fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

世界通貨戦争(8)財政問題化

 NY.jpg

 このところ、アメリカのインフレ政策とイギリスの財政削減を批判しています。
 「英国の歳出削減」「世界通貨戦争(6)ドル」「世界通貨戦争(7)バーナンキ」をご参照してください。
 また通貨と信用創造、国家の関係については「通貨、金利と信用創造の特殊な性質」をご参照ください。

 2008年来、各国はじゃぶじゃぶの金融緩和、流動性供給を続けてきたが、生産、雇用、消費は回復せずに、投機市場へまわるばかりである。
 実際はさらに強力な財政出動で、消費拡大へのてこが必要だ。
 「ところが不思議なことに、この段階になると必ず財政赤字を問題にする声が急に大きくな」るのだ。

 これは不思議でもなんでもない。
 実体経済の資金需要が無いために、流動性供給が投機市場に回っていることの裏返しである。
 投機資本には莫大な資金需要があり、金融資本は投機資本に与信した方が、はるかに利益率が高くなっているためである。

 つまり、金融政策は実体経済でなく、投機の金融経済を向いているのである。
 金融資本は法人の利益ではなく、私的な金融資本「家」の富の蓄積が目的である。
 従って、金融資本にとっては、一国の実体経済の回復よりも、信用創造へ国家保証の方が大切なのは当然なのだ。
 
経済コラムマガジンから引用します。

10/11/22(640号)不況下の反ケインズ政策

FRBは11月3日に追加金融緩和として6,000億ドルの長期国債の追加購入を決めた。これは市場がほぼ予想していた数字である。さらにFRB保有の住宅ローン担保証券の償還分による国債購入をこれに加えると、合計で8,500~9,000億ドルの国債購入となる。

FRBの狙いは「米ドル安による米国製品の輸出促進」「金利低下による住宅投資や設備投資の喚起」「株式などの資産価格上昇による資産効果」などによる景気浮揚である。ところがこのFRBによる米国債の購入は、後ほど述べるが非伝統的金融政策だとして各方面から批難されている。しかしFRBは批難があることを承知した上で、今回の決定に踏出したのである。


それほどまでに米経済の回復が順調さを欠いている。リーマンショック後、FRBによる金融緩和に加え、米政府は財政支出の拡大による景気対策を行ってきた。これらの政策は一定の効果を生んだが、効果が一巡すると経済の拡大は足踏み状態になった。この程度の経済回復では、なかなか失業は減らない。

本来なら金融緩和に加え、さらなる財政政策が必要な場面であるが、後ほど述べるが経済危機を脱する頃には必ず財政赤字を問題にする勢力が出てきて、財政政策続行を潰す。先の中間選挙で民主党が負け、共和党が躍進したのも、そのようなことが影響したと考える。したがって今後の財政拡大策が難しくなる。そしてこのような現象は、日本でも見られたことである(細川政権や第二次橋本政権)。

追加的な財政政策が難しい米国の現状では、どうしても金融政策に負担が掛かることになる。ところがこの金融緩和策さえ足枷を課すような意見が出ている。


FRBは、日銀など他の国の中央銀行と異なり、物価の安定に加え雇用の安定も政策目標にしている。つまり「雇用の安定」といった他の国なら政府の役目となっていることまで、FRBが担っているのである。しかし今回の大胆な金融緩和策の実施をきっかけに、FRBの政策範囲を制限しろという声が出てきた。「FRBは中央銀行の本来の役目である物価の安定に機能を限定しろ」と言うのである。

また新興国からも今回の金融緩和には批難が出ている。米国の金融緩和により、資金が新興国に向かい、これによってまず米ドル安・自国通貨高が起る。さらに資金の流入によって資産価格の上昇と物価の上昇を招くというのである。


このような批難が集まっているため、FRBは、さらなる金融緩和、つまり米国債の追加購入が難しくなったと捉えられている。したがって一時的と思われるが、これまで買われていた米長期国債が逆に売られ、長期金利が上昇している。米国の長期金利が上昇したため、これまで上昇の一方であった日本円も少し売られ、83円台まで円安に振れている。

株価を除き最近の米国の経済指標は決して強くない。またこの程度の米ドル安では輸出増加も見込めない。したがってFRBへの逆風は強まっている。しかしバーナンキFRB議長は必要に応じさらなる追加措置を断行するものと筆者は見ている。


ユーロからの離脱
バブル経済崩壊後、経済がデフレに陥るメカニズムは10/8/9(第627号)「世界に広がるデフレ」で取上げた。通常、バブル経済崩壊後によって経済は急速に縮小し、マイナス成長に陥ることも珍しくない。これに対して国家(今回は欧米諸国全体のバブル崩壊だったためほとんど全ての国)は緊急の経済対策を講じた。対策は金融緩和と財政政策といったまさにケインズ政策である。

これによって経済はある程度持直した。しかしバブル崩壊による経済不調は、通常の景気循環の不況より根がずっと深い。経済学的には、膨大なデフレギャップが生じている。しかしこれが軽視されていて、人々は経済が一旦持直すと経済は簡単に自律成長路線に乗るものと思い込んでいる。


しかし政策が途切れると途端に経済成長が鈍化する。特に経済が成熟した先進国ではこの傾向が強い。したがって本来なら追加的なケインズ政策が必要なところである。

ところが不思議なことに、この段階になると必ず財政赤字を問題にする声が急に大きくなり、財政再建派が勢いを持つようになる。景気対策より財政の健全化が重要というのである。そして反ケインズ政策が採用されるという驚く事態になる。このことは10/7/5(第622号)「サミットの変質」で取上げたが、もはやこれは経済学ではなく社会学上の問題でありテーマである。


日本の場合は、ケインズ政策に財政再建と構造改革が結び付いた奇妙で中途半端な政策が採られ続け、いまだにデフレ経済から脱却できない。また前段で述べたように、米国も金融政策だけの片肺飛行状態である。しかし問題が最も深刻なのは欧州である。

英国なんて政権交代が起って、この不況下に増税しようというのだから尋常ではない。いまだに資産(住宅)価格が下がり続けているアイルランドは、財政赤字の削減を迫られている。他の国も似たりよったりである。資産価格が下がり続けているということは、銀行の不良債権が増えていることを意味する。その点米国と日本は、資産価格は一応底を打ったと見られる分救いはある。

欧州の唯一の救いは通貨安である。これによってどけだけ貿易収支が良くなるかがポイントである。もしこの効果が小さいならば、欧州経済は再び縮小に向かう可能性がある。このような状況では、資産価格の下げ止まることがなくなり、不良債権がさらに増えるといった悪循環に陥ると考えられる。


EUというものは奇妙な集まりである。経済は統合し、少数国を除き通貨も統合した。しかし経済政策は基本的に各国に委ねられている。EUを日本に例えるならアイルランドやポルトガルは北海道や九州などにあたるはずである。日本でもし北海道が深刻な不況なら、日本政府が北海道に重点的な経済対策を講じることが可能である。

しかしEUの場合は複雑であり、アイルランドやポルトガルなどといった個別の国に対して、EUとしての財政政策はない。全体としての金融緩和を行うことを除けば、各国の国債を少々買上げることぐらいである。これではバブル崩壊の影響が大きい国はとても救われない。


ユーロ安はEUの中でドイツだけに大きなメリットがある。ドイツの経常収支は大幅に黒字であるが、EU各国の経済不安(財政赤字と銀行の不良債権問題)によってユーロ安が続いている。つまりドイツはどれだけ貿易黒字を拡大しても通貨は高くならないといった有利な立場にある。

本来ならドイツが、経済的に追い詰められたEU加盟国に財政支援を行うべきと筆者は考える。しかしドイツにはその気が全くない。ドイツには、財政危機のギリシャに中国に島を売ってしまえという声があるほどである。冗談にしてもほどがある。このような状況では、ユーロから離脱する国が出てくる可能性がある。もっとも筆者も、EUが統一国家にならない限り、通貨統合なんて無茶な話だとずっと思っている。
関連記事

お釈迦になった高速増殖炉

 もんじゅ

 高速増殖炉の原子炉の中に物が落ちて取れなくなっているとのニュースがあったが、その後は運転が止まったままのようだ。
 一体、どう解決するのかと思っていたが、解決策は無いようだ。 
 「再開大幅遅れの見通し」などと言う状態ではない。
 「再開」にこだわっている原子力行政は、言葉だけのものだ。
 物が落ちて......................
 地球の裏側まで穴があいたら......................どうするのだろう。

 数十年にわたって巨大事故にならなかったのが、不幸中の幸いか。

 まさしく、安全だと言うなら東京に設置してみなさい。
 すごい僻地にしか立地できないのは、危険の証だ。
 地震だらけの国土で、都市まで千キロなどは何処にもないのだ。
 
 http://chikyuza.net/n/archives/4547から引用
「お釈迦」になったかニセもんじゅ 2010年 11月 13日

<槌田敦(つちだあつし):核開発に反対する会>

 日本原子力機構の所有する「ニセもんじゅ」(文殊菩薩を詐称する原子炉)で、8月26日、炉内部の器具の交換に使う「炉内中継装置」(3.3トン)を原子炉の中で2メートルも落としてしまった。これはかなりの衝撃で、原子炉内部構造を破損したのではないか、と心配されている。

 落とした原因は、ステンレス製のネジのゆるみで、これにより2本のつめが固定され、この装置を吊るす構造になっていたという。このネジの長さはわずか1センチという小さなもので、しかも落下を防ぐ手段がこれ以外になかったというのは、とても信じられないお粗末さである。

 ところで、このニセもんじゅの原子炉は、加熱して熔かした液体ナトリウムで満たされている。この液体ナトリウムは光を通さないので、カメラで見ることができないから、原子炉の中がどのように壊れたかを知る方法がない。破損状況が分からなければ、もんじゅは使用できないことになる

 液体ナトリウムを抜き取れば見えるのだが、その作業の結果、不純物が炉内に多量発生するなどして、やはりもんじゅは使用できないことになる。もんじゅは15年前のナトリウム火災事故の後も、この炉心のナトリウムを抜き取らず、これが固まらないように加熱し続けていた。支払った電力代金は年間200億円、15年間で3000億円の国費を単なる熱にして無駄遣いしていたのである。

 このように、ナトリウムを抜き取る以外にこの衝撃による破損状態を知る方法がないので、もんじゅは「お釈迦(注)になった」と見られる。
   (注) 「お釈迦」とは、阿弥陀の像を鋳るのに誤って釈迦の像を鋳たことをいう。

【続報】

 10月4日、原子力機構は落とした炉内中継装置の引き上げを開始したが、落としたことでこの中継装置が変形し、穴に引っ掛かって引き上げに失敗した。13日に作業を再開したが、やはりだめだった。福井新聞は「再開のめどなし」と報じている。この外、全国紙福井版も大きなニュースとして報道している。装置の引き上げができなければ、もはやこの原子炉は使い物にならないのである。

 ところが、この重大ニュースを、毎日新聞を除き全国紙(東京、大阪)は一切取り上げなかった。中日(名古屋版)には小さな記事があるが、同系列の東京にはない。毎日新聞の場合も、見出しを含め目立たないように特に工夫されている。その目的は、事業仕分けとベトナム原発への影響を恐れて、各紙一斉に自主規制したものと思える。ことによると、一斉ということから内閣府の依頼があったのではないかとも思われる。

 朝日(福井版)には、事業仕分けでこの装置落下に質問が集中したとある。仕訳人たちはおそらくインターネット記事で質問したのであろうが、東京のどの新聞にも記事がないことで迫力は殺がれたであろう。その結果、ニセもんじゅ予算は1割減で確定した。

 ベトナム原発については最後までロシアとの争いであったという。しかし、日本に来ているベトナム大使館員が読む日本の新聞には、このニセもんじゅに示される日本の技術力の低さについて本国へ情報発信できなかったに違いない。このことがベトナムでの日本の原発独占交渉権獲得となり、1兆円規模の受注が内定したと言われる。

 このことは日本のマスコミが現在も戦時中新聞となんら変わっていないことを示す。日本の未来はこのような政府迎合の日本マスコミに誘導されるのかと思うと寒気がよぎる。

 ニセもんじゅ予算とベトナムへの原発売り込みがすべて確定した11月10日、全国紙(東京版)は一斉に、「もんじゅ再開大幅遅れ」の記事を発信して、読者に落下した機器が回収できないことを初めて伝えた。しかし、東京の読者には、この記事だけではなんのことだか分からないに違いない。

 ところで、記事の早さと正確さを自慢する朝日新聞だけはこの日も何も伝えなかった。今更報道してもと意地になっているものと思える。そこで朝日だけの読者には、もんじゅが使い物にならないという重要ニュースが何も伝えられていないのである。残念なことだ。

【結論】

 炉心周辺の破損状態を知るためには、ナトリウムを排出しなければならない。その前には中継装置を引き抜かなければならない。どちらも不可能に近い。もはや、ニセもんじゅは仮死状態にある。生命装置(ナトリウム循環)の維持のために1日5000万円、年間200億円も電気料金を熱にしてしまう。プラス人件費(もんじゅ職員の費用=何十億円)が税金から支出される。

 したがって、この生命装置をはずさせ、安楽死させる段階に来ている。
 ナトリウムを使う高速炉は、ニセもんじゅの外に、茨城県の常陽がある。この原子炉でも、やはり無理な操作をして装置を引っ掻け、炉内構造物を壊してしまった。これも仮死状態でナトリウム循環の生命装置で維持している。

 いずれにしても、このふたつの原子炉は、巨大事故を起こすことなく臨終を迎えることになった。しかも、このふたつの原子炉で得られる高純度兵器級プルトこそ日本の核武装計画の基本だから、その挫折を心から喜びたい。
 (引用終わり)

(別口のコメント)
 炉心には約1トンのプルトニウムが装架されている。現状ではこの燃料を抜くことができないので、廃炉にもできないということ。
 研究所は燃料移送装置をプラグごと引き抜くことを考えているという。
 炉は約200℃に加熱されており、かつ窒素雰囲気中の作業になると見られるが、うまくいくかどうか。
 移送装置は落下したとき、何かに当たって変形したらしいが、被接触物は容器内にあり、燃料とNaを抜き取り、場合によれば炉心構造物も撤去してその変形、傷等を確認しなければならない。変形やクラックがあれば、それを修理する必要。放射能が残留する中で、そんなことは可能なのか?
 とにかく何とかして燃料を抜き取って、そのままお陀物にするのが最上策。二度とこんなばちあたりは作らないこと。N/K
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん