、シリア政府に制裁を加える責務を果たさない理由にはならない」と強調しました。
以前、アメリカ大統領は、「今はまだシリア攻撃に関して最終的な決定がとられていない」と述べていましたが、現在、シリアへの差し迫った限定的な攻撃を示唆しています。

アメリカ政府は、報告の中で、シリア政府は、先週のダマスカス近郊での化学兵器による攻撃で、少なくとも426名の子供を含む1429名が死亡したと主張しています。
シリア政府はこの兵器を使用したのは反体制派のグループだとしています。
シリアの一部のテロリストは、AP通信のインタビューで、化学兵器の使用を認めました。

ロシアのプーチン大統領は、シリア政府が化学兵器を使用したという非難は全く根拠がないと述べました。
アメリカは2001年、アフガニスタンに侵攻し、2003年にはイラクを占領しました。
この2つの戦争とその莫大な戦費や被害は、アメリカをはじめとする世界で多くの抗議や非難を引き起こしています。
  
   シリア攻撃をめぐる最高指導者の表明、国際メディアで大きな反響  8/29

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、28日水曜、イランのローハーニー大統領と新内閣閣僚との初の会談において、アメリカによるシリア攻撃の示唆について表明を行い、この表明が外国のメディアの大きな反響を呼んでいます。

フランス通信は、「イランの最高指導者ハーメネイー師は、シリアに対するアメリカの軍事介入は、地域に悲劇をもたらすだろうと警告した」と報じました。

ロイター通信も、"イランの最高指導者が、アメリカによるシリアへの介入は、悲劇を招くと語っている"題する報道の中で、「ハーメネイー師は28日、シリアに対するアメリカの介入は、地域にとって悲劇になるとした」と伝えました。

また、トレンド通信は、イランの最高指導者は、シリア攻撃について警告を発したとする報道の中で、「ハーメネイー師は、イラン新政権との会談において、「シリアへの攻撃は、地域全体に悲劇をもたらすだろう」と述べた」と報じました。
また、エジプトに関するハーメネイー師の表明の一部について触れ、「イランイスラム革命最高指導者は、『イランはエジプトの内政に干渉するつもりはないが、同国の罪のない国民の殺害を非難する』と語った」としています。 
関連記事

サウジが給料も化学兵器も供給

遺体
 化学兵器の犠牲となった人々 (ダマスカス郊外のゴウタ地区)8月21日

  シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める  8/31  ROCKWAY EXPRESSから

 8月27日号や29日号で指摘されたように、シリアの化学兵器はシリア政府のものでも、シリア政府側が使用したものではなく、下記の記事によれば、サウジアラビアが反政府勢力側に供給した兵器であり、それが誤って爆発したものだと言う。

 AP通信のガヴラク記者がインタビューした反政府側要員らが、その旨を語っているという。
 これはアメリカが言うことと真逆であるが、アメリカ側は、本日、アサド政権側が化学兵器を使用した、という決定的証拠を示すと言っていたが、出された内容は、まるっきり、決定的な内容ではなかった。

 やはり、と言うべきである。アメリカは決定的証拠などは掴んでいないのであり、それは事実と異なるから、永久に出てこないものだ。
 ただ、いつものごとく、アメリカのユダヤ系メディアはシリア攻撃を可能にする、そういった政府の発表に難癖をつけることはやろうとしない。
 それで国民の反発がそれほどなければ、オバマ政権はシリア攻撃を決断するかもしれないが、アメリカ国民が政府の出した「決定的」証拠とやらに納得できない、という声を挙げれば、シリア攻撃は決断できないであろう。

 そして、29日号で指摘された、ロシアのプーチン大統領がサウジのバンダル王子の脅しに激怒し、ロシア軍にもしもシリア攻撃があれば、ロシア軍はサウジアラビアを攻撃せよ、と命令したという話がイスラム世界で大きな衝撃を与えているようで、その話がまんざらデマでもなさそうだという状況になっているようなので、アメリカやNATO諸国側も迂闊にシリア攻撃をしかねる情勢になっていると言える。

 プーチンが本当にロシア軍にサウジ攻撃を命令している、となれば、シリア攻撃がなされた場合、サウジアラビアが攻撃される可能性は非常に高い。
 実際サウジアラビアではそのため、全軍が警戒態勢に入っているという。プーチン大統領の性格や今までの歩みを見れば、やるとなればやる男であることは、疑えないからだ。
 従って、オバマ大統領はロシアのプーチンと争って、サウジを犠牲にしてまでシリアを取るのか、という選択肢を前に逡巡することが考えられる。当然逡巡すべきであり、結論的には、シリア攻撃を断念すべきである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める
http://www.infowars.com/rebels-admit-responsibility-for-chemical-weapons-attack/
【8月30日 Paul Joseph Watson Infowars.com】

 ダマスカス郊外のゴウタ地区にいるシリアの反政府グループはAP通信のデイル・ガヴラクに対して、先週の化学兵器事件の責任は自分たちにあると認めた。
 この事件では欧米側がアサド政権の軍によるものとしているが、事件はサウジアラビアによって供給された化学兵器の操作を反政府グループの者たちが誤ったために起きた事故の結果であるという。

 「ゴウタ地区の医者、住民、反政府側要員とその家族らとのインタビューから、多くの人々は、反政府グループの者たちがサウジアラビアの情報長官であるバンダル王子から化学兵器を受け取ったということと、その者たちによって致死性ガスによる攻撃が行われたと考えている」とガヴラクは書いた。

 反政府グループの者たちはガヴラクに対して、彼らは化学兵器を取り扱うに際して充分な訓練は受けておらず、更にはそれが何かということを告げられてもいなかったと語った。
 これらの兵器はアルカイダ系テロリストのジャバト・アル・ヌスラに渡されることになっていたようだ。

 「我々はこれらの兵器にとても興味があった。そしてまずいことには、この兵器の扱い方を間違ったものがいて、爆発を引き起こしてしまったのだ」と、Jと名乗る一人の要員がガヴラクに語った。

 彼の話は別のYという女性要員の話と似ていいる:「彼らはこれらの兵器が何か、どう扱うかなど語らなかった。我々はそれが化学兵器だとは知らなかった。我々はそれがまさか化学兵器だとは思わなかった」

 反政府グループ要員の父親でアブ・アブデル・モネイムという者がガヴラクに対して、「息子は二週間前に来て、運ぶように言われている兵器について、それがなんだと思うかと言っていた」と語り、それが「管のような形をしている」と語ったが、他の者たちは「大きなガスボンベみたい」だと言っていた。
 この父親はサウジアラビアの戦士でアブ・アイェシャという者が兵器を供給した、と言っている。

 アブデル・モネイムによれば、この兵器はトンネルの中で爆発し12人の反政府勢力の者たちが犠牲になったという。

 「インタビューした12名以上の反政府戦士らは、彼らの給料はサウジ政府から来ていると言っていた」とガヴラクは書いている。

 この内容が正しければ、アメリカのシリア攻撃への動きと完全に矛盾することになるだろう。
 デイル・ガヴラクの信頼性は非常なものだ。彼はAP通信の中東特派員を20年間やってきており、その他にも、NPRの仕事をし、さらにBBCニュースに記事も書いている。

 この話が最初に掲載されたウェブサイトである Mint Press(現在はこの記事のため膨大なアクセスがあり、その結果ダウンしている)は、ミネソタ州のキチッとしたメディアである。
 ミネソタ・ポスト紙が昨年このグループを紹介した。

 サウジアラビアが反政府グループに化学兵器を供給しているという話は、サウジがシリアのアサド大統領への支持をやめなければ、来年のソチでの冬季オリンピックにテロ攻撃を仕掛けるとロシアを脅したことを考えれば、驚くべき話ではない。

 オバマ政権は今日、アサドの政府軍がこの化学兵器攻撃の背後にいる、ということを証明するため、情報活動で得た内容を明らかにすることになっている。
 アメリカの高官らは、ニューヨーク・タイムズ紙に、アサド大統領とこの攻撃とを直接結び付ける「決定的証拠」はない、と言っているにもかかわらずだ。

 アメリカの情報関連高官らは、AP通信に対して、アサドの犯罪行為を証明するという情報は「決定打」にはならない内容のものだ、と語った

 今週初めに我々が報じたように、盗聴された情報はシリアの国防省が、シリア化学兵器課に攻撃の数時間後に、問い合わせする電話を何度もかけてパニック状態であったということが示されているが、それはアサド大統領が命令したものではなかった、ということを示唆しているものだ。
 ーーーーーーーーーーーーーー
※ 北風:非常に危険なもので、取り扱いの方法を教えないで、運ばせる。
 事故を起こせば、民間人とともに反政府側の兵士にも犠牲が出る。
 まことに政府軍がやったと宣伝しやすい。
 最初から偽報道に頼ってきた彼らの常套手段となっている考え方ではないか。

 ーーーーーーーーーーーーーー 
 ※ このブログ内でのアラブ、イスラム、パレスチナ関係ページのリンク。

・ 国際金融資本の成立
・ 中東への分裂謀略が続く
・ 狂信的シオニストと闘うパレスチナ
・ エジプト反政府デモは勝利するか
・ 反政府闘争はムバラク追放では終わらない
・ 復興するイスラムの力
・ 復興するイスラムの力(2)
・ R・フィスク批判:民衆か宗派かではない、闘う思想の重要性
・ バーレーンからサウジへの道
・ シオニスト国家を揺さぶる大デモとギロチン
・ 傲慢に偽装する欧米の大マスコミ
・ 孤立を深めるシオニストと復興するイスラム
・ 自ら自分の首を絞めるシオニスト国家
・ イラクの次はリビアを帝国主義軍事侵略
・ 米軍のイラク撤退とイスラム復興勢力
・ シリアへの帝国主義軍事侵略が始まっている
・ 帝国主義によるシリアの内戦
・ イラン経済封鎖で政府転覆を狙う米国
・ 石油価格と通貨防衛のため内戦を仕掛ける欧米
・ WikiLeaks:米主導のNATO軍がシリアに入っている
・ 暴かれるシリア偽造報道とフランスの豹変
・ 帝国主義がシリア空爆を準備している
・ シリア軍事侵略は挫折か
・ イラン核問題は妥結に向かうか
・ 米国、イスラエルがイランにサイバー・テロ
・ ガザの解放とアラブの統合
・ シリア空爆に向けて捏造をアップするマスコミ
・ シリアのソマリア化を狙うシオニスト
・ シリアに殺人傭兵会社が入っている
・ エジプト革命、大統領が軍政幹部を解任
・ トルコに砲撃挑発はトルコとシリア反政府派の謀略
・ 狂信的シオニスト国家と戦うパレスチナ
・ ガザの住民虐殺を続けるシオニスト
・ アルジェリア人質事件は欧米の政府転覆謀略か
・ マリ侵攻とアルジェリア事件
・ シオニストが謝って済むなら神はいらない!
・ アラブの春と欧米帝国主義
・ ムスリム同胞団と欧米帝国主義、エジプトクーデター
・ 無差別虐殺が続いているエジプト:フィフィ
・ デモ隊排除ではない、行われているのは大虐殺:植草
・ 無差別虐殺が続いている8/16エジプト:フィフィ
・ 大虐殺の日、8月14日
・ シーシーが殺されるか逃亡して終わる:インタビュー(カイロ)
・ 大虐殺前、ラバア広場の人々
・ 戦争屋の理屈、シリアで化学兵器
・ こんどは無実のシリアを攻撃する欧米帝国主義
・ シリア攻撃、軍産複合体の禁断症状か
関連記事

僕の母親は、韓国の思い出:リー

 以下は、故リー湘南クリニック院長の遺稿「異端医師の独り言」から
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
★僕の母親は  2009年08月08日

 敬虔なカソリック信者で、広い教養を身につけ、好奇心旺盛である。
 貧乏の中、教育だけには、お金をおしまない主義だった。
 幼稚園は麻布のインターナショナル・スクールへ通ったが、学費が高いため、小学校は「青山学院」を受験させられた。
 青学はミッションスクールだったが、「青学には、アパートに住むような貧乏な家庭はない」と考える教師や、「朝鮮を差別的に教える」無神経な社会科教師がいた。
 同級生の殆どは、裕福な家庭のご子息で、殆どはエスカレーター式に大学まで進学した。
 彼ら・彼女らは苦労しなかったせいか、同窓会などで会うと、話題に乏しく、昔話に花を咲かせるばかり、長居すると退屈になってしまう。

 在米時(1985~90年)、1988年に母親が遊びに来た。
 予定の時間に空港に迎えに行ったが姿を見せず、乗客名簿にも名前がない。
 アパートに戻ると、見ず知らずの男性から電話がかかってきた。
 「あなたのお母さんから伝言です。明日、そちらへ行くとのことです」。
 何と、母親はNY・ロチェスターではなく、ミネアポリス・ロチェスターに降り立ち、息子が迎えに来ていないことをフロントに八つ当たりしている時、別の都市であることを知ったそうだ。
 そして、母親は通りすがりの男性にメッセージを託し、自分はさっさとホテルへ行ってしまった。
 朝鮮戦争の中、着の身着のまま夫と来日し、ひどい差別の中、息子たちに一流の教育を授け、いつしか財を築きあげた女性の真骨頂を垣間見た。

 ーーーーーーーーーーー
韓国での思い出  2009年12月02日

 小学校 3年生の冬、韓国へ行った(連れていかれた)。
 が親戚を見舞うため病院に行き、何か言われたら「ハングンマル、モッラヨ」(韓国語分かりません)と言うように言われた。
 中庭に雪が降り積もり、いつの間にか雪合戦を始めたら、守衛が何かを言ってきたので、「ハングンマル、モッラヨ」と言ったら、守衛が「イエグレー」(この野郎)と言って、首根っこをつかまれ、連行された。

 物心をついてから、大学 2年と 1984年新婚旅行のとき、なぜか友人 4人が同行し、韓国に行った。
 入国審査で「なぜ、韓国人なのに韓国語を喋られないのだ」とさんざん虐められた。
 日本で差別され、韓国でも差別される、理不尽だと思ったものだ。
 ーーーーーーーーーーーーー
リー湘南クリニック、異端医師の独り言の関連ページ。

異端医師の独り言
がん検診の無理、効果に根拠はない
後世学(Epigenetics)の誕生
長寿国、自殺者数の増加、がん死者数の激増の真実
胃がんと抗がん剤治療
癌の縮小(奏効率)で患者は延命しない
ニセ科学の犠牲者、売上を誇る医師
食塩の政治学
The (Political) Science of Salt(全訳)
疑わしいサプリメントの効能と副作用
薬の犠牲、薬害を撒き散らす医師
乱用されている医療放射線機器
地中海型の食事と健康
地球温暖化の怪
「医療」の餌食にならない、無作為化対照試験(RCT)
なぜ日本に証明医療が定着しないのか
特定保健食品、黙認される誇大広告
風邪薬の犠牲者
有害な検診、有害な前立腺摘出
東電に群がる原発芸人文化人たち
詐欺:効かない薬の大量処方と有害無益の手術など
簡素な睡眠者、ハエや虫もぐうぐう眠るらしい
癌:希望と詐欺、そして現実と認識のギャップ
こんなにあるニセ科学
動物の深い悲しみの謎
リー湘南クリニック院長のご冥福を
検便の日
ヨッチャンの想い出
恐怖のカーレース、酒気帯び、起訴
関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん