fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

放射能汚染の状況

 東京都の水道水については浄水場の測定で乳児には避けよとなっていますが、蛇口からの測定ではないので注意。 実際の蛇口から出る水(西新宿)は基準値未満との情報があります。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1原発>被ばく線量試算、初めて公表…原子力安全委
毎日新聞 3月24日(木)2時3分配信

 東京電力福島第1原発から放出される放射性物質について、内閣府原子力安全委員会は23日、想定される拡散状況と被ばく線量を初めて公表した。地震発生の翌日の12日から12日間に、屋内退避を指示されている同原発から20~30キロ圏で累積500ミリシーベルト、30キロ圏外でも同100ミリシーベルトになる地点があるという。

 分析は、放射性ヨウ素による被ばくの影響を最も受けやすい1歳児が一日中屋外にいると仮定している。100ミリシーベルトは、甲状腺疾患予防で安定ヨウ素剤の服用を求める指標とされている。枝野幸男官房長官は23日「直ちに避難や屋内退避をする状況ではない。発電所の風下に当たる場合はできるだけ窓を閉め、密閉した屋内にとどまることを勧めたい」と語った。

 試算は、国が開発した「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」を使用した。

 それによると、同原発から12日間に放出された放射能の強さ(毎時400兆ベクレル)から、約50キロ離れた福島県伊達市やいわき市でも12日間で100ミリシーベルトに達する地域があった。同委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は「屋内の被ばく量は4分の1から10分の1に抑えられる」と説明した。【山田大輔、影山哲也】
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続・日本に原発は要らないー直ちに全ての原発を廃止せよ。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/649.html
投稿者 天の網島 日時 2011 年 3 月 24 日 01:39:50

前稿で、電力需要の20%を占める業務用電力が原子力発電(発電電力の25%)のために使われているのではないか、そうだとしたら何のための原発か、という趣旨を述べた。
これに対し読者の方から「業務用電力は一般にも使われており、発電のためのものではない」との指摘をいただいた。
改めて調べるとその通り、「業務用電力」とはビルや学校など電灯と動力の両方を使う場合のもので、発電に使用するものでないことが判明した。
ここにお詫びして訂正させていただく。また、投稿を撤回する旨の書き込みを行った。

しかし、その後、放射性汚染による原乳・野菜の摂取制限・出荷制限を政府が指示したとの報道、東京都水道局による乳幼児の水道水飲用自粛、ミネラルウォーター配布などの報道を見るにつけ、改めて原発の危険性と廃止の必要性を痛感したので、矢も盾も堪らず、新たなデータを添えて、この続編を書き、わが思いを訴えることとする。

経産省は毎年、電力会社から提出された供給計画を纏めて公表している。
今年度供給計画のなかで示された平成21年度推定実績は次の通りである。
 ・電力需要 8587kWh
 ・供給量  9551kWh ー (電力需要は供給量の90%弱)

8月の供給量は19540万KW、最大需要量が15517万KW、予備力4028kw、予備率26%
http://www.meti.go.press/20100331011/20100331011-1.pdf

以上の推定実績は(景気低迷による電力需要の落ち込みがあるとはいえ)年間を通じて
ほぼ10%の電力が余ったことになる。
又、需要ピークの8月は実に26%の電力が実際に使われない予備電力として残ったことを示している。この26%はほぼ原子力発電比率とイコールである。
因みに、22年度計画においてはこの予備率は14%と見込まれている(供給電力は微減)
が、それは閑散期の発電を抑制乃至調整しての供給量であろうし、21年度の8月供給量をみる限り「供給能力」は十分すぎるほどあることは明白である。

我々は騙されてはならない。現在、東電で行われている計画停電も「原発が必要」というキャンペーンの一端であろう。
古来、経済学で「バターか大砲か」と問われるが、今まさに「野菜・魚介か原発か」の選択を迫られている。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(毎日)
東日本大震災:放射線の蓄積注視を 福島市、自然被ばく年間量超す 24時間屋外なら

 ◇福島市で1770マイクロシーベルト
 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発からの放射性物質の漏えいにより、福島県内を中心に大気中の放射線量が高い状態が続いている。福島県や文部科学省の測定値を毎日新聞が積算したところ、同原発の北西約65キロの福島市では14~21日の間に、日本人が1年間に浴びる自然放射線量(平均1500マイクロシーベルト)を上回る1770・7マイクロシーベルトに達した。政府は「直ちに健康には影響しない」としているが、原発事故の収束が遅れれば、「新たな手立てが必要」との指摘もある。【須田桃子、下桐実雅子、神保圭作】

 積算は、文科省や福島県が公表している1時間当たりの放射線量を足し合わせ、14日午前9時~21日午後5時の累積放射線量を推計した。24時間、屋外にいることを推計の前提としている。

 その結果、福島市以外では、原発の南約50キロの福島県いわき市で299・7マイクロシーベルトに達したのをはじめ、宇都宮市34・1マイクロシーベルト、水戸市33・2マイクロシーベルト(同市のみ15~21日)と、複数の場所で、日本人が浴びる1週間分の自然放射線量の平均値(約29マイクロシーベルト)を上回った。

 このほかの地点では、前橋市17・4マイクロシーベルト▽さいたま市15・1マイクロシーベルト▽長野市11・8マイクロシーベルト▽東京都新宿区10・8マイクロシーベルト▽神奈川県茅ケ崎市10・2マイクロシーベルト。仙台市では観測点の電源が壊れデータがない。

 文科省によると、平常時の福島県での自然放射線量は1週間当たり最大約12マイクロシーベルトで、今回福島市で観測された値のほとんどは原発事故の影響とみられる。

 一般人の年間被ばく限度は「自然放射線以外に1000マイクロシーベルト」で、もし毎日24時間屋外にいれば、約1週間で年間許容量を上回っていることになる。

 ◇長期化好ましくない/雨雪、直接触れずに
 福島市での累積放射線量(1770・7マイクロシーベルト)について、前川和彦・東京大名誉教授(救急医学)は「日本人が1年間に受ける自然放射線量に相当する量だ。ただし連日連夜、屋外で過ごすことは非現実的」と指摘する。

 福島市の数値が突出している理由を、同県の担当者は「これまでのデータでは、風は(原発のある双葉町を中心に)時計回りに吹いているが、放出された放射性物質が福島市上空に来た際、雨や雪と一緒に地上に落ちてきたためではないか」と分析する。その上で「無用な外出は避けてほしいが、水や食料の確保のため外出するのは問題ない。雨や雪に直接触れないよう工夫してほしい」と話す。

 福島県によると、福島市で観測される1時間当たりの放射線量は22日にはピーク時(15日)の3分の1以下になるなど、減少傾向にある。前川名誉教授は「この環境汚染がどこまで続くのかは、(原発の)事態をいかに早く収束させるかにかかっている」と力説する。

 被ばく医療に詳しく、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーも務める山下俊一・長崎大教授は、福島市の累積放射線量について「直ちに健康に影響を与える値ではないが、もし今後もこの値が長く続いたり悪化するようであれば好ましくなく、政府が新たな手立てを検討すべきだ」と話す。

 一方、放射性物質を吸い込むことで起こる「内部被ばく」に詳しい矢ケ崎(やがさき)克馬・琉球大名誉教授(物性物理学)は「政府の『直ちに健康に影響しない』という発言は、その後の影響がまるでないように言っており問題だ。放射性の微粒子が体に入ると、体にとどまるため継続して被ばくを受ける。吸い込みを防ぐためにはマスクをする以外にない。野菜などの食品も水でよく洗ってから食べて」と話す。
関連記事

東北自動車道開通、3号機また火災

 昨日夕方、また3号機で火災。
 1~4号機は海水の注水を断続的に続行、電気の機器点検は続く。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北道、24日全線開通 磐越道も、復旧工事進む

 国土交通省と警察庁は23日、東北、山形、磐越の各自動車道について、一般車両の通行止めを24日午前6時に解除すると発表した。雪崩の懸念から通行止めとなっている山形道西川―月山下り線を除き、全線が開通する。三陸、常磐道の一部区間なども一般車両の通行止めを解除する。

 東北道一関(岩手県)―宇都宮、磐越道いわき(福島県)―津川(新潟県)、宮城県内の山形道宮城川崎―村田は緊急車両と大型車に限って通行できたが、復旧工事が進み渋滞の恐れもなくなり、一般利用を再開する。

 東北道から分岐する仙台北部道路と、同道路に接続する(1)三陸道の利府―鳴瀬奥松島(2)三陸道、仙台東部道路、常磐道にまたがる宮城県内の利府から山元の区間―も同時に解除する。

 ただ、同区間のうち利府―仙台若林は北行きの一方通行で、南行きは通行できない。東北道の仙台南と仙台東部道路の仙台若林を結ぶ仙台南部道路も通行止めが解除される予定だ。

 福島第1原発事故の影響で復旧していない福島県内の常磐道いわき中央―常磐富岡、被災地に近く緊急車両と大型車だけが通行できる宮城県内の三陸道登米東和―鳴瀬奥松島は、まだ一般車の利用ができない。

2011/03/23 18:19 【共同通信】

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原発 緊急情報(25) どうすれば良いのか? その4(中部大学 武田邦彦

ここでは、これまで3回の「どうすれば良いのか?」のまとめをできるだけわかりやすく説明する積もりです.
福島原発が爆発して、膨大な放射線物質が放出されました。その時、危険性は「1倍から25倍」の範囲でした。つまり、1倍というのが3月15日、25倍が将来で、爆発規模で10倍はあり得るし、プルトニウムで2.5倍の危険性があると私は考えていました。
これは、政府、NHK等が繰り返していた「もし注水に失敗したら大量の放射線がでる」、「きわめて深刻な事態に陥っている」という文学的表現を、私の判断(過去の実例と理論など)に基づき数値で示したものでした。
それが今は「1倍から2倍」に入るようになりました。1倍から2倍ぐらいになると、具体的にどのような行動をとればよいかが決まります。そこで、緊急情報(22)「被曝限度」と(23)「地域ごとの被曝量」の表を出したのです.
・・・・・・・・・
たとえば、福島の人の被曝量は、1時間あたりの量として(体内も含む)6マイクロから12マイクロですから、おおよそ10マイクロぐらいです。東京は1から2ですから2ぐらいと考えます. そして、汚染が1ヶ月で終わるとして(少し甘いが)管理区域(被曝量を測定し、健康診断を行う)として注意するのが7マイクロですので、福島市の人は「組織的に管理区域に入る」レベル、東京は「個人的に注意する程度」であることが判ります.
一方、女性(赤ちゃん)の場合は6マイクロですから、福島市の女性は1ヶ月以内に移動するか、何らかの対策をとる必要があります(放射線の法律によればということです)。
男性は68ですから、どの地域でも汚染された食品をとらなければ大丈夫です.特に年配の男性は問題がないレベルになりました。
・・・・・・・・・
ここまで来ました。
でも、昨日の福島の放射線を見ると、もっとも高いところが90もありました(原発から30キロより外ですが)。そうなると、その地域におられる人は福島の9倍になりますから54となり、女性はもちろん待避しなければなりませんし、男性もギリギリになるので、1ヶ月たったら移動が必要です.
このことで判るように、15日あたりからご自分が住んでいるところの毎日の放射線の平均をとって、得られた値を、その期間の総時間で割るのです。それが2になるか10になるかがでると完璧に自分や自分のご家族の被曝量を計算できて、しかもそれが危険な状態かも判ります。
たとえば、15日から、2(マイクロ/時)、3,6,1,4と5日間の平均の値が判れば、2+3+6+1+4=16で、それを5でわると、“3.2”になります。それを緊急情報(22)の表と見比べると、「被曝量は管理し、健康診断を受ける必要」があることが判ります。
ただ、同じ表の「テレビの専門家のコメント」より値はかなり下回りますから「直ちに健康に影響」はでませんから、すぐ入院などは不要です.
ご自分の被曝量を計算しておけば、これからも放射線量を見ていればだいたい、見当がつきます.
・・・・・・・・・
問題は、「体内被曝」です。これからは外部被曝が減ってきて、体内被曝が増えてきます.当面は「外部=体内」として外部の2倍にしておくのが良いでしょう.
というのは理由があります。外部と体内は「同じ原因」で起こるからです.
福島原発が爆発して飛散した放射線物質は「その場所に飛んでくるから」放射線の量が上がるのです.その物質は、衣服につき、土に潜り、野菜に乗り、川に降ります.だから、空気中に漂う放射線物質がそのまま、放射線の量にもなり、野菜の汚染にもなるからです.
次のブログで説明しますが、ホウレンソウとか水道水だけが汚染されているわけではありません。小さい粒が空気中を飛んで来るのですから、作物の種類にもよらないのです.
牛乳が汚染されているのは草を食べるからだと解説されていましたが、おそらくは今のウシは牛舎の中で昨年とった乾燥した草を食べているとしたら、飼料には放射線はないと思いますので、空気中の放射線物質を吸い込んだからでしょう。これは人間でも同じです.
少し飼育の状態を調べて見たいと思います。
福島県の人に悪いのですが、福島産の作物はすべて汚染されているはずです.残念ですが事実は事実です(福島と言っても、会津の方は汚染が弱いので少ないと思います.また、放射線レベルが2マイクロ(毎時)以上のところ、茨城の北、栃木の北なども汚染されている可能性があります。
(その地域の人には申し訳ないのですが、このような時には事実が大切ですから。空気中を飛んでくるので、どうしても汚染されます.)
(平成23年3月23日 執筆)

 

関連記事

« 新しい日記に行く  | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん