fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

不思議なほどに米国のかいらいに徹した政権

 操り骸骨

 野田某政権が米国にとって最も都合の良い、完全なかいらい政権であることをポイントよく説明しています
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
不思議な野田佳彦・内閣総理大臣 9/12 闇株新聞から

 民主党の代表選が始まっているのですが、野田首相の再選は間違いなく盛り上がりに欠けています。

 自民党総裁選や維新の会の動向の方が興味深いのですが、何度か書いているように解散・総選挙は来年夏の任期満了の直前まで無いと思っているため、このまま野田内閣があと1年近く続いてしまいそうです。

 解散・総選挙がすぐにないと思う理由は、違憲状態になっている衆議院の定数是正を含む選挙改革法案と赤字国債法案を大至急で承認しなければならないのですが、ますます各党の駆け引きに使われるため簡単に進みません。結果的に「国民にとって重要議案の審議を優先させるため、解散・総選挙どころではない」となるからです。

 野田首相の就任が昨年の9月2日なので1年が経過したばかりで、自民党末期からの安倍晋三(366日)、福田康夫(365日)、麻生太郎(358日)、民主党政権になってからの鳩山由紀夫(266日)、菅直人(452日)と比べて、とりわけ長期政権というわけではありません(カッコ内は在任日数です)。

 野田佳彦首相の「不思議な」ところは、公約を平然と破り、離党者が続出し、閣僚の辞任が相次いで任命責任を問われ、自身が問責決議を受けてもまだその地位にいるだけでなく、積極的に引きずりおろす動きも世論も盛りあがらないことです。

 何に守られているのでしょう?

 この「何」とは、米国政府、官僚組織とくに検察庁、大手マスコミのことで、米国政府に守られるためには「沖縄の米軍に批判的な立場をとらない」「中国と親しくならない」「米国債を売らない」が必要なのです。

 事実、鳩山由紀夫は「日米地位協定の改定」「東アジア共同体の構築」「普天間基地の最低でも県外移設」を主張して1年も持たずに吹き飛ばされました。

 自民党時代の福田康夫は、金融危機に苦しむ米国政府からFNMAとFHLMCの社債を数兆円購入するように「打診」され、自身の辞任と引き換えに拒否したことが孫崎享氏の「戦後史の正体」に書かれています。

 また逆に5年5ヶ月も続いた小泉純一郎は、郵貯・簡保を民営化してその300兆円以上の資金で米国債投資ができる体制にしようとしたことと、35兆円ものドル買介入を行って米国の金融市場の信用補強をしたことと、国内では就任直後に調活費問題で検察庁に「貸し」を作ったからです。

 野田佳彦首相は、そもそも民主党政権誕生の功労者である小沢一郎が軽微な政治資金規正法違反で秘書・元秘書を逮捕され、自身は不起訴になったものの改竄までされた報告書で検察審査会に強制起訴され、鳩山由紀夫が前述の理由で、菅直人が東日本大震災の対応のまずさで、それぞれ表舞台から消えて浮上してきたのです。

 本来なら対抗すべき前原誠司は今も偽メール事件を引きずっているのですが、この件に関しては野田首相も同じくらいの落ち度があるのです。

 野田首相は、消費増税を強行したい財務官僚に重用されていたことは確かなのですが、主要閣僚に意識的に「軽量級」を起用して官僚の城を荒らさないような配慮はしています。
 唯一「指揮権」を出そうとしていた小川法務大臣を、相談を受けた直後に交代させるフットワークの良さも見せました。概して官僚組織は敵ではないようです。

 最重要の米国政府のご機嫌を損ねていないかですが、確かに沖縄の米軍や尖閣を巡る中国政府への対策は、意識的に自らは表に出ないようにしています。またユーロ支援のためにIMFに600億ドルも拠出したり、人民元の国際化に過剰に加担したり「危うい」行動も多いのですが、自らが財務大臣だった時も含めて今までの16兆円ものドル買介入・米国債購入を行っています。

 為替介入(ドル買介入)は米国政府のご機嫌を損ねるというのは1990年代の話です。今は米国金融市場の信用補強やドル債の購入など米国政府にとっては大歓迎なのです。

 結局、不思議な野田佳彦・内閣総理大臣が何に守られているか?は良く分かりません。米国政府、官僚組織とくに検察庁、大手マスコミと「決して戦わない」ことと、やはり歴史的に親米の重鎮・松下幸之助翁の松下政経塾の出身だからでしょう。

 野田佳彦・内閣総理大臣は、まだまだ安泰なのです。
関連記事

瓦礫は集めて津波記念公園に、署名呼びかけ:岡山

 仙台日赤呼吸器内科の岡山医師(東北大臨床教授)が瓦礫を拡散、償却せずに、集積して公園に造成する提案をしています。
 提案の考え方は下の本文にありますが、このブログの「瓦礫広域処理に反対する全国組織:岡山」にも解説しています。

「宮城・岩手地区の津波がれきは、全て集めて山積みし、津波記念公園として整備を求める」署名運動の呼びかけ  9/11 岡山氏のブログから

宮城、岩手県の津波瓦礫は莫大な費用をかける大規模焼却や広域処分は費用と時間を浪費し、合理的理由はありません。
岩手と宮城の津波がれきは仙台平野の被災海岸に全て山積み処分するのが、早く、安全、経済的で最も合理的な処分方法です。
がれきはごみとしてではなく津波犠牲者の遺品として扱い、大古墳のように整備して震災津波記念公園として整備します。
世界一の、地震津波資料館を併設することを提案します。

          これまでの経過

この内容は2011年6月、河北新報持論時論欄で提案しました。

宮城県有力漁協の幹部の方から「これが最善の方法だ。実現するために県と交渉したい」というご意見や、都市再開発専門家やいろいろな方から賛同を頂きました。
私は多忙で、自治体や議員、関係者にほとんど働きかけることができませんでした。

「岩手・宮城の津波瓦礫は全て集め、山積み処分して津波記念公園に整備を。―津波瓦礫の合理的処分法―」の記事を本ブログ2012年3月25日に掲載しました。http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

「政府や自治体、関係者にこの要望を出すべきだ/出してほしい」「全国的な署名活動などをしてはどうか」など、賛同のご意見や提案を沢山頂きました。
しかし私は余裕が無く、実際には有効な活動はほとんどできませんでした。

署名活動を提案してくださったかたから、署名文面や、活動のし方など、何度も連絡を頂きましたが、私は多忙でそれにも十分応えることが出来ませんでした。
私は、提案を生かしてくださる活動に感謝し、支持するが直接は関与しないことにしました。

活動経験は無く、自分が表に出るのも困難であるにも関わらず、署名活動を立ち上げて下いました。
慣れないことも多く、若干の問題も生じました。

この署名活動を見て、さらに沢山全国の方から協力や賛同、助言を頂きました。
そこで、署名活動や政府、自治体に要望する活動を有効に行うためには、これまでの活動と、既に集まった数千の署名を引きついで、活動経験がある方が中心になることが必要と共通の意見に達しました。
活動を引き受けてくださると申し出てくださる方もありました。
そして準備をし、署名活動をの体制を造りました。

この目的の為に署名だけでなく有効な活動をしたいと望んでいます。
国や自治体、関係者に直接働きかけるために行動する力や余裕が不足しています。
署名に限らず、この目的の活動を有効に行なうために、ご賛同ご参加いただけるよう呼びかけます。

署名用紙ダウンロードや詳細は震災復興署名プロジェクト http://savechildproject.web.fc2.com/tunamikinen.html
をご覧下さい。

          以下は要望書です。
ご賛同、ご協力いただけるようお待ちしています。


要望書・内容詳細

内閣総理大臣 野田 佳彦 殿
環境大臣   細野 豪志 殿
宮城県知事  村井 嘉浩 殿
岩手県知事  達増 拓也 殿
仙台市長   奥山 恵美子殿

宮城・岩手地区の津波がれきは、全て集めて山積みし、津波記念公園として整備を!

【提案主旨】

宮城県と岩手県のがれきは、湾内海底がれきも含め、一箇所に全て集めて山積み処分する。
三陸海岸は平地が狭いので、津波で被災し地盤沈下して塩害が残る仙台平野海岸に集める。
集めたがれきを古墳のように築いて、慰霊と決意の津波記念大公園として整備する。

【提案理由】

<山積み処分について>

津波がれきの焼却と広域処理は、がれき処理を早めることになりません。

津波がれきの焼却と広域処理は、費用と時間を浪費します。公費は全国や関係団体の利益や利権につなげず、直接、被災者と被災地復興に役立つように使うべきです。

津波がれきは低レベルであっても放射能汚染されているものがあり、焼却処理は環境汚染拡散につながることと、焼却灰と煙回収物は濃縮されてkgあたりの放射能が上がり、かえって安全な放射能処理を妨げます。

宮城や岩手の海底や海岸にある津波がれきの放射能は低いので、高度な放射能処理施設で管理しなくてもよいが、大量にあるので拡散させないように管理すべきです。

粘土やコンクリートなどで雨水が染み込まないように、山積みしたがれきの表面を被います。雨水の浸透を止めると、集めたときに含まれていた水が漏出した後は、汚染漏出はなくなりますから、土壌への放射性物質の浸透は、コンクリートなどで土壌への浸透防止床を作り、排水パイプを入れてその上にがれきを山積みするという安い費用の構造だけで管理できます。

本要望と並行して私たちは、環境から集められた全ての放射性廃棄物は、福島第一原発付近に放射性廃棄物最終処分場を設置して長期管理することを要望しています。山積みした初期に出る汚染水は、そこに運んで処理することを要望します。

宮城・岩手ではがれきの放射能よりも山野や田畑の枯れ草や落ち葉の放射能のほうが格段に多いので、放射性廃棄物の処理と汚染・被曝防止のためには、農地や山野の対策をより強化される事を要望します。その際に出た処理物は、福島地区要望書にある最終処分場に運びます。

津波がれきは山積み処分が早く、経済的で安全な最も合理的処分法です。

900m × 600mで、平均の高さ20mの丘に築くと、2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字です。処分場を海岸に造るので、がれきを海上輸送できることも利点です。

<記念公園として整備することについて>

がれきは思い出と悲しみの遺品です。ごみとして処分するのは残念なことです。
集めたがれきは古墳のように山積みし、津波避難所をかねた震災津波慰霊の大公園として整備する。

津波の教訓や歴史、防災の世界的拠点として、世界一の地震・津波資料館を併設する。
世界一の資料館は、被災者と被災地の誇りを守り育てることを助けます。

世界最高の津波資料館は、観光・学術・文化施設として、被災地の経済復興と文化振興発展に有益です。広島平和公園と併設された原爆資料館・国際会議場が良い例です。

公園と資料館には、広域・焼却処理に考案した費用を充当すれば可能です。

■呼びかけ団体: 震災復興署名プロジェクトチーム   
■提案者: 仙台赤十字病院医師・東北大学臨床教授 岡山 博

(追加) 津波がれきと並行して、「福島原発付近最終処分場 要望」の署名活動も開始しました。
2つの署名は全く別のものです。
片方への賛同を歓迎しお待ちします。
両方にご賛同協力いただける方はそちらもよろしくお願いいたします。
同HPに掲載しています。

           岡山 博
関連記事

瓦礫広域処理に反対する全国組織:岡山

 このブログでも度々紹介してきた、仙台日赤の岡山医師が震災瓦礫広域処理に反対する全国運動を始めた。
 岩手、宮城の瓦礫処理の問題と、福島などの除染による汚染廃棄物、焼却など濃縮されたものの二つに分けて解決策を提案している。
 瓦礫は拡散しないこと、償却しないこと。山積みして覆土コンクリート処理の上、緑化し公園とする。
 放射能汚染の廃棄物は、原発近くに集積、管理する。

 汚染物廃棄物については、避難者への十分な生活保障がセットでなければならないことが強調されている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012.9.9
震災がれき広域処理に反対する全国組織「おひさまプロジェクト」発足記者会見 「kiikochan.blog」から

会見参加者
九州ひまわりプロジェクト村上さん(九州)
原 豊典さん(福岡市) 
仙台赤十字病院 岡山博先生(宮城県仙台市)
高橋良さん(宮城県仙台市)
秋田大学教育文化学部 村上東教授(秋田市) 
こども未来ネット 菅原雪子さん(秋田市)
環境ジャーナリスト青木泰さん(東京)


岡山博(日本赤十字病院呼吸内科部長):
仙台赤十字病院の臨床医をやっています岡山です。
去年の原発事故が起きたその時から、
それまでの放射線被ばくに対しての常識、
つまり、大学、学生、あるいは放射能を使う企業に対して指導してきたことが全部なくなってしまいました。

・放射能は出来るだけ被ばくしてはいけない。
・それから安全な量はない。
・これ位被ばくするととても重大だ。

という事がすべてなくなって、全部
「安全」、「心配するな」、「放射能の被ばくよりも心配することの方が有害だ」と言って、
心配する人、真面目に考える人を馬鹿者扱いしてきました。
そういう中で防げるはずの被ばくが防げずに拡大しました

私は政府が説明をしてきたことが「明らかに人を欺いて嘘を言っている」
この事に対して発言しなければいけないと思うようになって発言を始めました。

それからもうひとつがれきに関しては、
莫大な量のがれきがありますが、
宮城県・岩手県のがれきをわざわざ外に運んで処理しなければならない道理的な理由はありません。
そして、それをまた焼却する理由もありません。
「ゴミとして扱う」これはとても残念なことです。
私は、宮城・岩手のがれきは、全部遺品として、全部集めて山積みにする
それで岩手県には、場所がありませんから、小さい湾なので。
仙台平野のどこかに、海岸に全部山積みにする。
古墳のように山積みにして、地震と津波の記念公園をつくったらいい。
これが一番。

ただ集めて山積みにするだけですから、最もお金がかかりません。
海岸につくるのでトラックで運ばないで船で運びます。
これはものすごいメリットです。
そして、私は出来ればそこに、世界で最高の津波・地震の資料館を作ったらいい。
これはゴミとしてではなくて、世界に対して被災地の誇りとなるようなものが出来ます。

それからもうひとつは、
がれきを集めるという事は遺品として集めて、遺品として私たちが大切にする
それをゴミにして邪魔者扱いをしてばらまくという事は、
私は道理的にもやるべきではないし、
やる理由もないし、
やらないでずっと安く合理的に始末が出来ると思います。

私が提案していました。
そしてこのような会が出来て繋がることが出来たことをとても私は喜んでいます。

原(九州住民ネットワーク)
北九州市で80トンのがれきを受け入れて試験焼却をやったんですけれど、
この結果、私たちが掴んでいるだけで40件位の健康被害が報告されています
その症状は様々なものでして、
北九州市にはひと月ほど前にその報告を出しているんですね。
ところが北九州市は何の調査もしようとしていない。
そこには北川先生という医師のコメントも付けているんですけれど。

先日北九州市の漁協に行きまして、そのことを知らせましたら、
ちょうど目の前に北九州市の局長とか水産部長とかが座っていまして、直接話をしたんですけれども、
漁協に行きましたら、組合長が非常に驚いてですね、
「もう反対は止めようかな、諦めようかな」というような感じだったのが、
「ちょっと考え直そうか」という事になりまして、
市民と一緒に漁協も「それを調査してくれ」と、はっきり。
「調査が終わるまでは受け入れないようにしてほしい」という要望を北九州市の方に出しております。

それで「もっと情報をどんどん持ってきてくれ」と言われていますので、
そういう事をやっていきたいと思っています。

その試験焼却の結果、灰が出たんですけれども、
その灰は響灘 (ひびきなだ)という北九州市の地区に埋め立てられる予定なんですね。
北九州市はそういう予定をしているんですけれども、漁協が反対してそれを食い止めてきたんです。

でもその灰は本来どこに捨てられるべきかといえばですね、
東京電力の敷地に置かれるべきだと。

9月1日に小出裕章先生を福岡にお呼びして、講演会をやったんですけれども、
小出先生もそのように、「東京電力に責任を取らせることが重要だ」という事を言われています。
それを全国的に進めていきたいと思うんですね。

まずは北九州市に試験焼却によって生じた灰は、
東京電力の福島第二発電所、広大な敷地があるそうですけれども、
そこにもっていくように北九州市に求めたいと思います。
そういう事を全国的に呼び掛けていく
という事を私はやりたいと思っています。

みなさん一緒に東京電力に責任を取らせるようにしましょうじゃありませんか。
あまりにもひどいと思います。


村上(九州ひまわりプロジェクト)
北九州市には80トンの試験焼却灰がいまだに埋め立てるところが無く、
積立基地に置かれたままの状態です。
試験焼却は5月にやりましたが、9月の現在になっても、まだ埋め立てられていません。


岡山:
放射能は、分子のものの性質ではなくて原子の性質なので、
どのような化学反応をしても減らすことはできません。
除染活動、放射能を始末する活動というのは、人が出来ることは移動する事だけです。
だから除染活動は、どこかを減らしたいと思えば何処かを増やすという事がセットなのです。
だから除染活動をやるために一番初めにやることは、
処分場をどこにどのような規模でどのような形で処分するのかというのを決めて、
その処分場をつくること
です。
それなしに処分というのはあり得ない。
これは世界的な常識です。

ところが、最終処分場と、わざわざ「最終」という言葉を付けて、
最終処分場ではない中間の仮施設をつくると、このようなことで処分はできません。
初めからこれは人を欺くもの
ですから、やってはいけません。

だから、すべて集める必要があります。
それで放射能の処理というのは、
人がより影響を受けにくいところに、より安全な形で集めて管理する」というのが
放射能の管理の基本です。それ以外にはありません


今までの管理法というのは、
ドラム缶に集めて何十年も地下の倉庫に管理するというのが基本でしたけれども、
現在は量が多すぎてこれはできません。
だから出来るとすれば、
福島原発の陸の傍のうんと汚染されたところに集めて山積みにする
これ以外にありません。

焼却をすると物は少なくなり軽くなるけれども、放射能は軽くならないのでそのまま残るので、
数10倍、場合によっては数100倍濃縮されます。
そうするとかえって管理が困難になります

これはやってはいけません。

それから放射能は集めて管理するというのが処分ですから、
いろんな場所にもっていくというのは拡散で、これは処分とは全く逆のことです。
やってはいけないことです。

という事で、そもそも拡散をしてはいけない。
空気中に拡散という事もあるし、色々な地方に拡散という事もあります。
それはやるべきではありません


一カ所に集めて管理する。
場所は福島第一原発の近所以外にはありません

それで量が何百万トン、
どこまで除染活動を進めるかによっては何千万トンになります。
それを集めて管理する方法は山積み以外にはありません。
だから原発のそばに全て山積みにします。
福島のがれき、それから津波瓦礫ではなくて福島県一帯にある放射性物質、
これは全部山積みにします。

それから全国で除染活動で集まったもの、
燃やしたゴミの中で濃縮された放射能、
これも全部福島に集めます。
これは山積みです。それ以外の方法はないです。

山積みにして、その時の対策というのは
地面に染み込まないことと、空中に風で飛ばないことです。

これは初めに濡れていた分は水として出ますけれども、
上にビニールシート、覆い。
あるいは出来上がってからは粘土とかコンクリートで覆って水が沁みとおって行かないようにすれば、
新たな浸出物はできませんから、これは非常に簡単に管理
できます。

それで何十年あるいは何百年も管理する。
これ以外に方法はないので、
それ以外の方法は全部、人を欺くか、嘘か、あるいは出まかせです。

私は福島原発のそばに最終処分場をつくって山積みに処分する。
これを何とかやらなければいけない。
それ以外に方法はないと考えています。


村上:
福島の処分の問題とそれと同時に今福島の人々が棄民されている、
今本当に棄民、本当に棄民させられていると思います、福島の方々。
そういった方々に避難していただく、保養していただくという事を同時にやっていきたいと思います。


岡山:
えーっと、その話です。
地元の人の気持ちを考えると、「故郷を捨てろというのは忍びない」という意見があります。
これはその人たちを可哀想だと思っている人が言うのではなくて、
全然思っていない人が利用して言っているだけだと思っています。

今まで、ダムをつくるにしても、原発をつくるにしても、高速道路をつくるにしても、
故郷を捨てた人が山ほどいます。
全部これは実行してきました。
キチンとお金を払って、その後の生活保障をして、やってきたんです

まして今、あれほど汚れた地域で、
子どもを安全に育てられない、それから産業が無い
そこに本当に、それでも帰ってきたい人がどれだけいるか?
少しはいるかもしれないけれどそんなに多くはない。

それは、十分な補償をするという確約をしないから、そういうふうに言っているだけで、
私はそれにつけ込んでいるとても悪質な問題だ
と思います。
それで、福島の、特にうんと汚染された地域の人のためにも、
あそこに帰らないでいいように別のところを国と東電が補償して、今後の生活を補償する。
安心して他に住居が移せるようにそれをやるべきだと思います。
それがセットです。


青木泰(環境ジャーナリスト)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログで紹介してきた仙台日赤岡山氏の記事。
放射線被曝を避けるために
被曝をどう避けるか
原発事故後おきている事
電力会社の社会的能力責任
放射性廃棄物は焼却せず正しい管理を
給食の放射能と食品の新基準
健全な議論を妨げる日本社会
大飯原発再稼働に賛成・容認するおおい町と福井県の皆さんへ
サプリメントの殆どはでまかせ
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん