fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ヨッチャンの想い出:リー

★★ ヨッチャンの想い出  2010年07月28日 故リー湘南クリニック院長の遺稿「異端医師の独り言」から

 中等部~医学部 2年くらいまで、親友で悪友であった坂本君が、7月 6日、北海道で一人亡くなった、癌で。
 心よりご冥福をお祈りする。
 たまたま、7月 4と 5日に私は北海道におり、拙著「癌患者を救いたい」を販売した。奴との腐れ縁を感じざる得ない。

 ヨッチャン(坂本君)と出会ったのは中等部の入学式、隣がヨッチャンだった。
 ミッション・スクールを承知で入学したはずのヨッチャンが僕に「この学校の精神が気に食わない」とキリスト教を批判した。
 それから 2年、ヨッチャンはキリスト教に改宗し、直径 7cmもあろうか純金の「マリア様」のペンダントをするようになった。高校 3年生だったと記憶する。
 ヨッチャンご自慢の純金のペンダントが錆びているのを発見し、大笑いした。

 中学の時、向島にあるヨッチャンの家によく泊まりに行った。彼は、地元の名士で、チンピラやくざがヨッチャンを見つけると、ぺこぺこと挨拶に来る。
 夕方にスナックを何軒かハシゴする、酒を飲むためでなく、借金の取り立て。彼は、チンピラ相手に今で言う高利貸をしていた。

 中学 2年ころから、奥多摩にあるヨッチャンの別荘に週末一泊で遊びに行くようになった。
 いつもは自転車で、高 2のとき一回スバル360(軽自動車)で。運転の仕方が分からない、
 A君のお兄さんが車を貸してくれ、団地の中で運転を習った。
 いざ出発、途中上り坂道で停止し、出発しようとブレーキを離したら後ずさりする、あわててブレーキを踏む離すの繰り返し。そして「ゴン」という音で車が止まった、バックミラーを見たら、ダンプに衝突していた。
 ヨッチャンが「逃げろー」。半クラッチを教わったのは、その数年後だ。
 良い子はまねしないと思いますが、当時の車、スピードはでませんでした。

 高校生のとき、奥多摩へ行く予定を担任に話したら、「保護者同伴でないとだめ」と言われた。
 保護者なんか同伴するはずもなく、奥多摩に無事着いたことを担任に電話した。
 運悪く、職員会議中だったらしく、帰ったら奥多摩に行った 3人が暴力教師・牧野先生に呼び出された。
 壁を背に、まん中がヨッチャン、その右が僕、左が K君と並ばされた。
 牧野先生の尋問に、ヨッチャンがふてぶてしく答えていると、先生が真っ赤になって怒りだし、ヨッチャンの顔を両手でパンパンとひっぱたきだした。
 ひっぱたくストロークで先生の手が僕の肩に触れる。次は僕かと覚悟を決めたが、ひっぱたき疲れた牧野先生は、全員を解放した。

 真冬に奥多摩に行ったとき、深夜外は雪で覆われていた。
 雪遊びをしていたら小川が見えず、足を滑らし薄氷のはる小川に転落してしまった、早く上がらねば凍死するともがいている矢先、ヨッチャンが何を思ったのか「うぉー」と奇声をあげ、飛び込んできた。

 高等部の一年生、技術工作の授業初日、教師はブンちゃんと呼ばれ、暴力をふるうことで恐れられていた。
 「俺の言うことに逆らう奴は、ただでおかないからな」と皆をにらみつけた。
 「俺の言うことをきけないやつは、手をあげろ。」ブンちゃんの眼が仁王像のように見開いた。
 なんと、ヨッチャンが手を挙げていた。ブンちゃんがヨッチャンを外に連れ出し、殴りつけるのかと思いきや、くぎ抜きを渡し、古木に刺さった釘を抜くように命じた。ヨッチャンは黙々と 2時間釘を抜き続けた。
 彼がブンちゃんといかに和解したのかは、記憶にない。 

 医学部 1年生の時、同級生で大病院の跡取り、Nさんの自宅へヨッチャンを連れていった。
 半チャン毎キャッシュの高額の賭けマージャン。昼ころから徹夜で打つ。僕がソファーで寝ているとヨッチャンが布団を掛けてくれた、一万円札の。
 時には薄い布団だったが、だいたい彼は勝っていたようだ。

 医学部 1年の夏に、ヨッチャンと韓国に行くことになった。
 僕らの旅行の数日前、1974年 8月15日、朴大統領暗殺未遂事件が起こり、大統領夫人が凶弾に倒れた。犯人は文世光、在日韓国人である。「どうする、行く?」、「行くに決まっているじゃないか。」
 それで、ヨッチャンご自慢の愛車「ギャランGTO」を飛ばし下関に行き、そこからフェリーで釜山に入った。
 釜山からソウルへ向かう列車の中、僕は極力目立たない服装をしていたが、ヨッチャンはテカテ黄金色の開襟シャツにマリア様のペンダント。彼が客車最前部のトイレに立ち、戻るとき左右の椅子に腕をひろげ、車内をしばらく睨みつけた。
 何事かと、冷や汗をかいていると、席に戻るなり「この国の人間は、目つきが悪いな」とのたまわった。ここまで心臓に毛がボウボウとは…。

 ホテルでは、大歓迎を受けた。日本からの旅行者はすべてキャンセルの中、多分、僕ら 2人だけが日本からの旅行者だったから。
 博打をこよなく愛するヨッチャンとウーカーヒル・ホテルでルーレットをして、スッカラカンになった。
 ヨッチャンが「宿代を賭け、最後の大勝負をする」と言いだした。流石に思いとどまらせた、もし負けたら戒厳令の中、どうするの。
 ちなみに、ルーレットで大勝負すると決まって、ゼロかダブル・ゼロに入る(親の総取り)。後で分かったことは、ディーラーは自在に球を入れられるということ。

 いつの頃からか、彼とは音信不通になり、風の便りに一家で夜逃げした。彼の名前を新聞で見たというのが最後の便り、拳銃不法所持で逮捕。

★スバル360 (2008年11月の記事)
 もう 3年前になりますか、町田忍さんが企画されたテーマパーク台場一丁目商店街を見学行ったとき、懐かしのスバル・360が展示してあった。
関連記事

検便の日:リー

 マッチ箱

★ 「検便」の日 2012年08月12日  故リー湘南クリニック院長の遺稿「異端医師の独り言」から

 をご存知だろうか。僕が小学生当時は、有機農法が当たり前で、人糞を肥料にしていたため、寄生虫感染症が蔓延していた。
 検便とは、指定された日に自分の「ウンコ」を学校に提出するのである。
 検便が始まった当初は、各自、思い思いの容器に「ウンコ」をいれ学校へもっていった。
 マッチ箱が主流だったが、当時は高級品の「タッパウエアー」一杯に詰めてきた同級生もいた(L商事のご子息)。

 検便提出日の朝、佐村君と校門で出くわした。彼は検便を忘れていた。
 一計を案じ、僕と佐村君で芝生を探した、犬のウンコを見つけるためだ。ウンコを容器に詰め、佐村君はそれを提出した。
 結果発表の日、佐村君だけに多種多様の寄生虫が見つかり、彼は大量の薬を飲まされた。

以下、2009年2月12日の産経新聞から抜粋

免疫学者・藤田紘一郎さん

 東京・御徒町にある事務所にちょっと変わった展示物がある。サナダ虫の標本だ。…実は自分の腸にいたものだそうで、「きれいでしょう」と自慢する。
 研究のため、腸内でサナダ虫を飼い始めたのは 15年ほど前。愛情をこめて「キヨミ」などと名前を付けていた。

 一昨年 2月に「マサミ」がいなくなるまで 5代続いた。…「カイチュウ」は小学生のころから身近な存在でしたね」…「終戦直後はカイチュウの感染率は 70%でした。それがわずか 30年間でほとんど消えてしまいましたね。」
 藤田は、カイチュウの駆除が進み体内から消えていくのと反比例するようにアレルギー疾患が増えたと指摘する…。
 ≪あと多分、肥満が増えた:寄生虫が宿ると宿主が TNFを分泌し、食欲が低下する。≫。
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 藤田紘一郎氏はカイチュウ博士で知られる。
 紹介ページ
 ーーーーーーーーーーーーー
※ リー医師は「タマちゃんの暇つぶし」で知って、度々引用してきました。
 もちろん、面識などはない、Netの中だけですが、8/16にご逝去されました。

 ロチェスター大医学部助教授だった医学博士で、勉強家でした。
 亡くなられると、不思議に私自身リー氏の少なからぬ影響を得ていることに気づき、その人柄を偲んでいます。
 遺稿からリー氏の人柄を表すような記事も選んで掲載してゆきます。
関連記事

シーシーが殺されるか逃亡して終わる:インタビュー(カイロ)

カイロ

フィフィ氏が紹介されたRocketNews24の記事。
-------------------
   【エジプト情勢】カイロのデモ参加者に独占インタビュー / シーシーが殺されるか逃亡して終わる 8/20 RocketNews24

2013年8月14日に発生した、エジプト暫定政府の治安部隊によるデモ隊への虐殺行為。そのデモに参加した、カイロ市在住のエジプト人男性に出会った。
 
・圧力によって偏向される日本の報道

日本で報じられているエジプトのニュースは、いくつものフィルターと圧力によって事実がねじ曲げられているという。本当にそうなのか、事実はどうなのか、カイロのホテルで会い、短い時間ながら話を聞いてみた。
 
 ・2013年8月14日のデモに参加したというのは本当ですか?

14日にやったラバアルアダウィヤ(カイロ市)のデモに参加しました。散弾銃のようなもので撃たれて、小さい弾丸が当たりました。いまも傷が肩と背中にあります。催涙ガスで額の皮もむけました。
 
 ・軍人や警察や治安部隊の違いを教えてください

軍人 暫定政府エジプト国防大臣兼国軍総司令官シーシー氏が率いる存在。

警察 暫定政府イブラヒム内務大臣が率いる存在。デモ隊への攻撃にも参加。しかし裏でコントロールしているのはシーシー氏

治安部隊 暫定政府が雇っているエジプト人。デモ隊に攻撃するのがメイン。警察やバルタゲイヤの一部も混ざっている。

バルタゲイヤ 警察に雇われている存在。全員が私服で行動し、デモ隊に攻撃や嫌がらせをするのがメイン。前科のある人をかき集めて、犯罪歴をデータ上から消すかわりにバルタゲイヤとして働かせる。前科がなくてもお金を渡して雇われる者も多数いる。

外人部隊 アラブ首長国連邦が南米コロンビア等の国から雇った外人部隊をエジプト暫定政府に提供。おもにヘリコプターからの攻撃やスナイパーとして活動。
 
 ・日本ではエジプト情勢が正しく報じられてないといわれてます

エジプトでも正しく伝えられていません。「デモ隊が武器を持ってるぞ!!」とテレビで放送しますが、撃たれて映像に映っているのは、武器を持たない人ばかりなんです。おかしいでしょう? なぜ武器を持たない人ばかり撃たれているんですか。普通、武器を持っている人が狙われるはずです。
 
 ・エジプトでは正しい情報をマスコミから得られないのですか?

正しく伝えている中立のテレビ局はアルジャジーラ、アクサ、ヤルムーク、ハラール25だけです。これらのテレビ局はカタール、パレスチナ、ヨルダンから放送しているのでエジプトから圧力がありません。

ほかのエジプトにある7つくらいのチャンネルはすべてシーシー側。暫定政府よりです。流れる映像も政府に都合よくされています。
 
 ・デモ隊虐殺の連携攻撃

ラバアルアダウィヤのデモで治安部隊が何人も殺しました。撃たれた人を助けに行くと、そこをバルタゲイヤと警察が攻撃してきます。まずは石を投げてきて、次に催涙ガスをまいてから散弾銃を撃ちます。
そして最後はスナイパーです。私のまわりでは20人くらい頭を撃たれて死にました。
 
 ・バルタゲイヤは殺そうとしてくるのですか?

バルタゲイヤと警察は殺さない暴力だけします。バルタゲイヤはお金をもらって働いてるだけでどっちの味方でもない(思想がない)から、スナイパーが撃つ段階になったらすぐに逃げるんです。
スナイパーに撃たれた人を助けに行くとまたスナイパーに撃たれます。どうにか助けることができたらトラックに乗せます。
 
 ・デモ隊は声をあげて歩いているだけで撃たれるのですか?

デモは声をあげているだけですよ。銃なんて持ってないし、手にするとしても石くらい。もしもの話ですが、もしデモ隊が武器をもっていたら、バルタゲイヤはみんないなくなると思います。石を投げるだけでバルタゲイヤはみんな逃げますから。
もし銃を持ってたらバルタゲイヤも警察もいなくなって、残るのは軍隊だけになると思います。
 
 ・エジプト国民は治安部隊の行為を「虐殺」だと思っていますか?

もちろん虐殺だと思っています。何も武器は持ってないし、そういう人たちを殺すのは犯罪です。
国民の思想が違ったとしても、暫定政府の行為は、ほとんどの人たちが虐殺だと思うようになってきました。
昨日は刑務所の前で38人くらい殺されて、これはもう「犯罪者」だと思うようになってきています。
 
 ・エジプト国民に今回の出来事を肯定的に見ている人がいるという声もありますが

思想がどうであれエジプト人が目の前で殺されたらエジプト人は悲しいです。
暫定政府や報道に騙されている国民もいるにはいますが、彼らもだんだん「おかしい」と気がつきはじめていますし、国民の割合的にもいちばん少ないと思います。
 
 ・暫定政府を応援している層などはあるんでしょうか?

暫定政府を応援しているグループはいます。いま軍隊の背後にいる人たちは、たとえば経済で自分の生活に影響が出るビジネスマン、それとエジプトのインテリジェンスたちが作ったグループのタマッロド。ブルジョワな層が支持しています。

彼らは約3年前までエジプト人として経済的に良い立場だったのに、今回の貧乏な人たちのデモで経済的にガタ落ちです。だから早くデモを排除したいわけです。
 
 ・撃たれるのをわかっててデモに参加するのはどうしてですか?

死んでも国のためと思う人、正しい行いをすれば死んでも天国にいけると思う人、命をかけて子どもたちの将来のためと思う人もいます。
だから、みんな撃たれることがわかっていてもデモをやります。
 
 ・最終的にどういう着地点になると思いますか?

最終的に、誰かがシーシーを殺すと思います。ずっとデモが続いていくとシーシーの立場が悪くなる。犯罪者のイメージが強くなりますから世界各国からのイメージが悪くなります。
特にエジプト軍のイメージは最悪になります。いちばん関係がダメになるのがイスラエル。

ここ30年間くらいエジプト軍はとても良いイメージでした。でもシーシーのせいでエジプト軍のイメージが悪くなってきたら「もうこの軍隊ダメです」という流れになってしまう。
だからシーシーは誰かに殺されるか、ほかの国に逃げると思います。シーシーはサウジアラビアやいろんなところからお金が入ってくるのでお金持ちですから逃げられます。
 
 ・シーシーが殺されたり逃げたあとはどうなると予想しますか?

でもシーシーが逃げると困るのがサウジアラビアとかイギリスなど、シーシーと仲が良かった国です。いま、サウジアラビアとかイギリスは苦悩していると思います。
デモがこのまま続いたらシーシーが使えなくなるからです。

シーシーが殺されたり逃げたりしたら、エジプト国民が「勝った!」ということで強くなりますから、シーシーと仲が良かった国とエジプトは仲が悪くなりますよね。
 
 ・エジプトのシーシーと仲良しの国々の関係

シーシーがデモを虐殺で抑えようとする

虐殺をしてもデモが終わる気配がない

シーシーや軍のイメージが悪くなる

何度虐殺を繰り返しても終わらないデモ

シーシーが犯罪者扱いになりつつある

仲良しの国「俺たちシーシーと仲良しだとやばくない?」←いまここ
 
 ・エジプトに不利なことを言うと記者が入国できなくなりますか?

世界中に記者はたくさんいますから、外国人の記者が何を書いても問題ないと思います。
でもエジプト人だけは危ない。影響力のあるエジプト人がインターネットとかテレビでシーシーの悪いことを言ったり書いたりしたら、シーシーの権力下ではエジプトには戻れなくなります。

その国のエジプト大使館が逐一調べてエジプトにレポートしています。日本のエジプト大使館もみんなシーシー派ですよ。
 
 ・日本のエジプト大使館前でデモがありましたがご存知ですか?

はい。今日(2013年8月19日)は日本のエジプト大使館前でデモがありましたね。RNNニュースでエジプトでも報じられました。
日本だけじゃなくスイスとかオーストラリアとかたくさんの地域でデモがあったようです。
 
 ・血が流れないで終わらせる方法はないのでしょうか?

みんなそれを願ってる。でも、このまえのデモでは言葉を話すチャンスすらもらえず治安部隊が撃ってきました。
だからといって、デモをやめてしまうのはだめ。良くなるまでみんなずっとずっとやっていきます。
エジプト人が半分死んでしまうかもしれないけど……。
ここ1~2週間でシーシーに大きな動きが出ると思います。
 
 ・暫定政府側にデモ隊に対する理解者はいないのですか?

軍人にもこちらの気持ちを理解してくれている人はたくさんいるんです。だからこのような状況が続くことに対して、軍人たちも長く我慢はできないでしょう。
いまは立場として暫定政府を守る側にいますし、大金が支給されていますから暫定政府側にいます。

でも国に大きなダメージがでてきていますし、家族や親戚に害が出てきたりしていますから、これ以上シーシーに従っていられないと思うはずです。
そうなると、軍隊がシーシーに対して動くでしょう。
 
 ・軍人たちにたくさんお金が入ってくるんですね

かなりたくさん入ってきます。しかも暫定政府からいつも報告が入るんです。サウジアラビアから何ドル入りましたとか、どこから何ドル入りましたとか、いつも報告がくるんです。
そうすると軍人は「ああ、またお金がたくさん入ってくる」と感じるわけです。
 
 ・デモに参加した家族や親戚が死んでしまう軍人もいますよね?

います。これは本当かどうか未確認ですが、シーシーの親戚もデモで殺されたという情報が入ってきています。
たぶん本当だと思います。YouTube にも出ていますが、シーシーの親戚が映像にIDカードを持って出て「デモで兄弟が殺されました」と言っています。
そして「シーシー 今度はあなたも殺します」と話していました。

いまの現状は、誰もが家族や親戚が殺されている状況になっています。
では「やられたらやる」という考えがありますから、やられたからやる流れになって、このまま虐殺が続けば内戦になると思います。
 
 ・マスコミの情報操作だけでは抑えきれなくなりつつあるんですね

昨日や一昨日のテレビでは、外国人がテロや犯罪をしているというニュースが流れていました。
パキスタン人逮捕しました、アイルランド人逮捕しました、トルコ人逮捕しました、スーダン人逮捕しました、というニュースがたくさん流れるようになりました。

暫定政府は軍隊のイメージが悪くならないように「デモをやっているのは外国人ですよ。エジプト人はみんなシーシー派! デモをやってるのは外国人です!」と言いたいのかもしれない。
外国人といってもすべての国籍ではなく、パキスタンとか、スーダンとか、パレスチナとかですね。
 
 ・あまり意味のない情報操作のように感じますが……

騙される人は少ないと思います。
先日テロリストとして逮捕されたパキスタン人はすごく高齢のおじいちゃんで、ニュース見てた皆が「さすがにおかしい」と思いました(笑)。
何もできないヨボヨボのおじいちゃんですよ。何をテロするんですか(笑)。
 
 ・これからもデモに参加するのですか?

絶対に参加します。
でもたぶん大丈夫。治安部隊とかの攻撃パターンがわかってきましたから。私の額見てください。これ皮がむけてるでしょう? 
これガスでやられました。強力な催涙ガスで、あびると目と喉が痛くなって、皮膚がすごく熱く感じて皮がむけます。

数年前のガスよりも強力になってて危ない。2011年のガスはこんなに強くなかった。
前はガスから少し離れると効力がなくなったんですが、今回のはとても強力です。温度的に熱いのではなく、化学変化でやけどする。
 
 ・もう傷のほうは大丈夫なんですか?

大丈夫です。友だちには日焼けして皮がむけたなんて冗談言ってます(笑)。
でもコカコーラがあれば大丈夫。ガスを受けたら皮膚にコカコーラをかけるんです。するとすぐに熱さが引きます。
喉が焼けるように痛くなるんですが、そういうときはコカコーラを飲む。すぐに治ります。
 
 ・コカコーラにそんなパワーがあったんですね

催涙ガスは地面に転がってガスを出すパターンと、空中で破裂してガスが舞うパターンがあります。
あびると熱くなって口も喉も目も激しく痛くなります。だからデモに参加するときはコカコーラを用意しておきます。

 http://www.youtube.com/watch?v=_lc7L0NYss0
関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん