fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

公務員叩きとデフレ政策

 公務員

 通貨の額が人間評価を錯覚させているのは、妬みと嫉みではないのか。との意見を紹介しましたが、20年以上にわたる不況とデフレの中で、大衆の不満を公務員攻撃に逸らしているのは、やはり妬みと嫉みを煽り情緒的な満足と非合理な精神を植えつけるものでしょう。
 
 デフレと賃金の直接的な関係については「労働分配率の強制修正」「世界で日本のみデフレ」「民間給与5.5%減237,000円減」、そして根津利三郎氏からの引用「デフレ脱却には賃金上昇が不可欠」をご覧ください。歳出削減については「英国の歳出削減」を御覧ください。
 
 がけっぷち氏から紹介します。

(引用開始)
 5年で地方公務員22万8000人減

 なんで仕事がねえって話が出てるときに公務員減らすんだよ。
逆だっての。
 こんなときは、どんなにムダな仕事を作ってでも、何十万人、何百万人と雇用を増やさなきゃしょうがない。
 民間が増やせない状況なんだから、国家や地方が率先して雇用しなきゃならんというのに、なにやってんだって話だな。
.......................................................
 団塊世代の定年退職とか、そういう絡みもあるようだが、実はこれ、単なる結果としての数字ではない。
 総務省が6.4%減という目標を立てていて、その結果が7.5%減であったらしい。

 日本経済への影響を、あくまでも雇用という部分にだけ着目して、単純計算で出してみよう。
 毎年4万5600人ずつ公務員が減り続け、その平均収入が400万円だとすると、5年間で2兆7360億円。
今後、人数が変わらなかったとして、毎年9120億円が消失することになる。

 まあ、多くの人は、それが正しいと思ってんだろうね。
 公務員の給料を減らせ減らせの大合唱だからなあ。
 
 言いたくないが、公務員に限らず、給料は誰かに払われておしまいってことはない。
 生きていくためにはみんな消費という活動をするわけで、このカネが世の中にまわっていくわけだ。
 つまり、上述した数字の何割かのカネが市中から失われたってのと同じことなわけ。
 それだけ、民間の景気も苦しくなる。
 、みんな困るってわけだ、一部のデフレ歓迎勢力の人たちを除いてね。

 これが、変な妬みに誘導されて、自らの首を締めた結果ってヤツだな。
 もうわかったろ?
 とくに経済政策ってヤツにおいては、市民目線とか庶民感覚なんてのは、いらねえどころか邪魔でしかねえってことだ。

 要するに、公務員攻撃ってのは、デフレ推進策のひとつってこと。

 ついでに言えば、デフレ推進策ってのは奴隷化ってことでもあるのだ。

 で、ちょっと思い出してもらいたいが、この間の為替介入が2兆1249億円である。
 あの単なるムダ撃ちで終わった、本当の意味でのムダ金が、さっきの計算の金額と大して変わりない金額だってことだ。
 ついでに言えば、菅とかいうクソ総理が代表戦の頃に抜かしてた緊急経済対策は8000億円規模というしょぼすぎるものだった。
 しかも、例によってマスコミからの「財源はどこ?」プロパガンダつきである。

 みんなナメられてるってことさ!
 いいかげん気づけよ!

 さて、前の記事でいろいろコメントきてたので、ちょっとお答え。
 そういや書いてなかったな、と気づいたこともあったのでね。
------

●名なしさんのコメント

>要するに、円の商圏を作る政策を取らなければならないはずだ。
↓↓↓
>よって、経済の防衛という意味でも、日本は中露との関係を中心に考えなければならない時期に来ているってことだ。
なぜいきなり中露?結論が飛びすぎでしょ(笑)。
中国はあからさまな為替操作国だし、露はどうしても資本主義が根付かないところでしょ。残念ながら米の方がまだましだねぇ。
------

 えーとですな、おいらは確かに米なんぞよりも中露(それから印)と組んでやるべきとは思ってるけど、これはその話じゃないんだな。
 あくまでも、ドル以外の通貨で貿易を行うようにすることが大事で、円はそれになり代わるだけの実力を持っているって話なんだけどね。
 で、それを利用するのにちょうどいい商圏はアジアとユーラシア。
そうなれば、当然、そのなかの大国である中露を意識することになるでしょ、ただそれだけのことさ。

 中国は確かに伸びているが、為替を自由化したら大変なことになる。
 おそらく日本のように耐えることはできないだろうね、経済の問題だけじゃなくて、政治も絡んでくる話として。
 だから、それを突っぱねてる。
 っぱねることができることは大したもんだと思うが、まあ、それはここの本題じゃない。

 その中国がアジアで人民元通貨圏を事実上作っているわけだが、実はそれに乗っかっている国のほうは、現時点では儲かるからいいけれど、その後は大丈夫なのかって不安を常に抱えている。
 だからこそ、日本にはチャンスがある。
 為替の自由化が行えないような、弱みを持っているいまだからこそチャンスって話をしてるわけ。

 ちなみに、おいらは為替操作国ってのが悪いともなんとも思ってない。
 自由化が正しいってのは騙されてると思うね。
 それによって、アメリカも日本もヨーロッパも、国際金融資本の好きなようにやられてきたのが正直なところだからな。
 まあ、日本から見れば、中国の為替操作は確かにつらいことには違いないがね。

 仮に為替操作を悪ってことにするならば、国単位で言ってもしょうがないのだが、アメリカ(の裏にいる連中)のほうがよほど酷いがね。
 かつて中国に人民元の4分の1もの為替切り下げをやらせたのアメリカさんでしょ。
 でもって、いまになっていけしゃあしゃあと切り上げろと脅してるのもそう。
 ニクソンショックもプラザ合意もまさにそれ。
 中国はうまく利用した上に、損する画策には乗らないが、日本は言いなり。
 ただそれだけのことでしょ。
 、そんなことはどうでもいいけどさ。

 欧米と中露、どっちがマシか論じゃねえってこった。
 単純に超インフレドルが問題で、そのための自衛という話さ。
------

●筋者さんのコメント

 中露と組むという話もアリだが、アメリカに対しちゃんとモノ言えるパートナーになる努力も必要では。まあ、日本人は戦利品の奴隷サル程度にしかみていないから無理か。
------

 結局は、米軍基地があるから、だましだましアメリカから距離を置いていくしかないってことなんだけどね。
 だから鈴木宗男も小沢一郎もやられる。

 ものを言える人も同様だしなあ。
 亀井静香も無視されてるし。

 結局、国民が身体張ってマスコミの攻撃からまともな政治家を守るしかないってことじゃないかと。
 だから、デモとか署名とかの流れが出てきたのは非常にいいことだと思うね。
------

●かづ23さんのコメント

 世界一の債権国なんですよ。
 過去30年40年に渡る貿易黒字を、アメリカや中国をはじめとして、いろんな国に日本国民のかせいだ金を貸しまくった、ばらまいた。

 担保、保証人無しね。そんでもって、金を貢いで恨まれたり、脅されたりしてるわけです。
 この、貸したり貢いだりした金は回収できないでしょう?
 、バランスシートの借り方の方にも、この貸した金、本来貸方であるはずの返済見込みがあるはずで、蓋を開ければ 大赤字なんでしょう。そのように思います。

 まぁ、私は日本破綻だと見込んでいますから、それは、もうどうでも良い。興味失くしました。
------

 バランスシートうんぬんは気にしないほうがいいかと。
 冷静に考えてみればわかることなんだが「あったものがなくなる」だけのこと。
 この際、黒字なんか全部なかったものと思えばいい。

 ちなみに、その返済見込みについてだが、それが返済見込みとして残っているうちはべつに問題はなにもなく、返済がされないってことは、要するに日本より前にその対象国がデフォルトってことになるよね。
 まあ、そのときには間違いなく日本の企業や銀行が疲弊する。
 だけど、日本には支える手段がいくらでもある。
 円の価値が高いのだから、大量の資金を放り込んでもなんの問題もないわけだ。

 で、日本にとって必要な企業や国だけを救えばいい(まあ、それがなかなかそうならないのが、この国の政治の問題なわけだが)。
 それだって、みんな日本円でどうにでもできる。
 かつて、韓国経済が危機だったときに、日本がスワップ協定で救ったようにね。

 経済が破綻に向かってるか否かって判断は、プラスの部分などどうでもよくて、マイナスの部分だけ見ればいいわけ。
 マイナスがなければ、疲弊しても決して破綻しない。
 だって、貸したカネなんて言うけど、所詮は日銀が作った数字やら、貿易などで手に入れた外貨という紙くずでしかないんだから。
 このことに気づかないと、日本は破綻するってプロパガンダにやられるわけですな。

 ただし、破綻なんかとまったく縁がないのに、わざと破綻の演出をしようとしている連中はいる。
 で、このままドルが世界を席巻している間に何事かが起これば、そもそも貨幣社会というものがまるごと崩れ去る可能性もある。
 だから、どうして破綻するのかってことを冷静に考えて、手を打つ必要があるわけ。

 よって、怖いのは日本の経済破綻プロパガンダとドル信奉であって、実は破綻の危機はまったくないってのがおいらの考え。
 まあ、前者があまりにも強すぎて、べつの意味で破綻に向かっているってのは同意だけどね…。
いまの日本がダメなのは、日本人がまったく日本の正体に気づいていないってことにあるんじゃないかな、と。
 (引用終り)
関連記事

信用創造とは

 「国際金融資本の成立」「信用創造と言えば聞こえは良いが」と書きましたが、この問題は通貨の流通の上で非常に重要な特徴の一つでありながら、一般には表向きにされない事項なので、再度、違う角度の説明を補足します。

元日銀勤務のドイツ人経済学者リチャード・ベルナール

 「ある人が法定準備金率1%の民間銀行に100万円を預金した場合、銀行はその分の法定準備金1万円を日銀に預けて、残り99万円の100倍(法定準備金率1%)の9900万円を利子を取って他人に貸し付けることができるのです。」

 簡単に計算できる。

 元本ゼロ円。
 人からの預り金100万円。貸出金9,900万円。
 預金金利1%、貸出金利5%を仮定すると。年利で。
 100万円の支払金利1万円。
 9,900万円の金利450万円。
 つまり、1年間で差し引き、449万円の利益。

 手品です。
 だが、現実なのです。手品ではありません。
 一種の詐欺というなら、解ります。

 これが現代に至る帳簿上・電子上の通貨です。
 政府から独立した形式上営利法人の中央銀行に、通貨発行権を与えていること。傘下の営利銀行が「与信」として「信用創造」しているのが現在の殆どの先進資本主義国である。
 例外は開発独裁型の新興国。

 はっきり言えば、一国経済あるいはその政策ではなく、個別営利行為が当然であり、循環的な恐慌発生は当然なのである。
 そうして、循環的な恐慌の都度、通貨価値と資産価値の入れ替えによって、国際金融資本「家」は天文学的な富を蓄積してゆくのである。

関連記事

信用創造と言えば聞こえは良いが

 ドル
 横行する帳簿上・電子上の「通貨」は最初からデリバティブ、レバレッジと言う投機の性質をもつ。

 やはり、この問題は避けては通れない。
 金融資本主義の最も要の道具である。

 市場経済(資本主義と言っても良い)は無記名有価証券である「通貨」によって飛躍的に流通を拡大し、「金利」によって産業は爆発的な成長を図り、帝国主義に至り、遂に基軸通貨の金兌換を廃止して金融が通貨を大増産するに現実になった。
 この過程の中で「与信」が通貨の重大な特徴として、「金融」を創り上げてきた。

 信用創造といえば聞こえは良いかも知れないが、10人から預かった10円を金庫に入れておき、一度に引き出しに来ないことを良いことに、10000人に100円の貸出証文を発行することである。そしてこれを世間に流通させることである。
 
 運用とは言い方を変えるなら、預かり資産の横領で100倍に通貨を増やす手品でもある。
 「世界通貨戦争(3)」「国際金融資本の成立」を参照されたい。

 ?アシスト代表:ビル・トッテン著「アングロサクソン資本主義の正体」から一部抜粋します。

 (引用開始)

(1)多くの人はマネーお金は政府、あるいは中央銀行がつくっているものだと思っていることだろう。
 しかしそれは大きな勘違いなのだ。マネーは民 間銀行によってつくられ、市中にばらまかれている。
 マネーサプライを決定するのは政府や中央銀行ではなく民間銀行なのだ。

(2)ほとんどの国の政府が政府自身の手ですべての貨幣をつくるのではなく貨幣の創出(そして破壊)を民間銀行に行わせている。
 それは金融システムの大きな欠陥と言ってよい。もちろん、銀行の信用創造が経済の発展に大きく寄与してきたことを理解しないわけではない。
 銀行が企業に資金を提供してきたおかげで経済は成長し社会は発展してきた。
 しかし信用創造を与えるのが民間銀行でなくてはならないという理由がどこにあるのだろうか?

(3)むしろ現在では銀行にマネーの創出と破壊を委ねていることによる弊害が顕著になっている。
 1930年の世界大恐慌も日本のバブル経済の派生とその崩壊もアメリカのITバブルもそして今回のリーマン・ショックも銀行がマネーを創出権を握っていることが根本的な問題だ。
 そして経済サイクル(バブルと不 況)、多くの場合インフレとでデフレ大部分の公的債務、持続性不可能な成長を追い求めること、そして貧富の格差の拡大(富める債権者と貧しい債権者)の原因でもある。
 さらに世界を駆け巡り一国の経済さえ破綻に導く巨大な投機マネーが跋扈するようになったのも銀行がマネーを握っていることが最大の原因である。

(4)この金融システムの欠陥は私たちの暮らしに重大な影響を与えている。景気の動向によって勤める企業の業績が左右され、収入が増減するのはもちろんのこと、カジノ経済の甘い誘惑によって人生の歯車を狂わされた人は決して少なくない。
 また、近頃さかんい増税論議が沸上がっているが、これも国の借金が危機的状況まで膨らんだからである。
 極言すればもし私たちが十数パーセントもの消費税をはらわなければいけなくなるとしたらそれは金融システムの欠陥がもたらすものである。

(5)「信用創造」とは何か?
 ある人が銀行に100万円を預金した。銀行は預かったお金を貸し出すわけだが、預金者が預金の引き出しをする時のためにある程度のお金は プールしておかねばならない。
 その割合は決められているのが法定準備金というもので、この法定準備金が仮に10%だとすると、10万円を取っておいて残り90万円を貸し出せる。
 そこで銀行は90万円をA社に貸し出し、A社の口座に90万円を振り込む(ここで振り込むというのは、前述したようにコンピューターの端末を叩いて90万円と記入するだけだ。)銀行は90万円の預金のうち10%の9万円を残し、81万円をB社に貸しだし、B社の口座に81万円を振り込む。
 さらに、81万円の預金のうち90%にあたる72万9000円を貸し出しに回し・・・ということを繰り返していくと、およそ1000万円の通帳マネーを生み出すことができる計算になるのである。

(6)経済学の信用創造では、銀行が預金と貸出を連鎖的に繰り返すことによりマネーサプライが増加し経済の発展的循環につながると説明される。
 この仕組みにそうした効果があることを否定するつもりはないが、世界大恐慌のメカニズムでお話ししたように、マネーサプライを拡大させることができると同時に、 縮小させて経済に大きなダメージを与える危険性もある事を教科書は教えていないしほとんどのエコノミストも指摘してない。

(7) さらに言うなら、信用創造と言えば聞こえはいいが、銀行に入ってきた現金は最初の100万円のみで、増えていった預金残高は銀行が通帳 にと帳簿に記載しだけだ。
 銀行は100万円の現金から1000万円を生み出したことになる。そして、無から生み出したお金に利子をつけて貸しているのである。

(8) 預金は近代の銀行券(現金)に等しい。しかし銀行券は実際に印刷して作り出し、消去するには焼却しなければならないが、預金は目に見えることなくつくったり壊したりできる。
 もし80億ドルの紙幣が1929年から33年の間に焼却されたら、アメリカの人々はその事実を身過ごさないかっただろう。
 だが、実際のマネーの消去は預金の帳簿上で、ひっそりと行われ、一般の人々が気付くことはなかった。

(9) 信用創造というシステム、または帳簿マネーというには、主に貸出しベースであり、最初は数か国だけで行われていたが、今では全世界で行われている。
 その結果、通帳マネーの増減が好景気や不景気に及ぼす影響の大きさは過去にないほど大きくなり、世界的に悲惨なものになる可能性がある。

 このシステムを変えない限りそれは計り知れない脅威を私たちにもたらすことになるであろう。

 (引用終り)
関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん