fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

子どもを守る施策を:バンダジェフスキー

201205122214202fe.jpg

 「チェルノブイリの影響研究 日本は子ども守る施策を」ユーリ・バンダジェフスキー 4/28 熊日新聞  書き起こし 5/12 kiikochan.blogから

Yury・Bandazhevsky
1957年ベラルーシ生まれ。
医科大学で病理解剖学を学び、卒業後に中央科学研究所に入り、のちの所長に。
チェルノブイリ事故後の90年、ゴメリ医科大を設立し学長に就任。
放射性セシウムが体内に与える影響を論文で発表後の99年、
収賄容疑で逮捕、実刑判決を受けたが、国際世論の抗議もあって刑期途中に出所した。
現在はウクライナに在住。

  最初のレベル7の原発事故となった1986年のチェルノブイリ原発事故。
  深刻な被害を受けたベラルーシで放射性物質による内部被ばくの影響を調査してきたが、
  論文発表後の99年、突然収賄容疑で逮捕。
  一貫して無実を訴えたが実刑判決を受けた。
  東京電力福島第一原発事故で、研究結果が改めて注目されている。

チェルノブイリ事故後、ベラルーシのゴメリ医科大で行った研究では、
現在の日本にとっても有効な研究結果を蓄積する事ができました。

ベラルーシ国民の死因で最も多いのは心臓血管系の疾患です。
煙草やアルコールの影響が指摘されていますが、
私は放射性物質のセシウム137が影響しているという事を、病理解剖や臨床データなどによって突き止めました。

セシウム137は食事とともに体に入り、心筋に蓄積されます。
汚染地区に住む子供たちの心電図を分析すると、
心電図の異常と体内のセシウム濃度に相関関係がありました。
低線量被ばくでも、遺伝的な傾向と組み合わさり、
突然死するなどの影響が出ています。
専門家の多くが放射性物質を心臓疾患の原因と認めていないのは悲しいことです。

逮捕されたのは、研究が「国家へのクーデター」とみなされたためだと思っています。
ベラルーシ政府は私の研究結果を不都合とみなし、認めていません。
残念ながらルカシェンコ大統領の独裁政治に勝つことができなくて、刑務所に入ることになりました。

逮捕された後、大学で行ってきた研究や実験はすべて中止されました。
今でもゴメリ医科大では私の研究テーマにかかわる調査・研究は一切、行われていません。

実はベラルーシでは、チェルノブイリ事故前の60年代からセシウム137の汚染があったんです。
それは国家的な秘密とされていましたが、私はこの事実をゴメリ州の図書館にあった古い書籍から発見しました。

放射性物質による汚染の結果、
ベラルーシでは60年代から出生率が下がっており、
その一方で、死亡率は上がり続けています。
にもかかわらず、汚染地区に住む人々に対して放射性物質の影響は一度も説明されていませんでした。
国家権力がいかにその影響を隠したがるかという例です。


  釈放後、国外追放処分を受け、る異国ウクライナで研究活動を続けている。
  3月には市民団体の招きで初来日、内部被ばくの恐ろしさなどについて各地で講演した。

福島の事故による汚染規模はチェルノブイリに及ばないという専門家もいます。
しかし原子力施設の破壊の度合いを考えると、汚染はチャルノブイリよりももっと危険だと思っています。

大事なことは放射性物質に汚染された食べ物を身体に入れないことです。
日本政府は国民の健康に責任を持たないといけません。
特に子どもたちを守るような施策を取るべきです。
低線量だからという事とは関係なく、環境保全と健康保護の良き見本となる国になって欲しい。

私ははっきりとものを言うので、口が悪いと言われます。
気に入らない人もいるでしょう。
しかし、私の研究結果を聞いて結論を出すのはみなさんです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 以下は、このブログ内のC・バズビー、バンダジェフスキーなど欧州放射線リスク委員会関係記事のリンク。

・ C・バズビー氏インタビュー
・ C・バズビー:7/18松戸市講演
・ C・バズビー:7/18質疑応答
・ C・バズビー:7/19岩上インタビュー
・ C・バズビー:7/20自由報道協会
・ 車のエアフィルターと呼吸による内部被曝
・ C・バズビー:平気で嘘をつく科学者に立ち向かおう
・ C・バズビー:御用学者は刑事裁判へ
・ バンダジェフスキー氏インタビュー
・ 米国のウラン弾:被曝が続くファルージャ
・ C・バズビー:臨界も被曝死も隠蔽する政府
・ バンダジェフスキー3/19講演質疑
・ バンダジェフスキー3/16仙台講演質疑
・ 福島とチェリノブイリ:ボース
関連記事

「1,000兆円」は国民の資産、財務官僚に騙されるな

 マスコミと財務官僚に騙されるな。
 政府の国債は国民の借金ではない。
 銀行預金と同じ、国民の貸出資産である。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  「1,000兆円」は国民の資産、財務官僚に騙されるな  5/12  田村秀男

いつものことだが、財務省による「1000兆円借金」論が以下のように報じられる。  
ーー財務省は10日、国債など「国の借金」が平成23年度末時点で過去最大の959兆9503億円になったと発表した。24年度末時点の借金は1085兆5072億円と1千兆円を突破するーー

筆者は以前から、財務省論理の欺瞞は「国の借金」という表現にあると指摘してきた。
官僚は「国」を「政府」のことだと勝手に解釈し、「国民」だと読者に錯覚させてしまう。(英語では国と国民はnation、政府はgovernmentである。つまり、政府の借金を国の借金とみなすのは、国際非常識である。)

財務官僚はこの錯覚を利用して、そのホームページなどで、「国の借金」を家計や国民一人当たりの借金に置き換えて、「さあ大変だ、増税せよ」というキャンペーンを張り、無知な政治家を増税また増税に駆り立てている。
国の借金とは、政府の国民からの借金であり、国民にとってみれば資産である。

つまり、国民は政府に貸しており、きちんと元利返済させる権利を持つ。
ところが、国民に増税を認めよ、そしたら返す(実際には、増税して歳出を減らさず、税収は増えず、借金返済の見通しは立たない)、というのが財務官僚と野田政権のロジックである。
とんでもないならず者の論理ではないか。

政府の義務は、国民から借金する場合、その資金で国民に安全と所得増をもたらす政策の実行で成果を挙げることだ。
すれば、税収は増えて、増税どころか減税を可能にしよう。
ところが、実際は、政府が政策を大失敗し、デフレ不況と失業、窮乏化、大災害に無防備、という最悪の結果を招いている。

この責任を政府がとる、言い換えると財務官僚の入れ替え、政権交代が当然なのに、だれも知らぬふり、メディアもそれに追従する。
そして増税だ、増税だ、と騒ぎ立てる。

野党の自公も政権時代に大失敗を重ねてきたので、増税で民主党と歩調を合わせるしかないので、消費増税で事実上の大連立だ。
企業なら、経営者が責任をとって辞任、さらに莫大な賠償金を支払わされる。

有権者たる国民は、この政府の株主であることを再確認しよう。
関連記事

ただいま被曝中(17)活動から1年

  活動から1年    5/12 「ただいま被曝中」氏から

子ども福島のネットワークに参加して1年が経ちました。
避難の相談を受け、1人1人お話を伺い、情報を提供しました。
今年の211には全国避難サミットが福島で開催され、全国の活動家のみなさんと繋がりました。

防護のセクションでもお手伝いをさせていただき、市民放射能測定所の設立にも携わりました。
知識普及セクションにおいても、全国で講演をさせていただき、たくさんの福島を想ってくださるみなさんとお逢いしました。

とてもおかしな方向に行きそうなので慎重に書きますが、、、、
『私はとても幸せです』

たくさんの、被害に遭われた方々を想うと、軽々しく言う事は出来ませんが、今の自分は、超個人的には、なんと幸せな事かと思わずにはいられません。
生まれて初めて、自分の意思で『生きようとしている』事を感じています。

人が生きる上において必要なものを勝ち取ろうとしている充実感があります。
こんなことがなければ生涯気づくことが無かったであろうことに数多く出くわしました。
恐らく、人に話しても、噓吐き呼ばわりや変わり者扱いされる事間違い無しな事実がたくさんあります。

映画や小説は空想や想像力が生み出したものではなく、事実だったのだと驚かされています。
我々は『おりこうさん』になりすぎました。
真実を見る目を曇らせてしまっています。

全ては先入観のかたまりです。
『そんな事があるはずがない、ありえない』と言います。
同じように活動をしている仲間でも、理解できない人が殆どです。

活動をしているだけでも変わり者なのに、そのなかでもコアな変わり者にされていますw
しかし、それもそうなのだと思います。

流れの中で経験してしまっているからこそ私だって信じて疑いませんが、他から聞いただけであればおそらく『そんな馬鹿な』と思うはずです。

いずれにせよ、これからは『世の中を良い方向へ』という意識で活動が必要であると感じています。

『おいおい、福イチはまだ収束していないぞ』
もちろん、同時進行で考えて行かねばなりません。

しかし、この一年根本を探してきて、ここから変えなければならないのだと気付いたところに手をつけようと思います。

いずれにせよ私一人の力など無いに等しいもの。。。
みんなの力と意識が必要です。

共に闘って頂く事を強く願っています。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん