fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

死刑廃止論議がほとんどない国

絞首刑

 日本は死刑廃止論議が、確かに盛り上がらない国ですね。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
  死刑反対は日本にほとんどない (DW English) 3/1 独DWサイト英語版 阿修羅から
 
(Little opposition to death penalty in Japan: DW English)
http://www.dw.de/little-opposition-to-death-penalty-in-japan/a-16638607
   
国家が人を殺すことの倫理的な是非について、他国では死刑制度に熱い議論が沸き上がっているが、日本には、このような議論は存在してこなかった。
今日、法廷の判決がこの処置を許可しているにも係わらずだ。

日本の最高裁は、2004年に4人の死に関連して有罪判決を受けた男性の上告を棄却し、伊藤玲雄氏(38)が死刑となるべきことが確定した。

伊藤氏は、詐欺グループの仲間だった2人の男性が、グループが不法に入手したお金を盗もうとしていたことが分かると、彼らを殴り、窒息させた。彼はその後、別の2人の男性に、死に至るに十分な酷さの怪我を負わせた。

この事件を担当した裁判官は判決で、伊藤氏の犯罪は「残酷かつ粗暴」で、「人命無視」を示したものだと述べた。

伊藤氏は日本の死の行列に並ぶ131人目の人物となり、この数字は再び吊り上がった。その1週間前、3人の死刑執行により、この数字は減っていた。

小林薫氏(44)は、2004年に女子小学生を誘拐・殺害したことで有罪となり、死刑が執行された。金川真大氏(29)は、2008年の無差別殺人により有罪と認定された。また、加納恵喜氏(62)は、2002年3月に名古屋で酒場の経営者を殺害したために死刑が執行された。

この3人の死を受けて開かれた記者会見の話で、谷垣禎一法相は、12月の総選挙で中道右派・自民党が政権に復帰して以降、初の死刑執行となる執行命令書になぜ署名したかを説明した。

「これらの事件は極悪非道な犯罪に関連している」と、谷垣禎一法相は語った

  「極悪非道な犯罪」

「これらの事件は全て、自己中心的な理由から貴い人命を奪った、極悪非道な犯罪に関連している」と、同法相は語った。

超党派の議員グループは政府に抗議を行い、法務省は死刑についての情報提供-死刑制度を廃止している国は増えている、など-を怠たり、この問題についての議論を抑え付けていると述べた。

地元メディアはこの抗議にほとんど言及しなかった。この3人の男性が行った犯罪の恐ろしい性質を考慮したのだ。

「この男性たちはみな命を奪ったわけで、日本ではこの処罰が法で定められているので、私はこれが正しいことだと思う」と、東京の北、埼玉県の主婦、ホソムラ・カナコ氏は語った。「私は母親であり、彼らの1人が少女にやったことを読んだとき、怒りがこみ上げた。」

「もし、私が少女の母親だったら、やはり、彼には死刑になって貰いたいと考える。」

日本では、死刑制度への支持は一貫して高く、最近の世論調査でも、一般国民の80%以上が、特に極悪犯罪で有罪判決を受けた人に対して、死刑執行を支持していることが示されている。

「この考え方に、あまり多くの日本人が悲しんでいるようには見えないし、極悪犯罪を犯したのなら、その人は死刑になるのが相応しいという意見を、日本人の多くが持っている」と、明治学院大学の人類学教授トム・ジル氏は語った。

  人命の尊厳

「日本史の中で、死刑制度は廃止と復活を何度か繰り返した。しかし、人命の絶対的尊厳という考えがいくらか欠けているようで、特に、他者の命を奪った人にはそうだ」と、彼は語った。

「そして、その最たるものとして、何か恥ずかしい行いをした者を抹消する傾向も、日本社会にはある。」

日本には、死刑制度への支持が幅広く存在するにもかかわらず、これが政治的な課題であり続けるよう取り組んでいる市民団体もある。

「死刑モラトリアムを導入し、国民的な議論を促進し、死刑制度の運用についてより多くの情報を開示するよう、私たちは日本政府に求めてきた」と、アムネスティ・インターナショナル日本支部の活動家・川上園子氏は語った。

「また、冤罪による有罪が、最近これほどたくさん見つかったのはなぜかを検証するために、刑事訴訟システムをもっと幅広く見直すことも、私たちは求めている」と、彼女は付け加えた。有罪を確実なものとするために自供を利用するのは、システムに欠点があると、活動家たちは主張する-特に、警察が最大23日間、弁護士が付かない状態で被疑者を勾留できる点については。

「日本で、一般国民が死刑制度に非常に高い支持を続けているのは、いくつかの理由を総合して考えているのだと、私は思う」と、川上氏はドイヂェ・ヴェレに語った。「まず、被害者の遺族に同情を集めて、厳しい判決を促すよう、メディアが話を誇張している。」

死刑反対を主張する人たちは、この問題が課題であり続けるよう取り組んでいる

  一般国民は詳細を知らない

「また、日本の一般国民は死刑がどのように執行されるか、詳細を良く知らないのだとも、私は考える」と、彼女は語った。「さらに、70%以上の国々が死刑制度を廃止していることも、国連が死刑の慣行を非難する決議をしていることも、多くの日本人は知らないのだと確信している。」

先日の死刑執行に対して、欧州連合は厳しい反応を示した。駐日欧州連合代表部のハンス・ディートマール・シュヴァイスグート代表は、この死を非難した。

「2013年2月21日、3人の死刑囚に死刑が執行されたことに対し、私は深い遺憾の意を表する」と、代表は声明で述べた。「欧州連合は、あらゆる環境の下でのいかなる事件においても死刑の慣行に反対し、一貫してこの全面的な廃止を呼びかけてきた。」

「日本が死刑モラトリアムを検討し、その一方で、この問題について一般国民の間で包括的な議論を認めるよう、私は心から願っている」と、代表は付け加えた。

しかし、日本政府は世論の高い支持を受けており、また、一般国民も先日死刑が執行された3人の男性にほとんど関心を示していないことから、この問題での議論の呼びかけには、誰も耳を傾けないようだ。

発表 01.03.2013
執筆 Julian Ryall, Tokyo
編集 Gregg Benzow
 ーーーーーーーーーーーーー
 大いに参考になりそうな死刑制度に関してのFAQ。

 死刑廃止を推進する議員連盟はおよそ80名(2009年)
 ーーーーーーーーーーー
 議員連盟のWikipediaによる概要

1994年4月6日に当時、公明党所属の国会議員だった二見伸明の働きかけで発足し、衆議院・参議院合わせて103人の超党派の国会議員が参加した。初代会長には元衆議院議長の田村元が就任。2代目会長は左藤恵元法務大臣、3代目会長は竹村泰子。2001年12月4日に亀井静香が第4代会長に就任した。事務局長は民主党の村越祐民。

2003年、死刑廃止議連は超党派の議員立法で死刑執行停止法案を作成[1]。その他にも、死刑制度に関する会合に議連メンバーが出席して廃止を訴えたり、死刑執行が行われた際に記者会見で抗議のアピールを行ったり、法務大臣に死刑執行停止の申し入れを行うなどの活動をしている。

なお議連のメンバーだった民主党の千葉景子は、鳩山由紀夫内閣での法相就任に伴い議連を退会。菅内閣でも留任し、第22回参議院議員通常選挙で落選後、7月24日に2人の死刑囚の死刑執行を命令した(24日の時点では落選は確定していたが、まだ参院議員の任期中だった)。

2010年現在、①重無期刑の創設、②死刑評決の特例化、③両院に死刑問題に関する協議機関を設置、の三点を中身とした議員立法「重無期刑の創設及び死刑に処する裁判の評決の特例等に関する法律案」の提出・成立に向け活動を活発化している。2011年8月8日、法務省主催の死刑の在り方についての勉強会[1]に亀井静香会長及び村越祐民事務局長、本多平直幹事の三名が参加し、所見を述べた。

会長 : 亀井静香(みどりの風)
会長代行 : 中川秀直(自由民主党)
副会長 : 仙谷由人(民主党)、加藤紘一(自由民主党)、斉藤鉄夫(公明党)、福島瑞穂(社会民主党)
顧問 : 保坂展人(社会民主党・世田谷区長)
事務局長 : 村越祐民(民主党)
幹事 : 山花郁夫(民主党)、照屋寛徳(社会民主党)、川田龍平(みんなの党)、井上哲士(日本共産党)、浅野貴博(新党大地)、辻元清美(民主党)
 ーーーーーーーーーーー
 国が毎年調査している法制度世論調査に死刑制度の項目があるが、設問項目に死刑の対案提示がなく批判されている。
 また日弁連は国連など国際社会の流れを踏まえて論議を起こすべきとしている。
 TKY201211270939_20130326122059.jpg
関連記事

衆院選「違憲で無効」の広島高裁の判決を受けて:生活の党

   衆院選「違憲で無効」の広島高裁の判決を受けて 生活の党
                          平成25年3月25日
                          生活の党代表代行・総合政策会議議長
                          参議院議員 森ゆうこ

 本日、平成25年3月25日、広島高裁で、昨年末の衆議院選挙の一票の格差訴訟で「選挙無効」の判決が下された。
 違憲状態のまま選挙を行ったのだから、ある意味当然の判決であるが、「選挙無効」という司法の判断は極めて重い。

 最高裁の判決から一年半も「違憲状態」を放置し、法改正はしたものの新たな区割りを待たずに総選挙を行うことについて、「選挙無効」の判決が出るのではないかと国会質疑で警鐘を鳴らしたにもかかわらず、一顧だにされなかったことは極めて遺憾である。

 生活の党は、一票の格差が生じないように、5年ごとの国勢調査に基づいて自動的に見直しが行われる選挙制度改革案の議員立法に既に着手しているが、立法作業を更に加速させて改正案を速やかに提案する。

 議会制民主主義の基本は、言うまでもなく正当な選挙が行われることである。
 違憲、選挙無効という司法判断を受けた選挙の結果誕生した安倍内閣の正当性が問われる。
 そのような内閣が憲法改正に言及したり、国論を二分するTPPに交渉参加を表明したりする資格はない。
 本日の判決を真摯に受け止めるべきである。
関連記事

小沢氏3/20尾道演説

 小沢160320尾道

   小沢一郎代表全国行脚第3弾~広島県~(尾道)  生活の党 

3月20日、小沢一郎代表が全国行脚第3弾として、佐藤公治参議院議員の選挙区である広島県を訪れました。
原発ゼロを掲げる生活の党として、同じ原子力により大勢の人命を奪った原爆被害を忘れず、平和祈念公園で、佐藤公治参議院議員、亀井静香衆議院議員と共に献花をしました。
その後行われた広電電停大通駅前での街頭演説には、大雨にもかかわらず約300人の方々が、また東広島市で行われた街頭演説には150人を超える方々が足を止めて耳を傾けてくれました。
最後に訪れた尾道市での佐藤公治後援会拡大役員会で行った小沢代表の挨拶の要旨は以下の通りです。

広島市広電電停大通駅前での街頭演説の様子はこちら(外部サイト)
東広島市フジグラン東広島店前での街頭演説の様子はこちら(外部サイト)
(※ もうすぐ北風:上記2箇所の街頭演説の書き起こしは「小沢氏3/20広島街頭演説」にあります)

【挨拶要旨】  3/20 尾道市

 久しぶりに尾道に参りまして、こうして佐藤公治君を育てて、一生懸命支援してくださっている後援会の幹部の皆様の前で、ご挨拶をさせていただくことを大変楽しみに、うれしく思って参りました。
 今日は先ほど来お話にありましたように、亀井(静香)先生と一緒に、佐藤公治さん本人、そしてはたともこさん、中川(けい)さんも一緒に、街頭をしながら参ったわけであります。
 何といっても選挙は、とにかく皆さんの、主権者の審判でありますので、これに不合格とされれば、政治家は何もすることができません。
 そういう意味で、私から重ねて言う必要はないと思いますけれども、皆様の7月に向けてのご支援を心からお願いする次第であります。

 今、亀井先生から熱弁をふるっていただきました。
 彼の言ったことは、ちょっと長かったのですけれども、ごもっともだと思います。
 どうか、まさにこの選挙区でお互いに2人で力を合わせ、ぜひいい結果を出してもらいたい、そう思います。

 私は佐藤守良先生と同期で、同期と言っても経験と年齢が親子ほどとは言いませんけれども、兄貴、弟というような感じの立場でございましたので、本当にお互いに自分をさらけ出しての付き合いでありました。
 そして同じ目標と志をもって頑張って、自由民主党、時の政権与党を離党し、このままではだめだ、日本社会を根本から変えなくてはならない、政治を変えなくてはいけない、そういう志の下に新生党を作った、という経過でした。

 その後、一緒にやっていたのですが、志半ばで、先代守良先生は残念ながらお亡くなりになってしまいました。
 しかしそのあと、皆さんのご支援のおかげで佐藤公治議員が、やはり父親の(守良)先生と一緒で、私どもと共通の目標を持ちながら、今日まで政治活動を続けてまいりました。
 私はそういう中で、ただ単に佐藤守良先生の息子さんだからということではなくて、亀井さんも同じように、今では彼の事を評価していると思いますが、本当に、次の世代を託す、私が自分の政治家としての役割を終えて、松明を託す次の時代のリーダーとして大変期待を致しております。

 そういう意味で、先ほど後援会長から、親父さんと同じ状況とすればまだこれからだ、というお話がありましたが、その通りでございます。どうか皆様の一層のご支援をお願いしたいと思います。

 ただ、皆さんにお詫びをしなくてはいけないことがあるのですが、今度の選挙戦、非常に厳しい戦いであろうと思います。
 それは昨年来のいろいろな経緯を振り返っていただければ、皆さんもおわかりの通りだと思います。

 私どもは3年半前の衆議院の総選挙、さらにその前の参議院の選挙、その中で、自民党政治では、すなわち、官僚支配の上に乗っかっている政治、自民党の長期政権では、もはや、国民の皆さんの心をとらえていない。国民皆さんの暮らしをこのままでは守ることができない。
 また、国際社会で日本が荒波を乗り越えていくことはできない。
 そういう思いを持って、皆さんに訴えました。それで政権交代を皆さんが期待して、民主党政権を作ってくださった。
 しかし残念なことに、その民主党政権は皆さんの期待とは裏腹に、結局はまた官僚支配に戻ってしまって、本来の国民主導、政治主導の政治とは程遠いものになってしまった。
 私たちはその意味で、国民の皆さんとのお約束と違うではないか、これでは本当の我々が目指したものではない、という中で、正しい行動をとらざるを得なかったわけであります。

 この3年数か月の民主党政権、私自身はご承知のように、検察官僚の、国家権力を利用した妨害にあいまして、政治活動を制約されて参りました。
 そういう中で、民主党が当初の初心とは別の方向に行ってしまったこと、本当に残念でなりません。

 私は自分のことを理由にしているわけではありませんが、何としても、佐藤守良先生と自由民主党を離党して以来、この日本に、本当に政権交代可能な議会政治、議会制民主主義を定着させないと、これからのいろんな大きな問題を解決することができない、
 そう思って行動を起こしたその初心
を、私はどこまでも最大の政治家の目標として貫かなければならない、と今なお思っております。

 その中で、我々も小さい政党になりました。民主党も惨敗してしまって、政権も一朝の夢になってしまった感がありますけれども、選挙戦、この夏参議院選挙があります。
 しかし、総選挙で負けてしまって、政権もなくなってしまって、それも仕方ない、と諦めてしまったのでは、本当に我々が今までみんなの代表として選ばれて、何をしてきたのだ、何を目指して我々は政治活動をしてきたのか、という意味を失ってしまいます。

 ですから、何が何でも、もう一度次の総選挙を目指して、政権奪還を目指して国民の皆様の期待に応え得る勢力を結集していかなければならない。
 そしてそれこそが、私の政治家としての最後の役目だと思っているわけであります。

 もちろん政治は国民の皆さんのためのものですから、何党の政府であろうが、何党の内閣であろうが、国民の皆さんにとっては、いい政治さえしてもらえればいいわけであります。
 その意味で、自民党政権が復活して、本当に野党になった時の経験を生かし、謙虚な気持ちで国民の皆さんの目線で、国民の皆さんの暮らしに焦点を当てながらも肌理の細かい政治をきちんとしてくれればいいし、
 また外交も、アメリカであれ、中国であれ、朝鮮半島であれしっかりした外交で、日本を間違いなく導いてくれればそれでいいのです。

 しかし、今日の、3年数か月ぶりに復帰した自民党政権、安倍政権、今大きなメディアは笛や太鼓をたたいておりますので、何となく国民の皆さんも、なんかかつての自民党とは違ったいいことをやってくれるのではないか、という意識を持つ方も多いと思いますけれども、
 現実の政権、あるいは政治の中身はかつての自民党政権と全く変わっておりません。
 まさに官僚支配はますます強まってきておりますし、それと同時に、内外の問題がどんどん厳しさを増しているということです。

 今日は広島で慰霊塔に花を捧げてきましたけれども、
 この原発の問題。核兵器、原子爆弾と原発は別だ、目的が違う、その通りではあります。
 しかし、この原発がこれだけの事故を起こしたにも関わらず、私も被災県の一つでありますけれども、政府やマスメディアは、もう原発の事故は収束した、とのようなことをずっと流しています。
 ですから国民の人たちも、のど元過ぎればという国民性もありまして、もう終わったような気でおりますが、とんでもないです。まだまだ収束など一向にしておりません。

 毎日毎日空気中に放射性物質が排気されておりますし、この間海の魚の放射線量をはかったら、(基準値の)何十倍、何百倍の放射能が検出されたということをご存じだと思います。
 そして先日は冷却装置が止まった。これが本当に止まったりしたら、まさに膨大なウランと燃料、どうなるか皆さんも容易に想像がつくと思います。

 原発事故を、どうも日本人が何となく忘れてしまった。
 ところが世界中でみんなが、原発どうなのだと一番心配している

 ドイツは先進の大国で原発を10年後に廃止すると決めた唯一の国です。このドイツが原発ゼロを決めたのは、日本の福島原発の事故でもって、国民みんなが、これはやめようということに決めたわけです。私もドイツへ行って聞いてきましたけど。

 話が長くなりますからやめますが、そんな原発の問題が、将来にわたって深刻です。
 それからTPPもしかり。あるいは来年から消費税の大増税が始まります。いろんな国内上の問題もあります。
 それから、これまた忘れ去られていますけれども、民主党が政権を取るきっかけになった年金の問題。消えた年金。
 これがまだ半分しかはっきりしていない。全然話題にならなくなりました。
 それから消費税を上げる3党合意で年金の新しい制度を作ると言って無理矢理消費税を通しましたけれども、年金をどういう仕組みにするかということは、全然具体的に議論をされていない
 こんな問題もみんな、その場その場のご都合主義でもって忘れ去られてしまっている、というような国内の問題もあります。

 それから外の問題もまた大きくなっています。
 日米関係も大変です。それから中国も新しい政権になりました。
 ご存じの尖閣列島の領土争いの問題もあります。韓国との竹島の問題もあります。
 そういう日本列島が位置しているこの極東、北東アジアは、もっとも危険と言いますか不安定な所であります。
 それぞれが宗教も違えば政治組織も違う、というような国々ですから、いつ動乱が起きるかということが想像もつかないような、その意味では非常に危うい状況にある。
 それで一方ではヨーロッパ。ヨーロッパもまたキプロスなどでユーロがおかしくなってないか、とまたぶり返している。
 これが本当におかしくなったならば、世界恐慌、金融恐慌的になってしまいますから、これまた経済上も大きな問題を抱えている。

 そういういろんな問題がありますから、それを乗り越えていくためには、本当に日本が自立し、日本人が自立し、そして日本人の代表である政党、政権がきちんとした、自立した認識と政策を持って政治に関わらなければいけないのが今の時代だと思います。

 このままいくと、本当に自民党の一党政権にずっとなりかねない。
 戦後半世紀以上続いた政権。それのいろんな矛盾があり、いろんな不具合があったからこそ国民は政権交代を望んだはずなのです。
 だけど新しい政権がだめだった、いややっぱり自民党しかしょうがないのだ、という今の結果で見ればそうなっているのですけれども、
 これは私、政治家としても、また国民としても、一回ダメだったから、一回失敗したからそれで諦めるということでは、あまりにも情けないし、また日本の前途が非常に変わってしまいます

 私はその意味で、愚弄馬齢を重ねて、次の世代に松明を渡さなければならない齢になりましたけれども、3年半前でやっとこれで俺の理想の第一歩を実現したと思いましたら、このような有様。
 もう一度やはり、本当に政権交代可能な、そして1つの政府、与党が油断すれば、おかしな政治をすれば、必ず野党が政権を取って代わる、
 そういう状況を作ってこそ、本当に切磋琢磨して、いい政治をしなくては政権を維持できない、ということになるわけですから、
 そういう本来の民主主義、本来の議会政治を何としても日本に定着させなくてはいけない
 それが自民党を離党して以来の私の使命でもあり、目標でもあるわけであります。
 そういうことを考えながら全国を周っております。

 当面は参議院の選挙戦。
 この参議院選挙は今の状況だとまた、俗に第3極と呼ばれる、民主党も今では似たようなものですけれども、このままばらばらで戦うことになれば、結果は非常に難しくなると思います。
 しかし、私どもとしては、単独で、我々生活の党が戦っても、必ず一定の国民の皆さんの支持を得て、一定の議席を得て、そして次の総選挙へ向けての起爆としていきたいと思っております。

 多くの候補者の中でも、佐藤公治君は最初から言っているように、本当に長い付き合いと信頼関係の中で、今日まで同士として共に歩んできた一人であります。
 そして私は、この次の総選挙でもう一度、議会制民主主義を日本に定着させるための戦いを挑みたい、そう思っておりまして、その後に、佐藤公治君に、私のバトンを委ねたい、そういう私の心情的な思いであります。

 どうか皆さん、この選挙戦、本当に厳しい、その意味で今いろいろ申し上げましたが、私大変責任を感じております。
 その分、皆さんのお力でぜひとも、佐藤公治君をもう一度、参議院に送っていただきたいと思います。

 それと同時に、はたともこ君は同じ地元の出身、比例区でありますから、どうぞ2人、選挙区と比例区と地元の2人でございますので、ぜひとも皆さんの格段のお力添えをお願いする次第でございます。

 本日は本当に、幹部の皆様とお会いでき、ご挨拶させていただきましたことを、心から重ねて感謝申し上げて、ご挨拶といたします。
 ありがとうございました。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん