fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

権力に屈しない科学を

 現実には科学は権力に牛耳られている。権力に都合の悪い研究は予算がつかなく、都合の良い成果を出す研究は優先的に巨額の予算がつくためだ。
 それにマスコミが大宣伝するので、権力にとって都合の良い成果で国民は洗脳される。
 地球温暖化詐欺が典型例だ。

 原子力安全神話や放射能安全教徒はとんでもない被害を拡大し続けている。
 権力に屈しない科学を国民が望まなければ、正しい科学にはならない。
 科学に限らない。
 すべてだが、声を挙げずに放置していては騙されるばかりである。
 ーーーーーーーーーーーーー
【社説】週のはじめに考える 科学者よ、屈するな 2/24 東京新聞

 科学は進歩をもたらすが、時に害悪ももたらします。公害や原発事故などです。それらを避けるには、科学者たちの屈しない姿勢がまず欠かせません。

 原発については目下、活断層の評価などで、原子力規制委員会と電力会社との間で意見が分かれたりしています。日本は地震国なのだから、国民の納得のゆく結論がぜひほしいところです。

 国策でもあった原子力をめぐっては、当初から学者たちの激しい議論が起きていました。

◆湯川、坂田の委員辞任

 日本初のノーベル賞受賞者湯川秀樹は、請われて就任した原子力委員会の委員(非常勤)を短期で辞任し、やはり物理学者の坂田昌一が原子力委員会の専門部会委員を中途で辞めています。

 湯川の場合、病気静養を理由とし、また引き受けても一年程度という約束もしていたのですが、早期の原子炉導入にはもともと慎重な立場でした。

 坂田の場合、辞任の理由は明白でした。

 自ら委員を務める、原子炉導入を審議する委員会にあてて手紙を出していた。英国コールダーホール型原子炉の東海村導入をめぐり近隣住民の退避を決める際の放射線量の明示と、それをどういうふうに決めたかの審議の内容が公開されないままでは国民に責任がもてない、という内容でした。

 学者として、安全を保証できない、というのです。

 当時科学者らに原子力発電への反対は見られなかったのですが、世界に遅れまいとする積極派と、それよりも安全を重視する慎重派とがありました。積極派は原発推進の政治に同調的でした。

 慎重派は坂田らに代表される動きですが、原子炉ならその設計から材料、万一の放射能漏れへの対処まで自分たちでしっかりとつくるべきだという立場です。

◆政治に負かされたよう

 しかし残念ながら、湯川も坂田も辞めるという行動でしか抗議の意思を表明できなかった。その後を見れば、まるで政治に打ち負かされたようにも思われます。

 いくつもの公害の中でも熊本・水俣病はひどいものでした。

 住民に、メチル水銀の被害が現れ、一九五六年に熊本大医学部は原因としてチッソの工場排水に着目した。その三年後、厚生省(当時)の部会が原因は有機水銀化合物との答申を出す。ところが毒の廃水は海に流され続け、政府の公害認定はさらに九年後でした。

 一体、医師は、科学者は何をしていたのか。科学は人の苦しむのを見て見ぬふりをしていたのか。

 一体、政治、行政、またメディアは何をしていたのか。科学者の責任だけにしておいたのか。

 化学肥料を量産するチッソ水俣工場とは、食料増産を支える国策に違いなかった。しかし、それは苦しむ人々を放置したことにおいて、技術の進歩でも国家の発展でもなかったといえるでしょう。

 原子力は、より大きな国家的目的を与えられてきました。草創期は被爆国ゆえの核の平和利用、オイルショック後には石油の代替、最近の温暖化対策ではクリーンエネルギーであるというように。

 夢のような言葉によって危険は覆い隠されてきたのです。

 原子力規制委は、原発の新基準をつくりつつあります。
 冷ややかに見るのなら、欧州などの国際基準並みにするということなのですが、基準が厳しいほどその達成には当然ながら多額の費用と時間を要します。過去の“欠陥”を直さねばならないのです。

 田中俊一委員長は、「コストがいくらかかるかについて私は全く頭にない」と会見で言い切った。脳裏には科学者の責任があるでしょう。

 思い出されるのは、昨年の米国原子力規制委、ヤツコ委員長の辞任です。福島の事故の後、原発の電源喪失対策を厳しく求め、米国の原子力業界と対立していました。規制委の中で孤立していたともいわれます。

 彼自身に業界や政治を説き伏せるだけの力量がなかったのかもしれません。それは、あまりにも巨大な敵でもありました。

◆科学技術は人のため

 しかし、どうでしょう。

 もし、科学者が日和見になったり、骨抜きにされたら、科学は害悪をもたらすのではないか。

 それこそが公害の歴史でした。見るべきものを見逃し、唱えるべきことに沈黙してきたのです。

 現代科学の巨大化複雑化は、もはや科学自身が解決できないことすら生んでいるのではないか。そんな議論も聞きます。中でも核エネルギーとは恐るべき破壊力と消えない毒性をもたらすのです。

 科学技術とは、人のためにあるべきものです。だから今度こそ科学者が屈することなどあってはならないと強く思うのです。
 ーーーーーーーーーーーーー
 (阿修羅から)この記事へのコメント

独立行法人の研究所(旧国立研究所)の研究員です。記事に賛同します。

私は決して屈したくありませんが、屈することを強いられている現実もあります。
そのことを書いてみました。

この10数年ほどの間に、研究所の予算のうち黙っていてももらえる予算(経常予算=自由に研究に使える)は極端に減らされてきました
ところが、日本の科学・技術予算の総額はあまり減っていません。
なぜなら、使い道を限定した「ひも付き」予算が大幅に増えたからです。
それを獲得しないと、大学も研究所も研究活動ができないように仕組まれています。

私の分野で具体的に言えば、地球温暖化をテーマにして「将来こんな恐ろしいことが起きる」と宣伝することを成果として出す研究をやらないと予算がもらえないようになっています。
申請すれば予算がもらえるのではなく、申請書類に具体的にどのような方法でどんなメンバーが何をして、どんな成果を出すか書かないといけません
その競争倍率は高いものでは数倍になり、ずっと獲得できないとほとんど研究ができません。
すると、「お前の研究所(大学)は成果(論文)が出ない」とお上から言われて、人員や予算をさらに削られます。

元来、大学も研究所もその多くは国が管理して税金で養ってもらっているとはいえ、政府が意図的に学問の自由・良心の自由をわい曲しているのです。
このような予算による管理体勢から抜け出すのは容易なことではありません。
結果的に多くの研究者が政府の犬になり下がっていく現実を、私は目の当たりにしています。
すべての資金がひも付きではありません。
「ひも無し」予算を獲得して、屈することなく科学的・社会的な真理を追究することこそ、今の研究者にできる唯一の道ではないか、と思います
 ーーーーーーーーーー
 関連ページ。
まかり通っている嘘だらけ
原発と放射能、数々の嘘と事実:小野
また不都合な事実、2000年以上冷え続けている
関連記事

原発反対を犯罪者にしようとする:独シュピーゲル誌

  原発反対者逮捕される 独シュピーゲル誌 2/22 「放射能メモ」氏から

日本政府は、原発に反対する人間に犯罪者のレッテルを貼ろうと試みている。

福島原発事故後何万人もが脱原発を訴えてデモを行った。
ところがその後、著名な原発反対者達は過激派だと差別され始めたのだ…そのように訴えるのは非政府団体、東京ピースボートである。

昨秋以来、大阪の工場密集地域だけでも11人の活動家が規則違反と言う名目で逮捕され、そのうち6人は未だに取り調べのため拘留されている。

原発に反対する人々がとりわけショックを受けたのは、昨年12月の経済学者下地真樹の逮捕である。
日本中に名を知られているこの大学教授は、特に大阪でのデモに際する企業主[訳注:JR西日本]に対する業務妨害を警察に問われている。

「三週間近く続いた拘留期間中、役人は下地氏を繰り返し尋問し、脅そうと試みた」と、下地氏はシュピーゲル誌に語った。
警察は下地氏の自宅からコンピューターとビデオカメラを押収した。

シュピーゲル
関連記事

小出2/23ラジオフォーラム「地球被曝レベル」

 小出

  2/23ラジオフォーラム 小出裕章ジャーナル 
  福島の事故はチェルノブイリと同様「地球被ばく」レベル! 「小出裕章非公式まとめ」から

【主なお話】
「東京電力の隠蔽体質と、情報公開が東京電力の裁量に委ねられている問題点について、放射性廃棄物などの最終処分について」

【パーソナリティー】
今西憲之(ジャーナリスト)
【ゲスト】
山本太郎(俳優)
【電話出演】
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

▼ラジオフォーラム
http://www.rafjp.org
▼文字起こしは以下。

◆今西
それでは今日も、小出さんとお電話がつながっていますので、さぁっそく呼んでみましょう、もしもし〜、小出さぁ〜ん。

◆小出
はい、小出です。

◆今西
今日もよろしゅうお願いいたしますぅ〜。

◆小出
はい、こちらこそよろしくお願いします。

◆今西
えぇ〜、ゲストに山本太郎さんも来ていただいていますので、よろしくお願いしますぅ。

◆小出
はい、こんにちは、よろしく〜。

◆山本
こんにちは。

◆今西
それで、小出さん〜、あのリスナーの方から質問が来ましてですねぇ、え〜東京電力の情報公開についてということでですねぇ。

◆小出
はい。

◆今西
ぜひ小出さんから聞いてほしいということだったんですがあ。

◆小出
はい。

◆今西
まあ東京電力の情報公開言いますとですねえ、まあ事故直後からですねえ、ちゃんと情報公開してまへんがなあということでえらい問題になって、国民の間でも不信感が広がったのですがあ。

◆小出
はい。

◆今西
2月1日ですねえ。

◆小出
はい。

◆今西
東京電力はですねえ、原子力規制委員会に対してですねえ、え〜福島第一原発事故直後に撮影された写真、2145枚をですねえ。

◆小出
はい。

◆今西
最近になって見つかりましたぁみたいな感じでですねえ。

◆小出
はい。

◆今西
提出をされたのですねえ。

◆小出
はい。

◆今西
この写真よく見てみますとお、2011年3月15日から4月11日まで、約1ヶ月ぐらいですねえ。

◆小出
はい。

◆今西
東京電力の社員の方とか、協力うぅ企業の方がですね、撮影されたぁもんなんですがぁ。

◆小出
はい。

◆今西
事故から2年近く経ってですねぇ、なぁんで今ごろ出すねんとぉ、小出さん思うんですがあ。

◆小出
んぷ、もちろん私も思いますが、皆さん、ちょっと誤解をされているのではないかと思うのですが。

◆今西
はいっ。

◆小出
え〜、東京電力という会社は、今回の事故を引き起こした最大の責任がある会社なわけですし。

◆今西
はい。

◆小出
私は責任とかいう言葉では甘すぎると思っていまして

◆今西
はい。

◆小出
犯罪、だと思います

◆今西
なるほど。

◆小出
で〜、犯罪者が自分の罪をきちっと申告する理由はありませんし、出来る限り、え〜自分の罪を隠蔽したい、がるというものが犯罪者なわけですから、え〜東京電力が情報を出さない、あるいは都合の悪いものは出来るかぎり隠すということは、当たり前のことなのだと、私は思ってきました。

◆今西
そうすると、強制力を持ってぇ、そういうものをぉ、出させないといけないということですか。

◆小出
はい、当然そうだと思いますし、もし、今回のような事故を起こしたのが東京電力ではなくて、町工場、だったとすれば。

◆今西
はいっ。

◆小出
すぐにもう警察が踏み込んでですね、え〜、責任者を逮捕していくという、そういうことになった筈だと私は思いますが、
なぜか東京電力という会社だと無傷で許されてしまうわけですし、情報の公開ということも、東京電力が、自分が公開したいと思うものだけを出すということで、それを許してしまうようなことになっているのですね。

◆今西
そうですねぇ。

◆小出
本当に不思議な世界だと私は思います。

◆今西
山本太郎さんからも質問があるということで。

◆小出
はい。

◆今西
お願いしますぅ。

◆山本
すみません。
この東京電力っていうところからは、少しずれてしまうかもしれないんですけれど。

◆小出
はい。

◆山本
やっぱりあの原発を終わりにしていくためには、その先のことっていうか、そのバックエンドというか、最終処分という部分に考え、やっぱりそういう部分も議論されなきゃいけないと思うんですよ。

◆小出
当然です。

◆山本
でも、あの政治家の人たちだったりていうのは、その、そのことについて語り合うのは絶対避けますよね。

◆小出
政治家もそうですし、学者も避けて来たのですね。

◆山本
そうですね。
でも、最終処分地っていうものを、現実的なものっていうか、あの、話を進めていくために、やっぱこういう場所だったり、こういうラジオだったりとか、で、みんなが街の中でもそういうことを話し合うような機会って言うのはすごく重要だと思うんですね。

◆小出
はい、もちろんそうだと思います。

◆山本
でも、ま、言えば言うほど今の状況じゃ叩かれるばっかりなんですけど。

◆小出
あっはっはっは。

◆今西
結構ね、あのそういう原子力ムラとかねぇ、やっぱり一部のねえ、大マスコミなんかは、そういうの避けてきましたよね、意図的にね、う〜ん。

◆小出
そうですね。
まあ、あの原子力の専門家と呼ばれる人たちも、このバックエンドっていうか、その〜ゴミの最終的な始末というものの道筋が見えないことはみんな知っていたのですね。

◆山本
そうですね。

◆小出
私は、その道筋が見えないかぎりは止めるべきだし、え〜、簡単に埋め捨てにするというような選択はすべきではないとして、まあ原子力を進めて来た人たちと喧嘩をしてきたのですけれども、
え〜、学者も〜ほとんどの人はみんな知らん顔すると、いうことをしてきたわけですし、マスコミをきちっとそれを皆さんに知らせないという…やり方を貫いてきてしまったのですね。

◆山本
なるほど。

◆小出
去年の9月の11日になって、え〜日本学術会議という学者の国会が、初めて今日本の国がやろうとしている埋め捨ては正しくないというような声明を出したわけですけれども。

◆今西
はい。

◆小出
私は、何で今まで彼らが黙っていたのかと、むしろそれ、をおかしいと思いました。

◆山本
ん〜、なるほど。
えっと、僕、僕個人的に自分らの中でどうするのかと考えていたときにすんません、こんな。

◆小出
はい。

◆山本
こんな空っぽな頭で考えた場合なんですけども。

◆小出
はい。

◆山本
えっと〜、現在原発が存在している、その原発立地の場所にそれぞれにその最終処分場を作っていくっていう考え方はどうなんですかね。

◆小出
はい、あり得るとは思いますけれども。

◆山本
えぇ。

◆小出
え〜、現在立地をさせられてしまった地域というのは、必ずゴミは持ち出すというそういう約束のもとに立地を引き受けたという経緯が歴史的にあるわけですね。

◆山本
なるほど。

◆小出
私はそれが正しいとは思いません。
え〜、原子力発電を引き受けて、え〜、それなりに交付金なりで恩恵を受けようとした地域なわけですから、ゴミはいつかどこかに行ってくれるという風に思うこと自身に、私は問題があるとは思いますけれども、
え〜でも〜、本当に過疎地で財政的に苦しくなったときに、原子力発電所を押し付けられてしまった、のですね。
ですから、長いいろんな歴史がありますので、簡単にはいかないと思いますが、え〜、今、太郎さんがおっしゃったような選択は、あり得るとは思います。

◆山本
なるほど。
先日、あの鹿児島県の南大隅、本州最南端のところに、えと、まあ、そこに誘致しようじゃないかという動きがずっとあるんですよね。

◆今西
最終処分場。

◆山本
そうなんです、最終処分場。
で、えっと、地元にちょっとあの応援に行ったんですよ、その反対の。

◆小出
はい。

◆山本
ということなんですけども、やっぱり水面下でいろいろ、動かれていて。

◆小出
そうですね。

◆山本
それで、漁協だったりっていうのがもう買収されてしまったりだとか、例えばJAっていうところは中立って言っちゃったりだとか、ていうような状況なんですよね。
でも、あの南大隅っていう町は、100パーセント自然エネルギーでもう賄えてるし。

◆小出
そうですね。

◆山本
食料自給率も100パーセント以上だと、そんな完璧なところにゴミを押し付けるってどういうことなんだよ。

◆小出
はい。

◆山本
汚染の無いところにわざわざ汚染を運び込むってどういうことだって話がなんですけど。

◆小出
はい。

◆山本
なんかいい方法があればいいですよねぇ。

◆小出
え〜、そうですね。
ただ、残念ながら、私たちが生み出してきた放射性物質を無毒化するという力が今現在はない、のですね。
ですから、どこかに隔離するしかないということになってしまっているわけで、え〜、最近になって日本の国はもう国内では無理だからモンゴルに押し付けようという、そんなことまで言い出している。

◆今西
はいぃ〜。

◆小出
本当にあの恥ずかしい国だと私は思いますし、今、太郎さんがおっしゃったように大隅町というようなところ、南大隅町ですね、なんかに押し付けるなんていうことは到底正しいとは私は思えません。
え〜、それぞれの原子力発電所の立地点で引き受けるという選択もあるでしょうし、私はそれを言うなら、東京とか大阪の大都会こそがゴミを引き受けるべきだと思います。

◆山本
きましたねぇ。

◆今西
ん〜なるほどねぇ〜。

◆山本
消費地が、恩恵を受けたものが、引き取れと。

◆小出
はい。

◆今西
山本さん、もう一つ何かお伺いしたいことがあるとおっしゃられていましたが。

◆山本
そうなんです、先生。
要は、国は、今回の事故の矮小化、ずうっと図って来たじゃないですか。

◆小出
はい。

◆山本
で、結局、あの〜、その例えば、どれぐらいの汚染があるのかっていうことに関して、セシウムに、セシウムだったり、そういうものにちょっと触れてるだけじゃないですか。

◆小出
そうです。

◆山本
だから、ぜひ、先生だったり、例えばあのチェルノブイリの汚染地図、作られたあの今中さんであったり、っていう方々が、この今リアルな日本の汚染というものを地図に落とし込めたりっていうことの可能性はないのかなっていうことをお聞きしたかったんです。

◆小出
はい、ただあの〜、空気中に出て来たという放射性物質の量でいうなら。

◆山本
ええ。

◆小出
圧倒的に多かったのは、希ガスと私たちは呼んでるものなんですが。

◆山本
なるほど。

◆小出
え〜、地面を汚染するとかいうそういう性質はありませんので、え〜、汚染地図を作ることはもう出来ません。
その次に大量に出て来たのは、ヨウ素という放射性物質ですが、それもあの寿命が短いために既にほとんど全部もう無くなってしまっていますので、今の段階で汚染地図を作る必要はないと思います。

◆山本
なるほど〜。

◆小出
次に問題なのはセシウムであって、セシウムの汚染地図というのはまあ日本の政府も公表していますし、私たちもまあ出来るかぎりで測定をして、政府の発表が合っているかどうかというようなことのチェックぐらいはしているのです。
んで〜、ではそれ以外に何が問題かと言うと、皆さんが気にしているのはストロンチウム90であるとか、プルトニウム239というような放射性物質だと思うのですが、大気中に放出された量を問題にするのであれば、私は今ストロンチウム90やプルトニウム239は、むしろちいちゃな問題だと思います。
え〜、そういう放射性物質を問題にするのであれば、おそらく水に溶けて海に流れていますので。

◆今西
はぁい〜。

◆小出
海のストロンチウム90の汚染地図、プルトニウム239の汚染地図というものをこれから作らなければいけないと思いますが、え〜、残念ながら私たちの力、まだそこまでは行っていないということです。
大変申し訳ないと思っています。

◆山本
とんでもないです。

◆今西
ねぇ〜、けどね、やっぱりあれだけ汚染水大量に放出してますからねぇ〜、東京電力はぁ〜。
本当にこれ、日本だけじゃなくてもう世界中に迷惑かかってる話ですからねぇ。

◆小出
もちろんです。
え〜、1986年には旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所で大きな事故が起きましたが、そのときには「地球被ばく」というような、まあ言葉が、作られました。
え〜、まさに福島のときも、事故のときもそうで、日本の福島だけが汚染しているのではない、日本中汚染しているわけですし、もう世界中が福島からの放射能で汚れてしまったという状況になっています。

◆今西
な〜るほどねえ〜。
わ〜かりましたですぅ〜。
小出さん、どうも今日はありがとうございました、本当に。

◆小出
こちらこそ。

◆山本
ありがとうございます。

◆小出
はい、ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーー

◆今西
小出先生の話、説得力がありましたねぇ〜。

◆山本
ありますね。
心優しい人ですね、コメントの一つ一つが。

◆今西
そうですよねえ〜。
ということで、以上、小出裕章ジャーナルでしたっ。
関連記事

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん