fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

実体経済と遊離した通貨、GDP:ロン・ポール

  アジア太平洋研究所の「2100年までの世界経済の超長期予測」について 4/24 fxdondon氏から

人口の将来予測に基づいて、各国・地域のGDPを予測することは否定しません。人口動態でその国の先行きを予測するのが、一番いい方法ですからね。
ただねぇ、将来のGDP予測なんて余り意味がないんですよね。
何度も書きますが、米国でGDPが拡大しているというのも、政府が莫大な財政赤字を積み上げ、FRBによるドル紙幣の乱刷のお陰ですからね。裏の事情を無視して、ただGDPがどうのこうのと採り上げてもまったく意味がないんです。
ここで注意しておかなければならないことは、人口が増えればいいってもんじゃないということです。貧しき人口ばかりが増えるとしたら、それはマイナスになるわけです。
我々がもっとも関心のあるドルの価値についても、GDPなんてものがまったく意味していないことを理解しています。
GDPで為替レ-トが決まるんなら、ドルは主要先進国通貨に対して下落することはないんでしょうし、円なんかはもっと弱いはずですからね。
そのへんのところは、私ではなく、米国で生まれ育った次期大統領候補ロン・ポール氏からご説明いただく。

2012年1月、ロン・ポール氏 チャールストン大学での講演

米国は20世紀に創り出された繁栄がありました。しかし、それは生産的な努力、利益、貯蓄に基づいていません。
私たちの通貨ドルが、永久に好きなだけ刷ることが出来るという信念に基づいています。
それは言い換えると、私たちが世界からおカネを永久に借りることが出来るという信念です。

そのため、米国の富というのは、基本的に債務の裏返しです。私たちが富だと思っているものは実は債務なのであり、私たちが債務で世界を運営していると言えます。
まだ、いまなおドルに対する信頼があります。ドルが、世界の準備通貨であり、金(ゴールド)のように振る舞っていることができています。
しかし、市場が、政府よりも賢いことは間違いありません。賢い市場は、最終的に紙幣(ペーパーマネ-)は、ゴールド(リアルマネ-)でないということを知ります。
だから、いずれドルが拒絶されることになります。現に、多くの意味でドルは拒絶されているのですから。

私が、政治に関与するようになったのが1971年。ドルと金(ゴールド)との最後の繋がりが損なわれ、取り去られた時です。
それは、政治家たちが、おカネを際限なく使えて、何の責任も持たないという意味だと、当時思ったものでした。そして、それが、まさしく起こっていることです。

1971年以来のドルの価値を見れば、それがウソではないことがわかります。それ以降、ドルは85%の価値が下がっています。
40年前にドルをせっせと貯めておいて、退職後はそれを楽しみにしていたところ、当時の1ドルは15セントの価値になっています。

これは、犯罪です。
これは、不道徳です。
これは、悪い経済学です。

だから、私たちは、金融システムに注意を払わなければなりません。だから、私たちは憲法に目を向けて、憲法が言っていることを理解しなければなりません。
憲法には、金(ゴールド)と銀(シルバー)だけが法定通貨として用いることが出来ると書かれています。
憲法の中には、紙でできたおカネを刷る権限は、決して存在しません。
そして、連邦準備制度(FRB)のための権限は、まったく存在しません。

こうなってしまった以上、成長を取り戻すために私たちが試みなければならない最も重要なことは、過去に対して清算しなければなりません。
債務を取り除かなければなりません。誤投資を取り除かなければなりません。
連邦準備制度が、しかるべき金利よりも低く下げると、貯蓄者たち、経営者たちに、間違ったことを行うように促します。
債務を取り除かなければ、その上に築くことは出来ないのです。

残念ながら、過去四年間、債務をロクに清算せずに、仕事を失い、家を失った人たちに移転しました。
ですから、私たちに必要なものは、自由市場の経済システムについて、はっきりと理解することなのです。
-----------------------------------------------------------------

これから米国に生まれてくる新生児たちは、過去からの負の清算を請け負ってもらうことになります。
米国人である以上、ドル紙幣を持ち続けなくてはならないという、その根本でまず負の清算をしていただきますがね。
そして、インフレという形でも負の清算をしていただきます。
さらに、世界全体の中で米国の労働市場の縮小という意味からも清算していただきます。
とにかく、清算してもらうことだらけの米国なのですから。
関連記事

ただいま被曝中(16)なすべきこと

  なすべきこと  1/18  「ただいま被曝中」氏から

我々はチェルノブイリ事故の教訓を生かしきれず、同じ過ちを起こしてしまった。
恐らくウクライナやベラルーシの人々は残念に思っているであろう。

大変申し訳ない気持ちでいっぱいである。

我々とて、もう二度とこのような事故は起こしてはならないと思っているのである。
もし、またどこかで原発事故が起きたならどんなに残念で悲しくなるだろうと思う。

この気持ちは、すでに悲惨な結果を出してしまっている彼らにとって、我々よりさらに大きく辛辣な思いであることは容易に想像がつく。
我々は同じ過ちを犯したのである。

激しく反省しなければならない。

今回の事故による放射線の影響は出ないという学者の方々がいる。
ではなぜ山下先生が福島にいらっしゃるのでしょうか?
山下先生は被害は出ないと言い切っていらっしゃいます。

なら、即刻お帰りになったらどうなのでしょうか?
暇なのでしょうか?

福島県立医大にお金がおりて膨大な予算のもとに放射線の研究がなされるようです。
被害が出ないのに、無駄遣いですね。

東京電力という会社は、健康被害を出さないのに賠償しているのでしょうか?
申し訳ありませんが、そのような『しおらしい』会社ではないと伺ってきましたが・・・・・

500Bqまで安全だった食品の基準がなぜ100Bqに下がるのでしょう?
そもそも『緊急時の暫定基準』で500Bqまで我慢しろと言っている内容なのに『安全』だとはなにごとか!

そしてそれを受けて地元のラジオ局のアナウンサーが声高に『安全なんですから!』を公共の電波を使って無責任な放送を繰り返す始末。
なぜラジオ局のアナウンサーが安全を保障しているのか?

そのような資格を持っておられるのか不思議でならない。
暫定基準の意味をご存じないとしか思えない。

後に下げて行くことが前提ということは、500という数字は最終的に収まる数字ではなく、決して好ましい基準ではない事をさしているということは普通に考えて当然のことである。
ICRPのダブルスタンダードの片方しか宣伝しない。

セシウムがβ崩壊する物質である事をきちんと報じない。
セシウム=γ線の印象をうえつけている。

Bqで統一せず、わざとSvを使って説明する。
緻密で正確なデータをとるのにSvで研究している方がいたら『ごくろうさま・・・』と言ってあげたい。

内部被曝+外部被曝<1mSv/年という。
内部被曝のβ線による攻撃をカウントしないで基準内であるとしている。

すでに多くの学校等にモニタリングポストを設置しているのに、いまだにある一か所で測定した結果をメディアで公表している。
警戒区域を解除してインフラが回復していない所へ住民を帰している。
立ち入り禁止区域から避難勧奨区域まであって、残りは突然『安全な区域』扱いである。

普通に考えてそんなことあるだろうか?
それを信じる県民とメディア。
私の考え方がおかしいのだろうか、と思ってしまうほど皆自信満々である。

フクシマの人間をバカだという人は少なくない。
好きで避難しないのだから、病気になろうが、死亡しようが自分の選んだ道だろうという人もいる。
・・・・・・残念だが、その通りだと思う。

ひどい!と言われる。
避難できない人の事も考えろ!といわれる。

しかし、ほんとうにそうであるなら自分は避難したいのに出来ないのだ!ともっと強く訴えるべきである。
もっと行動を起こすべきである。
そうすれば、全国から救いの手を伸ばして待っていてくれる方々がいっぱいいるのである。

声も上げない、行動もしない、しかし理解を求める。
そんなことは、ありえないのである。

ひとりひとりの声、行動力、高い意識、強い思い。
誰かがやってくれるのを待つのではなく、微力であっても行動しなければならない。
あまったれるな!と言いたい。

それが出来ないのであれば、それは経済を最優先にしている事をはじめ、様々な思惑に縛られているから出来ないのであって、健康最優先の主旨から外れる。
避難した人間はあらゆるものを犠牲にして健康を守ろうとしたのである。

自分は何も捨てられないが避難者と同じ評価をしろというのは、どだい虫の良い話である。
なにかしらアクションを起こしているならともかく、何もせずに気持ちをわからない人間が悪いというのはあまりにも情けない。

立ち上がらなければならない。
このような事を起こした奴らを許してはいけない。

そろそろ、目を覚まさなければならない。
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん