fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

日本の地震、津波、原発被害を伝える各国

 日本の巨大地震と大津波、そして原発被害は世界各国で伝えられている。
 国内ではあまり伝わらない国の記事を紹介する。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界の憂慮の目、福島原発へ
2011年03月12日付 トルコRadikal紙

トルコが原子力発電所計画の模範としている国である日本で、昨日(11日)の地震と津波を受けて原子力発電の危機が起こった。

日本では自然災害により原子力発電所や製油所が被害を受けた。対策として5基の原子力施設の運転を停止させる一方、電力供給の多くを原子力エネルギーに頼っている同国では400万人以上が電力不足に陥った。日本の枝野幸雄内閣官房長官は地震後閉鎖されていた福島の原子力発電所の冷却装置に機械的な故障が発生したと述べ、同国の経済産業大臣は「少量の放射能漏れが起こりうる」と警告した。原子力安全・保安院も該当地域に住む約6000人に避難を指示した。

■爆発が発生
福島第一原子力発電所で午前、爆発が発生した。この爆発で多くの発電所作業員が負傷したことが発表された。公共放送NHKによって発電所の原子炉の屋根と壁が崩壊したと報道される一方、テレビでは放射能漏れに対し窓とドアを閉めて防護対策を取るようにとの呼びかけが行われ始めた。

■「特殊消防隊」始動
日本政府は福島第一原子力発電所で爆発が発生した後同発電所に「特殊消防隊」の派遣を発表した。共同通信社の報道によると、同発電所における1時間あたりの放射線量は通常受ける放射線1年分に相当するという。

■政府会見
日本の枝野幸男内閣官房長官は、日本で昨日(11日)強烈な地震と津波が発生した後今日(12日)爆発が発生した原子力施設の原子炉を覆う金属製の格納容器は被害を受けておらず、施設周辺の放射線量増加は確認されていないと述べた。枝野官房長官は、施設周辺の放射線量が増加しておらず減少していることを明らかにし、原子炉圧力容器の圧力も低下したと述べた。

■その他の発電所の状況
女川原子力発電所でも火災が発生し緊急事態が宣言されたが、火災は消し止められ施設からの放射能漏れはないことが明らかにされた。一方タネル・ユルドゥズ・エネルギー天然資源大臣は、スィノプで建設が計画されている第2の原子力発電所のために日本との協議を継続することを明らかにし、「日本は地震帯にあるためこの問題に対して非常に敏感である。今回の地震も重要な経験となったと考えている」と述べた。日本では合計55基の商用原子炉が稼動している。

■忘れられなかった2007年の危機
日本では2007年に発生したマグニチュード6.6の中越沖地震によって柏崎刈羽原子力発電所で放射性物質が漏出し、国内の発電所の安全性に関して深刻な議論ももたらした。国際原子力機関(UAEA/IAEA)による発電所の査察実施は当初政府によって断られ、その後国際連合の担当者に被害状況確認調査の許可が与えられた。16ヶ月に渡って調査と原子炉7基の耐震補強が行われ、2008年11月8日には同施設で1基目の原子炉への燃料注入が開始、2010年11月には全基が運転を再開した。日本は2006年に原子力発電所の耐震基準を改訂していた。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年 3月 12日(土曜日) 13:21 イラン国営ラジオ
イラン、日本での大地震発生に遺憾表明

イランのサーレヒー外務大臣が、日本での大地震とそれに伴う津波の発生に遺憾の意を表明しました。
サーレヒー大臣は、日本の松本外務大臣に寄せたメッセージの中で、日本の東北地方で大地震や破壊的な津波が発生したことに遺憾の意を表しました。
サーレヒー大臣は、日本人が勤勉で忍耐力のある国民であるとし、「日本の偉大な国民は、今回も自然災害から生じた困難を乗り越え、現在の辛い状況を突破することができるだろう」と語りました。
また、日本の政府や国民、そしてこの災害による犠牲者の遺族に哀悼の意を表明し、被災者への救援物資などの支援を送る用意を示しました。
イラン・赤新月社、日本の被災者に支援の用意

イランの赤新月社が日本の地震の被災者に支援を行う用意を発表したことは、日本政府の歓迎を受けています。
イランの赤新月社のターへリー専務取締役は、テヘラン駐在の日本大使に寄せられた赤新月社の社長のメッセージに触れ、日本大使が日本の被災者に対するイラン・赤新月社の支援表明に感謝すると共に、緊急救援部隊の日本への派遣を歓したと述べました。
ターヘリー専務取締役は、「イラン・赤新月社は、被災者が必要とする医薬品、衛生用品、食料品などを提供する用意があり、日本が求めれば、これらの支援物資は迅速に日本に送られる」と述べています。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の被災地に届け 露救援隊、準備万端   ロシアの声
12.03.2011, 17:37

 今回日本を襲った地震は1933年に起きた昭和三陸沖地震以来の破壊規模となった。新たな津波が起きる危険性も残されている。
 国際社会はこうした緊急事態に迅速な対応を見せ、日本国民に救援の手を差し伸べる意向を表した。オーストラリアと米国はすでにレスキュー隊を派遣しており、欧州連合(EU)も救援チームの召集を開始している。隣国ロシアもいち早く同情の意を表し、被災地の救援に加わる意向を表した。メドヴェージェフ大統領はこれについてロシア非常事態省に次のような指令を送っている。

「日本がマグニチュード9相当の強い地震に見舞われた。被災の規模も犠牲者の数も大きい者と見られる。われわれも余りにも大きな地震を克服するため、隣人を助ける用意がある」

 現在ロシア非常事態省には6機の特別機と移動用野戦病院(ヘリコプター)、そしてレスキュー隊員、カウンセラー、医療関係者200人が待機しており、いつでも現地にむけ出動できる状態にある。地震による被害の中でも原子力発電所を巡る情報に最も大きな関心が集まっている。

 ロシアの核関連企業「ロスエネルゴアトム」のウラジーミル・アスモロフ第1副社長は日本の原発について、高度の耐震構造を持ったものだとしてこう語る―。

「日本は地震が頻発しやすく、当然、マグニチュード7-8の地震に耐えうる対策も万全にとっていた。われわれは原発のあった地帯での揺れはマグニチュード7程度だと考えている」

  ところが原発内では爆発が起きた。福島第1原発の原子炉は外側の建物が損傷を受け、放射能のレベルが上がっていることが確認されている。日本の枝野官房長官は福島第1原発で爆発があった事実を認めたが、爆発のあったのは炉心ではないとしている。菅内閣は専門家らを集めた緊急会合を開き、状況の分析を行っている。

 ロシアの専門家らは日本の原子炉の構造的な違いを考慮すると、チェルノブイリ原発事故のような事態は起こらないだろうと予測している。そうした意見のひとつ、「原子力戦略」誌のオレグ・ドヴォイニコフ編集長の意見を紹介したい―。

「日本の原子炉はチェルノブイリ型のものではない。このことから1986年のチェルノブイリ事故のような事態にはならない」

 今回の地震の結果、地球の地軸の長さが約15センチメートル分ずれたことが確認されているが、これが地球規模ではどういった影響を及ぼすのかについては、今のところ明らかにされていない。
関連記事

原発の事態は悪化している。自己判断で避難を。

 このブログを見ている方で、福島原発から100km以内の方へ。
 第一原発から100km以上のところに一時避難しましょう。
 郡山などのいわゆる「仲通り」でも20kmよりははるかに良いでしょう。

 原発の事態が悪化しています。
 昨日、第一原発1号機は水素爆発を起こして、屋根と壁が飛散しました。
 中の状況は発表されていません。
 
 3号機が冷却不能となり、燃料棒が露出しました。
 圧力上昇により、放射能漏れと爆発は時間の問題です。
 すでに1号機の事例からすると、3号機も放射能漏れは始まっていると考えます。
 
 東電、保安院、政府のいずれも発表が事態の展開から異様に遅い状態です。
 1号機の蒸気放出も、爆発炉心溶融もいずれも5、6時間ほど時間をかけてから発表しています。
 発表内容の検討に時間をかけすぎているためでしょう。このことも状況を悪くしています。

 避難範囲を遅ればせに20Kmに拡大しましたが、このように検討に時間を掛けすぎる状態では、50Kmあるいは100Kmへの拡大は事態の進みに間に合わないし、無理と思われます。
 自分の判断で避難することです。
 
 すでに原発関連の人、家族など避難しているようです。
 事態は五分五分から七分三分くらいに悪化しています。
 自分の判断で避難することです。
 
 業務で避難できない方も多いとは思いますが、防護処置と脱出の準備は必要です。
 行政に期待できない可能性が、非常に高いと思います。
 一人でも多くの方が一刻も早く、100km圏内から脱出されることを願っています。




関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん