fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

泥船が沈み始めた

 まともな政治家が離党したあとの民主党は、売国のかいらい集団と見做されよう。
 国民にはもはや、何の価値もないゲテモノ集団だ。
 正常な議員は早く離脱しないと、泥船は沈みかかっているぞ。

 せき止められていた水が流れ始めている。
 板垣英憲氏の情勢把握はまだ甘いのではないか
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 野田は国民の声を聞かず、…….総選挙で民主党を惨敗させる。 7/8 板垣英憲

◆私は7月6日夕方、国会周辺に集まった大勢のデモ隊のなかにいた。
 首相官邸を目指すデモ隊は、歩道を埋め尽くしていて、その周りには、これもまた多数の警官隊が、交通整理やデモ隊の規制を行っていた。

 「再稼動反対」「原発いらない」「野田は辞めろ」などと連呼の声が次第に大きくなる。
 デモ隊から首相に向けて、送られる声は、果たして野田佳彦首相の耳に届いているのだろうかと思いながらも、デモ隊の連呼は、太鼓の音に促されてますます強まっていく。

◆野田佳彦首相は、就任早々から「庶民宰相」であることを放棄していた。首相番記者による「ぶら下がり取材」を拒否し続けてきたその姿勢が、何よりの証拠である。
 だから、デモ隊に最も近いところにいて、その空気を伝える番記者の質問すら聞こえていない。
 3月から300人規模で始まり、毎週金曜日夕に行われてきたデモ隊が、6月22日には、4万5000人、同月29日には20万人規模に膨れ上がって、その都度大きくなってきいていたのに、この事実すら目に入らず、ましてや声さえ耳に聞こえていなかったのだ。

 朝日新聞は7月6日付け朝刊「3面」で「抗議の矛先は首相に」「再稼動反対『訴え続ける』」という見出しをつけて、この日夕方からのデモの様子を大々的に報じている。

 「関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に抗議する大規模な行動が、6日夜も首相官邸前で行われた。主催者発表で15万人(警視庁調べで約2万1千人)の参加者の怒りの矛売は、民意に正面から向き合わずに『決断』ばかり強調する野田佳彦首相の政治姿勢に向かう」

 「抗議活動が続く午後7時13分、野田首相は官邸を後にして隣の首相公邸に向かう。記者団が『官邸前の抗議の声と向き合っているか』と声をかけると首相はうなずき、珍しく応じた。『多くの声、様々な声が届いております』
 1週間前に警護官に『大きな音だね』と漏らしたことが伝わり、反発を買ったことを意識したようだ。
 官邸周辺でこれほど大規模な抗議行動が起きるのは1960年に岸信介首相を退陣に追い込んだ『日米安保闘争』以来とも言われる。混乱を避けるため、首相は抗議行動がある金曜日の夜の外出を控えている」

◆しかし、野田佳彦首相くらい身勝手な首相は、いまだかつていない。
 菅直人前首相も番記者の「ぶら下がり取材」を拒否し続けて、不評を買ったが、それに輪をかけて、市民のデモの声すら聞こうとしていないからだ。
 民主党内では、小沢一郎元代表の「国民との約束を守るべきだ」「マニフェストに書かれていない消費税増税は反対だ」などと真剣に主張する声を拒絶、法案採決に反対の投票をしたとして、除籍処分するなど、我がまま三昧である。
 米英仏など先進国では、一般法案の採決に党議拘束をかけ、違反すれば除名処分するなど「野蛮なルール」は持っていない。
 賛成反対の投票行動は、国民から選ばれた個々の国会議員の判断に任せているという。
 これらに比べれば、野田民主党は、党名に反する野蛮な政党などだ。マスメディアもこのことに気づいていない。

 そんな野蛮な首相である野田佳彦首相は、国民有権者に向けて消費税増税法案や大飯原発再稼動などについて、国民に向けて理解を求める説得演説を行ったとしても、国民有権者の多くに、おそらくは聞く耳を持ってもらえないだろう。
 次期総選挙ムードが高まり、2013年7月には、参院議員選挙が行われるというのに、国民にそっぽを向かれたので大惨敗は目に見えている。
 民心が完全に離れてきている野田佳彦首相の自業自得というものである。

 だが、野田佳彦首相は、「民主党がつぶれても構わない。残った者だけで自民党に合流する」とうそぶいているというから驚きである。
 松下政経塾派閥をつくるつもりのようだ。
関連記事

小沢氏6/21何のために政治を、各自決断を。

 この間の新政研定例会における小沢一郎氏の発言。

 「自身で決断せざる を得ない大きな問題、そしてそういう時が必ず来ます。
これから何度もそうい う事が訪れると思います。」
 「自分は何のために政治家になっているのかという事に思いをおこして、是非 ご自身で決断をして頂きたい。」
 ーーーーーーーーーーーーー
小沢一郎会長 挨拶  6/21  新政研定例会

・最初に、先程お会いした輿石幹事長との件のご報告です。
消費増税の採決も 近いということで、私どもの主張を改めて申し上げさせて頂きました。
簡単に 言えば、3 年前の政権交代の総選挙におきまして、国民の皆さんに訴えたこと、 約束した事の実現の為に努力を傾注する事です。

・1 つは統治の機構を変える、行政のしくみを抜本的に大改革する事。
その中で、 色んな矛盾や不平等を解消し、無駄を徹底的に省く、それにより新規政策の財 源に充てるという事を我々は主張しました。
総理もシロアリ退治を徹底的にや ると選挙で演説をしたと記憶しています。
ところがまだシロアリがウジャウジ ャいるのに、増税だけが独り歩きしているのは、理解できません。

・もう 1 つは社会保障です。
我々のビジョンはどこかに置き忘れられてしまっ ているような現状です。
そもそも政権交代は、消えた年金から、我々がせっか く皆で汗水たらしてかけたお金はどこへいったんだと、こんなずさんな行政、 政府のやり方は許せないという事から始まったハズです。
ですから、我々は 7 万円の最低保証と自己努力の 2 階建ての制度に改めると言いましたが、それも 棚上げされている現状です。
増税だけが先行すると、お年寄りも赤子も含め、 国民 1 人当たり 10 万円以上の負担になります。

・最後に、日本はずっとデフレと不景気に苦しんでいます。
しかも金融危機が 現実となっており、下手すると世界不況に繋がります。
不景気に減税という話 なら理解できますが、大増税という話は聞いた事がありません。
今、中小零細 企業で 2 割くらいが消費税を払えず滞納していると聞いています。
これが倍に なったらとても払えないというのが皆さんの悲痛な声だと思います。

・今日お集まりの皆さんの中にも色々な考え、判断があると思います。
国民の 皆さんを代表して政治家になり、バッジをつけて国税を担っているわけですか ら、支援して国会に送ってくれた多くの国民の方々に思いを巡らせてご判断頂 くものだと思っています。
政治生活をしておりますと、自分自身で決断せざる を得ない大きな問題、そしてそういう時が必ず来ます。
これから何度もそうい う事が訪れると思います。
その時も必ず、国民の皆さんの気持ちがどこにある か、自分は何のために政治家になっているのかという事に思いをおこして是非 ご自身で決断をして頂きたい。

小沢一郎会長 挨拶   6/28新政研定例会

・皆さんご苦労様です。今、最大の焦点となっています消費税ですが、一昨日(26日)衆議院で採決が行われました。
これについては、それぞれ国会議員のご判断 で投票されたわけです。
その最終の審判は、いずれ来る総選挙においてなされ るものと思います。

・この事とは別に、当初から新政研は党派を超えての勉強会ですから、それぞ れ政策の論議を今後も進めてまいりたい、皆様の同意を戴きましてそのように したいと考えています。
政治・政党の基本は政策であり、それが実行されてこ そ初めて主権者たる国民の信頼が得られるのであって、それによって本当の民 主主義が、成熟した民主主義社会が生まれるのだと思います。
 皆さんのご協力 をお願い致します。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん