fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

市場という名の大衆詐欺収奪

 チャート
 
 株、為替、投信、債券、先物商品、FX。これらのそれぞれ派生商品。
 なんと多種多様なことだ。
 私は現在いずれもやっていませんが、過去に為替で授業料を払いました。

 思うことを書きます。

 株にしても優良株を長期に保有する、為替や先物にしても実体取引のためのリスクヘッジのためなら、まあ別物といって良いのでしょうが、それ以外は「投資」でなく「投機」です。

 投資と投機の違いは、投資はそこに資金投入して配当を期待するのに対して、投機は文字のとおり機会を見て、売買をすることによって、差益を得ることを目的とします。
 市場は投機が実体の百倍以上を占めます。
  
 投機は典型的にはデイトレードに象徴されるように僅かな差でも大きな差でも機会を逃さず売買することによって差益を得るものであり、その投機市場の実体価値としてはゼロサムゲームです。
 別名「博打場」と言われるのはそのためです。

 博打場では胴元の権利と、八百長技術の二つが一般大衆投機家の利益確定を阻んでいます。もちろん、表面的には一般大衆投機家が必ず損をするなら、誰も来ませんから、そこはテクニカルに操作します。パチンコ点の出玉率と基本は同じです。

 実は、投機市場も博打場と全く同じ原理が働いています。
 IT時代となっても、いずれの市場も一般大衆が参加するには取引業者、証券会社を経由します。

 通話ではないので一応リアルタイム取引なのですが、これは外面の話で、市場直結端末は5分単位が100万分の1秒単位に「進化」しているので、大勢の顧客から買いが入ってきたら、0.1秒単位で先買することが十二分に可能です。
 つまり、投機市場は全体ではゼロサムゲームなのですが、取引会社に取っては一般大衆投機家は差益の水源と言って良いでしょう。

 また、「博打場」での八百長技術に相当すものも多種多様に存在します。

 何も戦争・紛争ほどでなくとも、某企業に内部情報が入ったら、空売りを浴びせ、公表されなかったら回り手で知らしめて暴落したら買い占める。このくらいのことは注意していると外からでも判別できることがよくあります。

 博打場は所詮カモネギの世界と明らかだが、投機市場は「博打場」よりも、運用理論などと洗練されているのは表面であり、内実ははるかに情報の弱肉強食と不正な技術が応用されている。

 取引業界内部は億万長者が上客ですので、それなりに配慮しています。
 また、億万長者さんたちはそれなりのお付き合いの中で、特有の情報交換をしています。
 この人達の差益もまた、一般大衆投機家が水源です。 

 80年代90年代に我が国は「貯蓄から投資へ」などと言う、ひどいスローガンをテレビと大新聞で吹聴しました。
 余剰資金の無きに等しい勤労大衆が「投資」など出来るわけもなく、その気になったら「投機」になってしまうのを見越した宣伝でした。

 世の中には、金持ちの家に生まれて、一生涯生活のための勤労をしないで楽な生活を送っている人がいます。
 その階層はありあまる余剰資金を善意の寄付としようが、投資しようが、博打場で投機して水源とされても、まあ好きにしたら良い。

 金持階級>取引会社(金融資本)>財閥>国際金融資本へと利益は流れる。
 勤労大衆に「貯蓄から投資」とアピールするのは、勤労大衆>金持階級の流れを作り、膨大な数の勤労大衆を利益の水源とするためのし掛けです。

 詐欺的な大衆収奪である点は、投資信託も全く同じです。

 おっと、貴方は億単位資産家でしたか、失礼しました。忘れてください(笑)。



 
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん