fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

おかげ様で3周年、思うこと

 このブログを始めたのは2010年4月です。早いもので満3年が経ちました。
 皆様のごひいきに感謝しております。
 人間で言えば3才児といったわけです。可愛い盛りです(笑)。
 3年間を振り返ってみます。

  最初はよちよち歩きでした。 

 最初は文章もなにかヨチヨチしていたものでした。
 自分の考えを大胆に発言することは、実社会ではほとんどの場合タブーに近いですから、遠慮がちで婉曲な表現となる。
 そうすると何を言いたいのか不明な文章になって、書きなおすのですがこれがなかなか難しい。
 
 もっとも当時は経済とか古代史とか勉強ノートのつもりだったのですよ。
 いつの間にか政治経済、社会の主張になっていますが。
 
 このブログを始める前。小沢事件。

 私は古くはあまり考えもせずに漫然と社会党支持だったのですが、労働組合が徐々に弱体化解体されて総評はいつの間にか何もしなくなり、ついに連合とやらの腐敗組織に切り変わる中で、社会党に投票しなくなっていたわけです。
 今思うと恥ずかしいことですが、民主党についても菅直人ならまだしも鳩山、小沢では……。
 と感じていたのです。
 浅はかにも「市民運動」なる口先連中の代物に騙されていたわけです(笑)

 97年の消費増税からのデフレ不況の悪化と、小泉政権の新自由主義は弱者の窮乏化になり、民主党による政権交代の可能性が日に日に大きなっていた頃、国家権力は政権交代前の野党代表の秘書を逮捕しました。
 小沢事件の始まりでした。
 併せてマスコミの足並み揃えた小沢パッシングが始まりました。
 小沢氏は真っ向から闘おうとし粘りましたが、民主党内の事情(間近な選挙のため)代表を降りました。

 私はこの時期から小沢氏をよく知りたいと思うようになったわけです。
 なかなか、広い範囲に高い見識をもっていること。そしてマスコミと検察の攻撃に真っ向から闘う信念の強い人間と。評価は変わりました。
 鳩山代表、小沢幹事長の体制で、選挙を闘い、戦後初めての政権交代を成し遂げました。 

 国民は束の間の高揚期でしたが、普天間基地問題、検察の小沢氏本人捜査、ますます狂気のボルテージを上げるマスコミの攻撃、民主党内の裏切り権力亡者たち。
 今ではこれらすべての背後に明確な意志があったことが明らかになってしまいました。
 アメリカ大使館をも屈服させる、米国軍産複合体の権力です。 
 これらの勢力にに敗北した鳩山は、小沢氏を道連れに辞任しました。

  民主党代表選挙と尖閣事件、消費増税とTPP

 政権を簒奪した菅直人は「唐突に」消費増税を言い出します。
 あとからわかるのですが、無責任で実行力が無く、ネグレクトばかりが得意な彼らが、「唐突に」言い出して実行し始めマスコミが足並み揃えて支援する。このパターンこそ、米国軍産複合体あるいは米国の支持であることを表しています。

 小沢氏は菅直人に代表任期切れに伴う党代表選に出馬することで、国民の前に小沢対菅の政策討論を見せつけることができました。
 私もこれはショックでした。小沢氏の理路明解な政策説明に対して、なんと菅は相手の揚げ足取りと誹謗で乗り切ろうとした。
 オリジナル民主党とは、こんな連中だったのですね。

 しばらくおとなしくしていた前原が尖閣事件を引き起こしました。鄧小平以来の日中慣例を破って逮捕拘留したわけです。
 緊張対立を飯の種とする軍産複合体にそそのかされたわけですが、ヒラリーに話し合い解決を指示され釈放します。ただ、政治解決の説明を地検の次長にさせると言う前代未聞の離れ業が通ったのは、米国が日本マスコミを押さえ込んでいる馬脚を表したようなものです。

 菅は同じく唐突に「TPP」参加を言い出します。消費増税と同じくマスコミは一斉に援護です。
 もう、米国とマスコミ、官僚機構の猿芝居は見え見えになってしまいました。
 
  大震災と原発事故。そしてその後日本は?

 皆さんも思い出すと身につまされる通りです。
 最初から米国も驚くほどの情報隠蔽。「ただちに健康被害はありません。」「原子炉は安全です。」
 今も猛烈な放射能安全神話の流布。
 チェリノブイリの教訓に学ぶのではなく、チェリノブイリ事故の旧ソ連政府の情報隠蔽に学んだとしか考えようのない国民対応。原子力村も馬鹿ではないから学んでいたのでしょう。逆の意味で。

 野田と松下政経塾にとっては転がり込んだ政権でした。
 ここでまたも権力亡者の行動が露わになりました。
 原発は嘘でも良いから収束宣言、再稼働。TPP。とすべては米国のお膳立て工程表とマスコミの政権支援報道。

 そして、迎えた2012年12月総選挙ですが、その前の夏ころからマスコミは原発と放射能に関してほとんど報道しなくなりました。小沢氏の国民の生活が第一についても同じで報道タブーとしてしまったのです。
 海外から「ゴロツキ右翼」とまで呼ばれた石原と橋下についての過剰報道。
 お陰様で野党が分散したため、自民党が圧倒的な議席を得ました。米国もマスコミも「小選挙区制」を学び尽くして戦略対応していたわけです。

 そして今、圧勝した極右集団は自民党内の中道派も消滅させ、TPPと日中対立、軍国化に走ろうとしています。
 アベノミクスとやら、黒田日銀の「異次元緩和」、TPPに消費増税。
 これで、勤労国民の生活が破壊されなかったら可笑しいでしょう?
 私見としては、崩壊の際に立つ米国は、放射能汚染が拡大し続ける日本に見切りをつけたと思います。適当に肥やして搾取するのではなく、経済崩壊させて底値でさっさと収奪する方針転換と思います。

 オバマ政権に期待はできません。なぜならオバマ政権と軍産複合体の一致する共通利害もあるわけで、また、オバマ政権が極東を縄張りとする軍産複合体を弱体化させることができても、その力が日本のマスコミを屈服させられなければ、マスコミは国民を欺き続けることが可能だからです。
 
 この3年間はなんだったのか?

 振り返ってみると政治関係の変遷であり、勝ち取ったはずの政権交代への逆襲の3年間だったのですね。
 政治と経済、社会の正しい情報を知り、勉強をしてきたつもりではあります。
 その中でこの3年ますます強くなってきた思いをいくつが挙げてみます。

 1 6、7割の国民は無自覚にテレビに影響されている。
 だが、3、4割はテレビに疑いをもっている。
 そのうち半数くらいはテレビに影響されない自分を持っている。
 マスコミの「世論調査」なるものはテレビ報道の忠実な反映であって、それ以上ではない。
 問題なのはその世論調査を「テレビ報道の反映」ではなく、「世論」だと思ってい受け止めて。その「空気に同調」する人が多いことである。

 2 国内のNHK、2通信社、5大マスコミは米国(具体的には米国の軍産複合体)のかいらいである。
 戦後占領期から日米安保体制と現在に至る、「利害共同体」である。
 従って対米自立とか米国軍産複合体の利害を損ないそうな方向、人物を徹底して叩きまくるのである。
 最も悪質で影響力のあるのがNHKを含めたテレビであり、新聞である。
 ラジオ、深夜番組、スポーツ紙などはさほどではない。後発である中日、東京新聞、琉球新報、沖縄タイムスも同様だ。

 3 大金持ちも貧乏人も同じ人。同じ感情と理性があるはず。
 まあ、これは人権の基本ですが、人権としての意味は貧しい者や弱い者から金持ちや強い者に向かって主張すると人権の宣言です。
 皆同じ人間だと言うのは義務教育で仕込まれたのですが、日本の教育は階級対立無しで教えるものですから、一般の勤労階級の子弟にとっては校長も、権力亡者も金銭亡者も同じ感情と理性の同じ人間だという、ちょっとずれた似非ヒューマニズムになっていると思います。

 物事は相対的なもので、人権侵害される、そんな恐れがある人間が、人権侵害してくる、かも知れない人間に表明するのが人権です。
 ずれた似非ヒューマニズムとしての「皆同じ人間」論は日本単一民族論と同じで何の価値もありません。
 なぜなら、はっきり言って、世の金銭亡者や権力亡者は、勤労階級のことを「同じ感情や理性をもった人間」なんて思っていませんよ。
 思っているなら余程の「お人好し」なのですが、ここで先程の「ずれた似非ヒューマニズムとしての「皆同じ人間」論が健全な認識を邪魔するわけなのですよ。
   
 再度言いたい。世の金銭亡者や権力亡者は、勤労階級のことを「同じ感情や理性をもった人間」なんて思っていませんよ。

 そんな訳でこのブログの目的は、徐々にですがマスコミの嘘と騙しを出来るだけ暴き、少しでも微力でも事実の情報拡散に貢献する。という方向になってきました。 

 ずいぶんと長い距離を歩いてきた感じがします。投稿記事のページ数が1,662、総アクセスが144万7,660となりました。
 へぼブログにも関わらずご訪問、ご愛読くださり、本当にありがとうございます。
 よろしければお立ち寄りを、あるいはこれからも長らくのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

 いささか真面目な話を書き続けてしまいました(笑)。

青空 
関連記事

泉田知事、規制庁長官に怒りの抗議

 泉田知事

「原子力発電所の安全と住民の安全。守る気があるんでしょうか?」泉田新潟県知事4/22報道ステーション・OurPlanetTV(文字起こし) 4/23 「kiikochan.blog」から

新潟県知事が激怒 原子力規制委は…

新潟県知事が怒り心頭

泉田裕彦知事 新潟県:
行政機関の話も聞かない。
現場の声も聞かない。
そんな安全基準がどうして役に立つと思うんですか?


泉田新潟県知事が原子力規制庁の池田長官と面会し怒りをぶつけた。
規制委員会が今月10日新規制基準案を了承した事に関係する。

泉田裕彦知事 新潟県:
上から目線で決めている独立行政委員会が
「いい」って言えば全部いいんだという態度は間違いだ
と思いますよ。
じゃあ3月の段階からあって、それで、ここまで引き延ばしたんですよ。

知事は原発を抱える新潟県の疑問点などを新基準に反映するため、3月に面会を申し出たが拒否され、
そのまま基準案が策定されたという。
自然災害と原子力災害が同時に起きたらそれぞれの法律の間で“不具合”が生じるという。

泉田裕彦知事 新潟県:
そもそも、法体系が二重になっているのは問題だと思いませんか?
新潟県は福島の事故が起きる前に複合災害(2007年地震で原発に影響)を経験していますからね。
地震の中で原子力災害が起きた場合に、このオフサイトセンターに知事が行ったら
災害対応の指揮が出来なくなるんですよ


他にもいくつかの問題を訴えた。

泉田裕彦知事 新潟県:
国の安全を守るために真面目に仕事をしていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

池田克彦長官 原子力規制庁:それはちょっと言い過ぎじゃないですか!

泉田裕彦知事 新潟県:
じゃあ、どうしてね、今日まで引っ張るのか。
そもそも原案が出来るまでですよ、会わないというのがおかしいでしょ?

…………………………….
 
「住民守る気あるのか」新潟県知事、原子力規制委を批判
ourplanet 04/22/2013 - 08:22

新潟県の泉田裕彦知事は22日、
同県が独自に設置した東京電力福島第1原発事故の検証委員会の議論に基づいた要請書を手渡すため、
原子力規制庁の池田克彦長官と面会した。
泉田知事は冒頭から、「原発と住民の安全を守る気があるのか」と原子力規制委員会を批判。
「なぜ田中俊一委員長が会わないのか」と怒りをあらわにした。
 
泉田知事が提出したのは、同県が3月29日にまとめた
「原子力発電所の安全対策及び住民などの防護対策について」と題した田中委員長宛の要請文
同県の検証委員会の議論に基づいたもので、
原発事故対策のほか、緊急時の広域避難ルートの明確化や物資の調達、
福祉病院施設の対策を含め、具体的な対応策の検討を求めている。
 
泉田知事は、去年10月に田中委員長宛てに、
原発事故対策と住民の避難対策の強化を求める質問状を送ったにも関わらず、
4ヶ月間も回答がないまま、原子力災害対策指針や新基準を策定していると厳しく批判。

 住民を守る気があるのか

新潟県 泉田知事:原子力発電所の安全と、それから住民の安全。守る気があるんでしょうか?

規制庁 池田長官:それは当然です。それが我々の責務でございますので、えー、それは当然ですよね。

新潟県 泉田知事:立地地域と向き合う気はありますか?

規制庁 池田長官:もちろんです。

新潟県 泉田知事:あるんですね。

規制庁 池田長官:はい。

新潟県 泉田知事:なぜ、田中委員長は今日会いに来ていただけないんですか?

規制庁 池田長官:中身につきましては我々がきちんとあげております。えー、それをね、あの

新潟県 泉田知事:どうして間接話法にしようとするんですか?じゃあ。

規制庁 池田長官:
いや、それは、あ~、ま、いろいろな団体からですね、面会を受けて非常に多いんです。
それを、おー、おー、お…片方は

新潟県 泉田知事:新潟を団体の一つだと思っているんですか?行政を所管しているんですよ。

規制庁 池田長官:いや行政を所管しているけれども同じです

新潟県 泉田知事:原子力安全行政の一部を担っている訳でしょ

規制庁 池田長官:いやいやとにかく

新潟県 泉田知事:
原子力規制委員会っていうのは、避難をどうするのかという事に対しても責任を持つ機関じゃないんですか?

規制庁 池田長官:あー、あの、許可を住民にとるという話ですか?

新潟県 泉田知事:
そういうことです。
どうしてそれをね、現場の実際の話を聞かないで出来るんですかね?
どうしてそれで完全な、完全なというか、内容ですよね。
今回の安全基準と言われるもの。
少なくても新潟県は柏崎刈羽の中越沖地震の際に火災事故と複合災害を経験しているわけですよ。
で、いったい何が起きるのか?
現場がどうだったか?というのを聞かないでどうして判断できるんですかね?
我々が現場で何が起きて困ったのか。
たとえば複合災害の場合は電源車がそもそもたどり着けない可能性だってある訳ですよ。
どうするんですか?


福島の検証もしていない。
行政機関の話も聞かない。
現場の声も聞かない。
そんな安全基準がどうして役に立つと思うんですか?


どうしてこれを15分で説明できるんですか、そもそも。
「15分しかダメ」っていうのはそちらからですよ。

原子力規制庁広報課 佐藤暁課長:
今日の15分というのも、わたくしは新潟県さんから15分でいいというふうに聞いています!
 ※佐藤暁課長ってこんな方 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2388.html「福島県民に無用の被ばくを避ける権利があるかどうかは分からない」と言った佐藤暁

新潟県 泉田知事:
いい加減にしてほしいですよね。
それで原子力安全行政を国民に「安心しろ」って放れますか?

記者:知事、最初から相当お怒りでしたけれども。

新潟県 泉田知事:
そりゃそうですよ。
だって3月からね、安全基準を検討している中で、
県の技術委員会で専門家が検討した事をお知らせをしてですよ、
「より安全になるように」という形で申し入れをしているのに会わない
訳ですよ。
さらに記者会見で田中委員長が
「なぜ新潟県知事の質問に答えなければいけないのか。義務はない」
というような発言をしている訳ですよ。
これは、「国民の安全を守ろうという意識が組織としてあるのか?」と
やっぱり疑問を感じざるを得ないんですよね。

記者:あらためてどういった事を規制委員会に求めていきたいと思っていますか?

新潟県 泉田知事:
これはね、安全を守るっていうことですよ。
福島の事故がなぜ起きて、
そしてそこにどう対応したのかという事をしっかりやるという事が一番大事であって、
それを透明性を持ってですね、情報を提供していくっていう事が一番重要なんじゃないでしょうか。
情報は提供しない。それから話も聞かない。独善で進めると。
我々は指針を書きました、終わり。と、
これで信頼を得るのは難しいんじゃないでしょうか?


記者:柏崎刈羽原発の再稼働について

新潟県 泉田知事:
だから再稼働の議論は福島事故の検証が先でしょうと質問もしている訳です。
答えられている所が答えていないという事ですもんね、今日の話だと。
先ずそっちが先だと思います。

記者:じゃあ、何年かかっても?

新潟県 泉田知事:だから、時間の概念じゃありません。(※北風:人命の安全に関することだ!) 
  …………………….

原子力規制委員会の定例記者会見(平成25年3月13日)
動画はこちら↓
http://youtu.be/5D0ozCwRWtE?t=14m44s
14:44~

雑誌科学 田中:
ありがとうございます。
では、最後の質問、第4番の質問をさせてください。
昨年 10 月 29 日付で新潟県の泉田知事から委員長宛てに出された質問状に対して、
2月6日の規制庁から知事への回答は、
具体性を欠き、正対したものになっていないことからお考えを伺いたいと思います。
質問状には高放射線量率下での収束作業が必要な場合に
労働法制上、民間事業者である電力事業者等の従業員に
収束作業の実施を命じることができるとお考えでしょうかという問いがあります。
もう一つ、高線量率下で緊急時対応を実施する特殊部隊を国として創設すべきと考えますが、
どのようにお考えでしょうかという問いがあります。
委員長のお考えをお聞かせください。

田中委員長 :
まぁ、個人の考えをいま述べるような質問ではないですね。
今後、あの大事なことかもしれませんが、
あのこれから検討そういうことも含めて、あの、検討する必要があると思いますが、
えっとー、日本の場合は今までは、そういう、あのー体制が整っていなかったという、
御指摘があるのは分かっていますけれども、
すぐにそれをできるかと誰かが命令して、かなりあの、ま、言い方はあれですけれども、
アメリカだと FEMA(米国連邦緊急事態管理庁)かな?
あういうような、そういう組織を作るべきだという御指摘はあるんだけれども、
日本でそれがすぐにそういうことができるかどうかというのは、そう簡単な課題ではないです。
(※北風: FEMA(米国連邦緊急事態管理庁)などが出てくるとこでこの人の頭の中がわかる。 FEMAは緊急事態にその地域で軍と公安の全権を握るのだが、ニューオリンズの水害で恥を晒した。
頭のなかが治安とか鎮圧とかで埋まっているのだろう。
当初記者会見から新聞「赤旗」を排除しようとした、広報課長の佐藤暁と似たような異常な「とんでも非常識」人間だ。)

田中記者:
もちろん簡単ではないですが。

田中委員長:
でも、それが新潟県知事から出されたからって、
私がいちいちそれを答えていく義務があるとは思えません


司会:
田中さん、ほかにも質問されたい方がいらっしゃるのでちょっとよろしいですか
 ーーーーーーーーーーーーーーー
※北風:この異常な傲慢さと国民を軽蔑した態度。この特徴では電力幹部もおかしい者が多いが。負けず劣らずの異常性格だ。
 科学、学術とか合理的思考などの資質を期待できない人格ではないか!
 国会事故調も指摘した人間の資質の問題が露呈している。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん