fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

日米欧の超緊縮財政が世界経済を破壊する

 米国債格下げの前、6/2の米国の債務上限引き上げ承認の取引で超緊縮財政を受け入れた時点から世界同時の株急落が始まった。

 過剰流動性のなかで超緊縮財政が進むなら、実体経済は更に悪化し、倒産・失業は増大し、医療。福祉は後退し、国民はさらに窮乏化しする。
  「資本主義のイデオロギー危機:スティグリッツ」、「通貨戦争(36)米国の経済悪化は必至、沸騰する世界」、「世界の死を招く超緊縮財政」。

 国際金融資本を操る人々は、実体経済の回復などよりも、自分の資産膨張(焼け太り)がはるかに優先する連中である。
 すでにNY原油は下げ基調に入った。危機は、半年以内に始まる可能性と考える。

 植草一秀氏から
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
NY株価急落が発する財政再建原理主義への警鐘  8/19

米国の株価下落を起点とする世界連鎖株安が収束していない。収束するどころか、その影響が拡大し始めている。
 
 株価変動は経済変動を先読みすると言われる。株価急落はその後の景気急落の先行指標である。問題は、経済の悪化、株価の急落が金融不安を引き起こすリスクである。
 
 最重要の認識は、2008-2009年に深刻化したサブプライム金融危機からの脱出が完全には完了していないことである。
 
 サブプライム金融危機の最大の特徴は、この危機が金融原商品ではなく金融派生商品の価格崩落を契機に発生した点にある。サブプライムローンそのものの残高は1兆ドルから1.5兆ドル程度の規模に過ぎなかった。
 
 米国不動産価格の下落は2006年のピークから2009年のボトムまでで40%程度に過ぎなかった。すべてのローンが仮に住宅価格のピークで組まれたものであったとしても、ローンの損失は最大で0.5超ドル程度に留まることになる。この規模の損失であれば、世界の金融市場が震撼することはなかった。
 
 世界の金融市場が震撼したのは、米国住宅価格指数の下落に伴って顕在化した金融商品の損失が金融原商品の損失によるものではなく、金融派生商品の損失によるものであったからだ。
 
 金融派生商品=デリバティブ金融商品残高は際限なく膨張し、その想定元本合計は600兆ドルから800兆ドルにまで達したと見られている。想像を絶する残高の膨張である。このなかのわずかに1%が損失に転じるとしても、その金額は6兆ドルから8兆ドル、円換算で500兆円から600兆円に達するということになる。
 
 2009~2010年にかけて金融市場が落ち着きを取り戻したのは、この期間に主要国が経済政策を総動員したことによる面が大きい。とりわけ、米国、日本は超大型の財政政策を発動した。加えて超金融緩和政策が実行された。
 
 さらに金融機関への資本増強政策も実行され、これらの政策対応を反映して、株価は反発し、経済も回復に転じたのである。

ところが、喉元過ぎて熱さ忘れるである。米国も欧州も、そして日本も、一転して、超緊縮財政に転換する兆候を示し始めている。
 
『金利・為替・株価特報』第138号=2011年8月12日号を同日発行した。
 
 タイトルは、
 
「世界連鎖株安原因は米欧財政再建原理主義」
 
目次は以下の通り。
 
<目次>

1. 【概説】財政再建原理主義台頭という暗雲の広がり
 
2. 【政局】政権交代の原点への回帰の是非を問う民主代表選
 
3. 【株価】世界連鎖株安の原因
 
4. 【株価】割安な日本株価のゆくえ
 
5. 【為替】巨額損失を垂れ流す財務省外貨準備運用
 
6. 【金・原油・中国】世界経済悪化を織り込み始めた原油価格
 
7. 【為替】変わらない円高傾向
 
8. 【投資】投資戦略

世界連鎖株安の原因では、以下の三つのチャートを掲載した。経済政策が株価・経済に極めて重大な影響を与えることを歴史上の事実で表示するものである。

nikkei1.gif

nikkei2.gif

ny3.gif

 1996年も2000年も、日本経済はいったんは浮上した。株価は大幅に上昇し、経済も確実に回復軌道に移行した。ところが、1996年は橋本政権が大増税政策を強行実施し、2000-2001年は森・小泉政権が超緊縮財政政策を強行実施して、日本経済を破壊してしまった。
 
 現在の米国は、1996年および2000年の日本と類似した状況にある。ここで求められる対応は、経済の回復を持続させる経済政策である。財政赤字が拡大したことに目を奪われて、超緊縮財政を強行実施すれば、経済は破壊される可能性が高く、株価は急落し、金融不安を再発させる。
 
 今回の局面では、このような政策失敗を米国だけでなく欧州ならびに日本も実行する可能性が浮上しているのだ。

 財政収支改善を目的とする超緊縮財政政策の実行が、当然の経済政策対応であるとの論調が蔓延しているが、蔓延する論調が正しいとの保証はどこにも存在しないことを認識するべきだ。
 
 主要国が超緊縮財政政策を強行実施してゆく場合には、2011年から2012年にかけて、世界の金融市場は再び、大波乱に見舞われる可能性が高まることを十分に覚悟しなければならなくなる。
 
 株式市場の現状は重大なリスクに対する警鐘を鳴らしているものとの謙虚な受け止め方が肝要である。
関連記事

ガンダーセン:日本へ重要な警告

 緊急警告(上)福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ
 土壌は300年元に戻らない   A・ガンダーセン           8/16 日刊ゲンダイ

<がん患者は100万人単位で増えていく>

 原子力発電に携わってほぼ40年になります。全米70カ所の原発で運営・管理した経験をもとにお話しします。まず日本の方に大変重要なことをお伝えしなければならない

 それは福島第1原発の4基すべてから、いまだに放射性物質が放出されているという事実です。
 3月中旬の水素爆発で飛散が終わったと考えていたら間違いです。確かに9割はあの時の爆発で放出されたかもしれない。しかし、それで終わりではない。
 ですから環境汚染は計り知れないのです。放出を防ぐには、建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理です。物理的に阻止できるまで、今後も数カ月間は放射性物質が飛散すると考えてください。

 もう一点、大事なことは汚染水が建屋の最下層から地中に流れ出ていると考えられることです。誰一人として肉眼で確認はできませんが、これは確かなことだと思います。炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちていると考えられる。日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っていますが、炉心を取り出す技術などありません

 スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちましたが、福島の場合は一番底までメルトスルーしたのです。これは建屋の下の土壌と地下水が汚染されたということで、一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えません。
 周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分です。最低でも40キロというのが私の考えです。残念ながら日本政府はその数字を信じようとしません。悲しいことです。

 あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。
 最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。
 次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するでしょう。この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。
 そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。
 日本政府は十分にこのことを肝に銘じて、スピーディーな対応を取ってほしいと切に願います
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん