もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破綻早めるアベノミクス

 階級ピラミッド1911

 米国の指示によるアベノミクスとやらと「異次元金融緩和」のお陰様で、日本はますます資産バブルとスタグフレーションが濃厚になってきている。
 供給された通貨は実体のある設備投資には向かわず、投機と米国に向かっている。
 真っ当な信用循環にはなり得ないのだ。

 日銀が新発債に7割を「買い占める」ために、債券市場は縮小して国際金融資本からの「空売り」が効くようになりつつある。
 生保損保、郵貯簡保、銀行は米国債に向かいつつあり、他の民間資金は米国ファンドに向かっている。

 賃金所得の増加による消費需要の拡大が無く、それによる企業設備投資は何も増えないために、実体経済の有効需要はなんにも拡大循環しないのだ.
 「異次元金融緩和」は、一部の金持ちと資本による資産投機と米国への「投資」を進めているだけである。

 国民生活は向上どころか、石油などのエネルギー資源と、食料原料の高騰で引き起こされる、物価上昇により多大なダメージを受けるだろう。
 おまけに、国際金融資本の出方を勘違いした黒田日銀は、国債価格の下落と長期金利の上昇を招いてしまった。

 国民経済の生産力は勤労家計と中小企業にあるのだが、政府債の下落と金利上昇というツケは、この生産力の中心からの収奪(増税、社会保障の給付減額、福祉切り捨て)に転嫁するだろう。
 家計、企業、政府の共倒れが濃厚になってきている。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   破綻早めるアベノミクス 「耕助のブログ」から

安倍政権が掲げる金融・経済政策、「アベノミクス」が日本国民にじわじわと悪影響を及ぼし始めている。


景気をよくするために、日銀は今後2年間、国内に出回るお金の流通量(マネーサプライ)を現在の2倍に増やすと発表した。
その方法は政府が国債を毎月7・5兆円購入するというもので、この超金融緩和策が発表されて株価は上昇し、さらに円安が進んだ。

日本国家の歳入のうち、税収は半分程度で残りは公債、つまり借金に頼っている。さらに歳出の24%は国債費という名の借金返済に充てられる。
それにもかかわらず、政府は今後さらに毎月7・5兆円ずつ借金を積み上げていくのだという。

政府の目的通りインフレになれば、国債の金利も上がる。
国債の金利が1・5%に上がれば政府は国債の利子に国家歳入の半分以上を支払わないとならなくなる。
国が国債発行という形で借金ができるのは、将来の税収を担保としているからで、借金返済に行き詰まって財政が破綻すれば、その矛先は担保である国民にかかってくる。
つまり国民の預金で国の借金を返すということだ。
日本の借金はすでにGDPの200%にまで膨れ上がっていて、この金融緩和策により2年を待たずとも財政危機が訪れる可能性は高い。
銀行に預けているのは自分のお金で、それが没収されることはないと日本国民は信じているかもしれないが、3月にキプロスで起きたことを思い出してほしい。

財政破綻したギリシャ国債を大量に購入していたキプロスの銀行の負債は、キプロス政府が公的資金で救済できる額をはるかに超えていた。

そのためキプロス政府は、預金税を課して預金口座にある預金の10%~30%を取り上げたのである。遠い国の話のようだが、キプロスの措置で銀行が破綻したときは市民の預金を没収するという前例が出来上がった。

なぜ日本政府が巨額の借金を抱えるに至ったのかといえば、国が通貨を作らず、国債を発行してお金を借りているためだ。
「部分準備銀行制度」によって、国内で流通するお金の約9割は民間銀行が「貸付」によって作り出している。
銀行は預金者から預かっているお金の100倍以上を貸し出すことができ、利子を取ることができるのである。
現代の通貨制度では銀行が無からお金を創り出せるのだ。
通貨発行権が民間銀行にあるがゆえに政府は銀行からお金を借り入れ、税収の不足分を補っている。
そのため1970年には3兆円に満たなかった日本の公的債務は、71年から2010年の間に642兆円に膨れ上がった。

もし政府が貨幣を発行するなら、利息や償還という無駄な支出がなくなる。
逆に言えば、今の通貨制度のままではいずれ日本の財政は破綻に向かうだろう。アベノミクスはそれを早めるだけだ。

景気回復とは国民の暮らしを豊かにすることであって株価を上げることではない。
株が上がってもうかるのは金持ちだけだ。
一方インフレで物価が上がれば国民の生活は苦しくなる。
安倍政権の政策によって、持てる者と持たざる者の格差はさらに広がっていくのである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ※ 以下はビル・トッテン(賀茂川耕助)氏関係のページ。

信用創造と言えば聞こえは良いが
通貨、金利と信用創造の特殊な性質
マスコミが誘う戦争へのシナリオ
サイバー戦は現実の問題だ
16兆1千億ドルを金融資本に融資したFRB
アメリカ全土に広がる抗議行動
1%の金持ちと99%の我々:ビル・トッテン
1%の純輸出と99%の被害者:トッテン
アイスランドの教訓、ギリシャはドラクマに戻せ
通貨戦争(45)カダフィの通貨構想:トッテン
経済停滞招く消費増税:トッテン
自治体破綻とウォール街占拠運動
TPPは開国でなくまさに売国:トッテン
議論なきACTA協定の危険:トッテン
教育、洗脳、マインドコントロール:トッテン
逆進課税とデフレ恐慌
アメリカのロボットマスコミとかいらい政府
重要な問題から意図的にそらすための尖閣、竹島
クロポトキンと相互扶助論
なぜ消費増税に固執するのか
百年前の世界大戦前夜に似ている:耕助
失業、窮乏、貧富の拡大を目指す安倍政権
TPPとシェールガス、国民皆保険:耕助
鐘を鳴らせ、悪い魔女は死んだ:耕助
関連記事
スポンサーサイト

十日間ほどお休みします

都合で十日間ほどお休みします。
皆様はお元気で。
また、お会いしましょう!
関連記事

彼らの頭の中の消しゴム

 消しゴム

  『彼らの頭の中の消しゴム』 6/15 「大阪弁で世情を語る」氏から ※はもうすぐ北風の注釈です。

ぼく、最近のエントリーで、政権に返り咲いた自民党が(歴史)教科書を、自分たちの都合のいいように書き換えようと画策している…
ということについて取り上げ、それを批判してきました

で、彼らがその書き換えの口実に使おうとしてる理由は、ある歴史上の事柄について
①事実が確定していない (事実認定に争いがある)
②学説での対立があり、歴史的評価が定まっていない

ってなことやと思いますけど、たとえ客観的学説によって(ある程度の)事実や評価が定まろうとも
彼らは、自らが信奉する(…というか、信仰するというてもええと思う)トンデモ学説を頑なに主張し
学説上の対立は未だ解消していない…と、強弁し続けるであろうことはもうミエミエです

(∵そうすることによって、国内では永遠に学説が対立しているこになり、その結果、
歴史的事実も評価も永遠に定まらないことになるから…)
 ※ おまけに子どもは教育で、大人はテレビで「そうなのか」と思い込むために、たまに海外から批判されるとにっちもさっちも「理解できない」。島国を利用されて井戸の中の住人になっている。

そして、自民党は今、近現代史について、
「学説が確定しない事項は確定的に記述をしない」…ということを決めようとしてるので
彼らにとって都合の悪い歴史的な事柄は、永遠に確定的な記述ができないことになり、それは遠からず、記述そのものができないことになるはず…というのが、

ぼくの(当たって欲しくないけど自民党が政権についてる限り多分的中するであろう)悪い予想です

それは、彼らの根底にある教科書観を考えるとわかります
例えば、安倍首相は「日本人としての誇りや自信を持つことが教育の基本だ」…と語り
それを受けて、下村文科相は「日本に生まれて良かったと思える歴史認識を教科書に書き込む」…と
はっきり国会で答弁してるので、この答弁から

日本人としての誇りを傷つけるような不都合な事柄は教科書に書かない」…という
結論が導かれるからです

ここで、彼らの教科書書き換えの3つ目の理由が出てきました

③不都合なことは書きたくないねん、そやかて日本人の誇りが傷つけられるから…
(この理由がすべて…と言うてもええかと思います…前述の理由①②はあくまで「口実」なので)

そして、彼らが具体的に頭の中で(教科書から)消したい…と思ってる歴史的な事柄の代表は
「南京大虐殺」と、いわゆる「従軍慰安婦」のことになると思います
(この二つの事柄については、自民党の議員がはっきり「教科書に載せるのは非常に問題だ」…と
国会で言うてて、その指摘に安倍首相や下村文科大臣が同調してましたからね)

さて、ここまでは今までのエントリーでも書いた内容なんですけど
今回はもう一歩進んで、彼らの頭の中の消しゴムが消そうとしてる事柄が、はたして、この二つにとどまるのか…ということを考えてみたいんです

ここで、みなさんもちょっと考えてみて下さい

・・・・・・・・・・・・

みなさん、どんな事柄が浮かんできましたか…?

ぼくがすぐに思い浮かんだ事柄はね、まず「731部隊」のことです
これは、旧日本軍が細菌戦に使用するため生物兵器の研究開発をさせてた通称731部隊が、生物兵器の使用や、人体実験までしてた…というもんなんですけど、

これもやっぱり、①事実が確定していない…ってなことで、消されるやろな…と予想します

(現時点での政府の公式見解かて、細菌戦、人体実験いずれにおいても
「(それを示す)資料は、現時点まで確認されていない」というもんですからね)
・・・と書いてきて、ハッと気ーついたんですけど、731部隊のことって

もしかして、もともと日本の(歴史)教科書に載ってなかったですか!?
(インターネットで調べたけど、わからへんかった…)

う~ん、これはぼくの早とちりかも知れへんな…
(そやけど、これ、もともと載ってなかったとしたら、それはそれでビックリする話やで…)
 ※ 731部隊の医官たちは、戦後人体実験の成果を米軍にもたらしたことで戦犯に問われず、九州大学を中心に学会を牛耳ります。ミドリ十字は彼らのメーカーです。
 従って戦後米軍支配と日米安保により、教科書には載っていないはずです。
 森村誠一氏の「悪魔の飽食」で世に知れました。
 しかし、戦時中から満州の現地日本人社会の間では、「石井部隊」の名で知られていたことです。中国人の間では当然です。

次はどんなことがあるかな…?
関東大震災のときに起こった「朝鮮人虐殺」も教科書から消されるんと違うかな…?いや、これは既に現実になってるか…↓

関東大震災の朝鮮人「虐殺」記述の削除――都教委の回答に反発

(週刊金曜日 5月8日(水)18時52分配信)

東京都教育委員会が、都立高校の日本史副読本『江戸から東京へ』の関東大震災における朝鮮人虐殺の記述に関し、「虐殺」の文言を削除して「命を奪われ」たと改訂したことが問題になっている。研究者や市民運動家などで組織する「関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会」はこのほど、削除理由の説明などを求めた都教委に対する公開質問状を提出して回答を得たが、内容に納得できないとして引き続き追及する構えだ。

問題となっているのは、『江戸から東京へ』のコラム中に登場する、都内・両国の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」の説明文。二〇一二年度版には「数多くの朝鮮人が虐殺された」と解説されていたが、一三年度版から「(碑文に)『朝鮮人の尊い命が奪われました』と記されている」と変更されている。~


『命を奪われました』…という表現やったら、地震で亡くなったみたいに受け止める人が多いと思うけど
これもやっぱり、彼らの頭の中の消しゴムの効果やんね…
 ※ 虐殺とは残虐に虐めて殺すこと、生きたまま切り刻んだり、生きたまま井戸に放り込んだり、生きたまま辱めてから斬り殺すなどのこと。
 ただただ単に生命が奪われることとは、まったく異なるものです。

他に何があるかな…

あっ、あった、あった
「戦争中の沖縄の集団自決」のこともあるな
あの出来事も、旧日本軍の関与(…というか事実上の命令)があったかなかったか
 ※ 正しく言えば「日本軍による住民の強制自決事件」です。これも731部隊と同じく現地では誰もが証言していた「事実です。

①事実が確定していない…ってなことで、やっぱり消されるかも知れへんな

さらに、歴史になってない現在進行形の話についても、将来どうなるかな…と考えてみると
例えば、日本の公害を代表する水俣病のことなんか、
かなり薄く消されてしまうんやろな…という予感がするな

そやかて、これは現在の政府が、水俣病の患者を
できるだけ少なくしようと必死になってる当事者そのものやから
やっぱり、将来の教科書ではその被害が小さく小さく書き換えられてしまうねんやろな…

そして、これまた現在進行形のフクシマの原発事故かて、
その原因はみんな「千年に一度の津波のせい」…にして
これから予想される健康被害かて、あれも関係ない、これも関係ない…と、薄く消してしまうやろな

ということで、こういう自民党の悪しき企ての標的になるのは、
何も古い話や外国人が犠牲になった話だけではないということを、ぼくはしっかり指摘しておきたいんです
(というか、「南京大虐殺」とか「従軍慰安婦」のことなんか、
まだ「歴史」にもなってない事やと思うけどね…)

ぼく、昔、『私の頭の中の消しゴム』という日本のドラマを元にした韓国映画を観たことがあって
その「頭の中の消しゴム」とは、若くしてアルツハイマー病に侵されてしまった
主人公の女性の病(やまい)のことを指してるんですけどね、

こういう、歴史の内容を書き換える、あるいは、歴史の一部をなかったことにする…だけでなく
現在進行形の出来事についても正しく記録、記述しない姿勢がアリアリの自民党政権をみてると
「彼らの頭の中の消しゴム」もまた、深刻な病(やまい)である…と、

ぼくは、強烈に思うわけであります。。。
 ーーーーーーーーーーーーー
 ※ 北風:私たちの年代は数年から十年上の先輩などが丁度父親が従軍した世代で、よく先輩から「うちのおやじがこう言っていた」と言う形で聞いています。
 中国への侵略、住民虐殺、村の焼き払い、生きたままの暴行腹捌き、口にするのをはばかるほどの事をやっています。
 石井部隊も住民強制自決も当然の歴史事実です。

 「違うという説もある」などと言って誤魔化せることでは無いのです。
 世界中が知っていることです。
 世の中には多少の誤魔化しが謝罪と反省で許されることもあるかも知れません。

 しかし、このような事実は誤魔化すことが、また大きな犯罪行為だと言わねばなりません。
 謝罪しないのもまったく同じです。
 もちろん、謝って済むことでは無いのですが、誤りもしないなら誤魔化しと同じ歴史犯罪です。
関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。